CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年07月 | Main | 2020年09月»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
『知る』が困っている人に寄り添う社会につながる [2020年08月10日(Mon)]

こんにちは。スタッフのさいじょうです。


毎週月曜は、たがさぽの日常をご紹介しています。

本日は…スタッフのひとりごともたがさぽの日常かなぁ、なんて勝手な解釈をし(笑)

最近感じたことをブログに書きたいと思います。


7月に、視覚障害を持つ方が駅のホームから転落し、電車にはねられて死亡するという悲しいニュースがありましたね。白杖(はくじょう)を使って点字ブロック付近を歩いていましたが、足を踏み外して転落したというニュースでした。

※白杖(はくじょう)とは視覚障害者等の、道路の通行に著しい支障がある障害者が、歩行の際に前方の路面を触擦する等に使用する白い杖。


そのニュースで思い出したのが、以前ネット上でもずいぶん話題になったようですが、新聞に掲載された投書。

点字ブロックを白杖(はくじょう)でたたきながら歩いていた視覚障害の女性が、「うるさい!」と近くにいた人に怒鳴られたときの様子を書いたものでした。

あー、そういえば、コツン!コツン!と結構響くなと思った記憶があり、偶然関連の記事を見かけました。


その記事には『視覚障害を持つ人は周りに自分の存在を知ってもらうため、白杖で点字ブロックをたたいて音を出している人もいる』という記事を目にしました。(これは障害者リハビリ施設に勤めていた、新聞へ投書した方の奥様のお話でした)


たしかに、最近はスマホの画面に夢中になる人が多いですし、ぶつかってお互いがケガでもしたら…そうか、あのコツン!コツン!っていう音は『通りますよ〜』ってサインなんだなぁと。


視覚障害を持つ方の困りごとをたがさぽでもお聞きしたことがあります。

いつも通る歩道にゴミ収集のボックスが置いてあるそうです。見れば点字ブロックの片側はあいているのですが…

人によっては点字ブロックの上を歩く人、左手に白杖を持つ人、右手のに持つ人もいるので、点字ブロックの両側を開けておかなくてはならないそうです。その方はぶつかって流血したことや、服がやぶれたこともあると話していました。


家族や職場に視覚障害の方がいれば、どんな場で困っているのか、どんなときにサポートしてもらい安心だったか知ることができますよね。しかし身近にいなければ、点字ブロックさえもあまり気にかけず、そこの上で立ち止まってしまったりとか。(以前のわたしがそうでした。)

怒鳴った人も、それを知っていたら大きい声を出さずに済んだのではないかと意見もあったようで。『知る、情報が入る』って大事なんだなぁと感じました。


知らないことが悪いのではなく、もっと社会でさまざまな、生きやすくなる、暮らしやすくなる情報があふれ、それが当たり前になって悲しい事故を防ぐことにつながるといいな〜と考えたりしました。


なかなか他人に触れることや、声がけが難しい今の状況ですが、危険な場所(駅のホームや工事をしている付近など)で、あ、気になるな。手助けしたいな。と思っているけど躊躇してしまう。そんな方は是非、こちらをご覧ください。


社会福祉法人「日本点字図書館」

が公開している「一緒に歩こうリーフレット」は白杖や盲導犬を使っている人の誘導方法をまとめています。ダウンロードはこちらから→★★★



また、一般社団法人「盲導犬総合支援センター」

では盲導犬ユーザーの声をもとにした「声かけパンフ」を作っているので、是非見てみてください〜ダウンロードはこちらから→★★★


視覚障害.jpg


ちょっとしたきっかけや、情報交換でみんなにやさしい社会になるといいですね。


| 次へ