CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「子どもアドボカシー」DVD上映&ミニセミナーに参加してみませんか [2020年09月15日(Tue)]

こんにちは。スタッフの浅野です。日中はまだ暑さが残るものの、夜は涼しい風が吹き、鈴虫の鳴き声も聞かれるこのごろです。




さて、本日は子どもの声を聴くプロジェクト主催

「子どもアドボカシー」ってなぁに?DVD上映&ミニセミナーのご紹介です。





bg_natural_flower.jpg






●「子どものアドボカシー」=「声を聴く」 

子どもの権利を守るため、その声に耳を傾け、支援につなげていくことの大切さを学ぶセミナーです。

「子どもアドボカシー」は主にイギリスやカナダで導入されている制度です。弱い立場に置かれている子どもの進路を大人の都合で決めるのではなく、本人の意向を第三者が聞き取り、声を上げることです。







●国内での動き−支援者養成や独立機関−

日本でも児童養護施設や障害児施設を訪問し、入所する子どもたちが言葉にできない悩みや要望を施設側に代弁するNPO法人が関西地方で発足するなど、取り組みの制度化を目指しています。


子どもたちが日ごろ思っていることや感じたこと、大人や社会に対して伝えたいことがあっても、その声は小さく周りの大人にはなかなか届きません。子どもに寄り添い、話をじっくり聞くことは多くの命を守り、安心・安全な生活を築くことにつながります。





●東北で初めての取り組み

子どもに関わる職業の方・保護者の方など、どなたでもご参加いただけます。

子どもの声を聴くプロジェクト代表で心理カウンセラーの檀崎さん「子どもの声を聴く」とは何かを一緒に考えてみませんか?




992-2.png

日時:919()14:0016:00

会場:多賀城市市民活動サポートセンター 301会議室

参加費:無料


申し込み・お問い合せ:

「子どもの声を聴くプロジェクト」主宰・檀崎たつみ

Tel090*1064*7787

Mailo.tatsumi@nifty.com

992-2.png



「子どもアドボカシー」のセミナーは、子どもの声を聴くプロジェクト主催で今年2月に東北で初めて開催され、教育関係者や医療従事者、保護者の方など、さまざまな方が県内各地から参加しました。今回も同様の内容で開催されます。



第1回目の開催の様子はtag 88をご覧ください。


| 次へ