CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 市民活動お役立ち情報 | Main | スタッフブックレビュー»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
必要としている人にお知らせください! 聴覚障害教育についてみんなで考えてみませんか? [2020年01月09日(Thu)]

みなさん、こんにちは。

スタッフの川口です。今年もよろしくお願いいたします。


 手話言語条例が全国各地で相次いで制定されていますね。

みなさんは手話を使ったことがあるでしょうか。


昨年のクリスマス雑貨市では、ろうLGBT東北、UDトーク部の出展、またみみサポみやぎの展示もあり、きこえない体験や、言葉を文字で見える化するアプリの体験などができました。


 また、みみサポみやぎさんに教えて頂いた手話!これがとっても楽しかったです!

表情豊かに伝える手話は、英語がわからないからゼスチャーで一生懸命伝えるというような感じで、顔の表情と口の動き、手の動きの大きさなど、体全体で表現できる言語です!


 みなさんも知識だけでなく、気持ちと表情で伝えることにトライしてみてくださいね。

 syuwa.png


さて、今日紹介するのは、

「第23回 みやぎの聴覚障害教育を考えるつどい」です。


なんと、今年は多賀城市市民活動サポートセンターで開催されます。

テーマはきこえない子どもを持つ保護者の当事者研究〜子育てに関わる困りごとから見えてくること」です。講師として、滋賀県立聾学校教諭西垣正展先生がいらっしゃいます。


 午前中は講演で、午後の部では模擬ディスカッションが開催されます。


聴覚障害児の社会的自立について、保護者はどのように関わっていけばよいか、周囲はどのようにサポートしたらよいかを、保護者が感じる困りごとを出し合いながら、聴覚障害児の子育てに必要な視点をみんなで一緒に考えていきます。

 ご興味のある方は、ぜひご参加ください。


申し込みフォームはこちら↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdPBsuLOeLk3vSQwpGtLD9MTewfZKPHMQ9Kt_Zm6La7iasAeA/viewform


チラシはこちら↓

20200201-miyagiroukyouiku.pdf

※参加費:1500円(高校生以下無料)
※託児無料
124日申込〆切、申込フォーム、または下記メールアドレスでの受付。
※問合せ
みやぎの聴覚障害教育を考える会 事務局
E-mail
miyagideafedu@gmail.com

「たがさぽのクリスマス雑貨市」出展団体をご紹介!(その9) [2019年12月19日(Thu)]

こんにちは。スタッフのさいとうです。


たがさぽのクリスマス雑貨市

まで

あと3日!

zakkaichi2019.jpg


雑貨市の詳細はこちらをご覧ください



本日は、出展団体紹介 9回目です!


ちょっと、その前にお知らせです



12月20日(金)16:00〜16:30頃

ミヤギテレビ
「OH!バンデス」に出演しま〜す


みなさん、ぜひご覧ください


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


社会福祉法人

ぽっけコミュニティネットワーク 

ポッケの森



◆雑貨市での出展内容◆


焼き菓子(クッキー・マドレーヌ他)、生菓子(プリン他)


菓子.jpg


○団体の活動目的・内容

就労の場を確保し、地域社会の一員として生きがいを持ち、安心と希望に満ちた生活環境を保証することを目指し、お弁当・お菓子の製造、販売をしております。


○雑貨市での売り上げの使い道

利用している方の工賃になります。


○一言どうぞ!

ルシアンクッキー・マドレーヌ・ガトーショコラ

発行バターとアーモンドプードルをふんだんに使って試行を重ねて作ったマドレーヌとフィナンシェがおすすめです。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




アフリーク・ソレイユ


◆雑貨市での出展内容◆



16_アフリークソレイユ.jpg


フェアトレードチョコレート(378〜777円)


○団体の活動目的・内容

仙台市の民芸雑貨店です。アフリカを旅した際、日本とアフリカの生活水準の差を感じました。アフリカに住む人たちへ支援が出来ればという思いから、フェアトレード商品の販売を始めました。


○雑貨市での売り上げの使い道

アジア、アフリカ、中南米などの女性や小規模農家をはじめとする、社会的・経済的に立場の弱い人たちへの、公平な対価の支払いにつながっています。



○一言どうぞ!

チョコレートです。今年もさらに種類が増えてより一層選ぶ楽しみがふえました!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




Éclair プチエクレア
【初参加】


◆雑貨市での出展内容◆



S__6455324.jpg

パン、ラスク、ケーキ 他


○団体の活動目的・内容

働きたいという思いの障がい者が働くことができる環境作りと障がい者が働くということへの理解のために貢献いたします。障がい者と共に働くことへの興味を持ってもらえるために。理解をはじめてもらえるために。環境作りに取り組んでいただくために。


○雑貨市での売り上げの使い道

障がいを持って働いている利用者の方の活動費、賃金(工賃)になります。


○一言どうぞ!

おすすめ商品

パウエルチーズタルト、黒猫ケーキ

あん食パン  

三毛猫らすく





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




今日はここまで。明日はたがさぽPRブースをご紹介します。





たがさぽのクリスマス雑貨市2019



12月22日(日)開催!


みなさんのお越し、お待ちしていま〜す!

地域の多様な担い手について考える〜11/27(水)開催「とうほくNPOフォーラムin陸前高田2019」 [2019年11月07日(Thu)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週木曜日は、市内外の団体や取り組み、イベント情報等をご紹介します。


位置情報被災した市町の市民活動を支えるネットワーク〜NPOサポートリンク

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県・宮城県・福島県の沿岸地域では、震災後いくつものNPOが立ち上がり、被災された方の生活に寄り添いながら、復興に向けてさまざまな取り組みを行ってきました。
震災から8年8か月が経過しようとしていますが、被災地の状況の変化とともに、NPOを取り巻く環境も変化しています。
復興の先の地域、住民の暮らしを支え続けていくためには、市民の活動を応援する組織もますます力をつけていく必要があることから、岩手県・宮城県・福島県の沿岸地域のNPO支援組織が情報交換したり、スキルアップをはかることを目的に2018年「NPOサポートリンク」というネットワークができました。
今年度、たがさぽもお声がけいただき、各市町でたがさぽと同じように取り組んでいるみなさんと、勉強会などを行っています。


位置情報地域の多様な担い手について考える〜とうほくNPOフォーラム

「NPOサポートリンク」の活動の一環として、岩手・宮城・福島における地域活動、市民活動をつなぐ年1回の集まり「とうほくNPOフォーラム」が行われます。

たがさぽでもチラシを配布しています。


==========================
とうほくNPOフォーラムin陸前高田2019

2019年11月27日(水)13:00〜17:30
岩手県 陸前高田市 [会場:陸前高田コミュニティホール]
http://rias-iwate.net/tohoku-npo-forum-2019/
申込:https://bit.ly/32kjzZ1
==========================

■開催趣旨
東日本大震災発災から8 年が過ぎ、被災各地ではハード面の復旧が一定程度進み、目に見える部分では復興が進んでいると言える状況です。しかし、被災者の生活復興や地域の再生というソフト面においては、今尚その道のりは長い、という実感に留まる事もまた現状です。
昨年開催した「とうほく NPO フォーラム」では、「復興の先を見据えて《今、地域のあり方を考える》」 というテーマを設定し、「地域における多様な担い手が、主体性を持ってつながりを生み、住民を巻き込んで未来を創る」というまとめを行いました。
このまとめを受けて、今年は「復興の先を見据えて《今、NPOは何をするべきか》」というテーマを掲げました。NPOだけでなく、市民、企業、行政を含む、地域の多様な担い手の役割についても考える場として、フォーラムを実施します。

■開催概要
【開催日】 2019年11月27日(水)13:00〜17:30
【会 場】 陸前高田コミュニティホール<http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/kategorie/fukkou/community/hall/hall.html>(岩手県陸前高田市高田町字栃ヶ沢210番地3)
【対象者】 岩手、宮城、福島で活動する市民団体、行政、企業
【募集数】 200名(定員になり次第締め切り)
【参加費】 1,500円(資料代)
【主催者】 NPOサポートリンク・フォーラムin陸前高田2019実行委員会

■プログラム(おすすめポイントもあわせてご覧ください)
【オープニングセッション】
市民の力が行政やまちづくりにうまく活かされる仕組みを実践してきた小田原市の例とともに、今後の地域のあり方を考えましょう。

@ 講 演
「持続可能な地域の仕組み −NPO に期待される役割とは何か?−」
加藤 憲一さん(神奈川県 小田原市長)

Aディスカッション
加藤 憲一さん(神奈川県 小田原市長)
戸羽 太さん(岩手県 陸前高田市長)
鹿野 順一(特定非営利活動法人 アットマークリアス NPO サポートセンター 代表理事)

【分科会】
《分科会 A:地縁組織と NPO のこれから》
・若菜 千穂さん(特定非営利活動法人 いわて地域づくり支援センター 常務理事)
・宝楽 陸寛さん(特定非営利活動法人 SEIN 事務局長)

ひらめきこんなお話が聞けます!
・若菜さん…過疎地域の交通問題解決の取り組みなど。
・宝楽さん…高齢化が進むニュータウンの人が集まる場づくりを通したコミュニティづくりなど。
ひらめきこんな方におすすめ
・自治会・町内会との連携を考えているNPO
・自治会・町内会担当の行政職員の方
・役員の高齢化や人口減少で担い手不足に悩んでいる自治会・町内会の方
・NPOとの連携に関心がある自治会・町内会の方


《分科会 B:地域における企業との連携》
・日下 均さん(長町一丁目商店街振興組合相談役)
・千葉 和義さん (特定非営利活動法人 Azuma-re 代表理事)

ひらめきこんなお話が聞けます!
・日下さん…商店街の立場から、NPOと連携して取り組んだ高齢者にも障がい者にもやさしいまちづくり
・千葉さん…NPOの立場から、地元事業者と連携して取り組んだ空き家対策
ひらめきこんな方におすすめ
・地域課題を他団体と連携し、解決に向けて取り組みたいと考えている方
・企業との連携を考えているNPO
・地域貢献活動に関心のある企業や事業者


《分科会 C:地域の作り方》
・横田 能洋さん(特定非営利活動法人 茨城NPOセンター・コモンズ 代表理事)
・小玉 順子さん(NPO法人おおさき地域創造研究会 事務局長)

ひらめきこんなお話が聞けます!
・横田さん…2015年の水害で被害を受けた常総市民の支援のお話
・小玉さん…大崎を中心に、移住者や関係人口を増やす取り組みのお話
ひらめきこんな方におすすめ
・地域の担い手同士で課題共有の場の必要性を感じている方
・主体性を育む話し合いの場づくりに関心のある方

《分科会 D: 若者の巻き込み方について》
・矢野 明日香さん(一般社団法人 まるオフィス スタッフ)
・立花 淳一さん(からくわ丸 代表)

ひらめきこんなお話が聞けます!
矢野さん…気仙沼で行っている10〜30代の若者が地域に関わるきっかけづくり
立花さん…20代中心に活動の場をつくる活動
ひらめきこんな方におすすめ
・地域の中で世代間の分断を感じている方
・若者を巻き込むポイントを探りたい方

【クロージング】

☆詳細ページ:http://rias-iwate.net/tohoku-npo-forum-2019/
☆申込: https://bit.ly/32kjzZ1

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 アットマークリアスNPOサポートセンター(横澤)
TEL:0193-27-8400 / yokosawa@rias-iwate.net


今年の開催地は、岩手県陸前高田市です。
多賀城周辺からの移動には時間がちょっとかかりますが、9月にオープンしたばかりの「東日本大震災津波伝承館 いわてTSUNAMIメモリアル」をはじめ、陸前高田のまちを楽しみみながら参加されてはいかがでしょうか。
高田旅ナビ https://takanavi.org/
11月11日は「介護の日」 地域づくりと介護予防展はじまります。 [2019年11月05日(Tue)]
こんにちは、スタッフの櫛田です。

11月11日は「介護の日」です。また、宮城県では11月を「介護月間」としています。

厚生労働省では介護の日を以下のように位置付けています。

介護についての理解と認識を深め、介護サービス利用者及びその家族、介護従事者等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施する日


多賀城市では「介護の日」「介護予防月間」に併せて、介護予防展を実施します。


地域づくりと介護予防展

DSCN4190.JPG
写真は去年の様子です。

期間11月11日(月)〜15日(金)
時間:午前8時30分〜午後5時15分
会場:多賀城市役所1階ロビー


DSCN4188.JPG
介護予防の基本的なこと、介護予防をするにはどんなことが大切かを展示します。

DSCN4175.JPG
地域での支え合いや人とコミュニケーションをとることも介護予防の大事な視点です。
高齢者に限らず、いろんな年代の方が関われるサークルを紹介します。


介護予防は誰にとっても関係のあることです。多賀城市役所にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。
「多賀城食文化まつり」開催! [2019年10月24日(Thu)]
こんばんは!スタッフのわたなべです!!
今日は、地域のイベント情報をご紹介します。

多賀城食文化まつり

食文化まつり.jpg


秋です。収穫の季節です。
農業への感謝を込めて、今年も「多賀城食文化まつり」を開催します!
主な内容は…
・やかもち鍋など多賀城の恵みの商品が勢ぞろい!
・クジ付き餅まき!
・古代米新米つかみ取り!
・古代米稲わらワークショップ開催!
・多賀城の郷土芸能やYOSAKOIの披露!

同時開催で、「史都多賀城日本酒まつり」もありますよ〜。

そして、たがさぽもブースを出します!
詳しい内容はいま詳細を詰めているところですが、ぜひお越しください!!!

【概要】
★日時:11月3日(日)=文化の日=11:00〜16:00
★会場:JR仙石線多賀城駅前公園
★小雨決行、雨天中止
★主催・お問い合わせ:多賀城市観光協会(022−364−5901)
Posted by わたなべ at 16:20 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
外国人技能実習生について知ろう!交流を深めよう! [2019年10月03日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。 

2020年東京オリンピック開催に向けて世の中が動き出してきています。
まちで外国人の姿を目にすることも多くなってきている今日この頃です。

さて、本日は10月19日(土)に当センターで開催される研修会

「多賀城のはたらく外国人」(主催:多賀城市国際交流協会)

のご案内です。

地域ではたらく外国人が増えてきている中、どのように接していいかわからないといった不安の声も聞かれます。そこで、多賀城市国際交流協会では外国人技能実習生について知ろう、という研修会を企画しました。一緒に暮らす市民として地域に受け入れていくために実際に地域ではたらく技能実習生に日常の暮らしぶりを聞いたり、また、実際に実習生を受け入れている企業担当者の事例を聞きます。
国際交流に興味、関心のある方、ぜひお話を聞きに来てみませんか?
そして技能実習生と交流を深めて、制度のことや文化のこと、地域のことなどを一緒に学んでみませんか?

はたらく外国人.jpg


★日 時:2019年10月19日(土)
     13:30〜15:30  
★会 場:多賀城市市民活動サポートセンター(たがさぽ)3F 大会議室
★入場無料

★申込み・問合せ先
@お申込フォームはこちら★★★

A当センター窓口、電話から
〒985-0873 多賀城市中央2-25-3(多賀城市文化センター北隣)
TEL :022-368-7745

参加申し込みをお待ちしています!!

ちなみに・・・
2019年6月にたがさぽでは「みんなにやさしいまちあるきツアーズ 外国人と一緒にあやめまつりへ行こう」を実施しました。その際、多賀城市や塩竈市で働く技能実習生の方や、留学生の方、英語を学んでいるサークルの方などに参加していただきました。技能実習生や留学生の方はミャンマー、ベトナム、インドネシア、中国などさまざまな国から働きに、そして学びに来ています。さらに、彼らが働く企業の担当者や、国際交流の活動を推進している「多賀城市国際交流協会」「公益財団法人宮城県国際化協会(MIA)」の方も参加して情報交換会などを行いました。
ぜひ、多賀城ではたらく外国の方のことを学びながら交流を深めましょう。

続きを読む・・・
東日本大震災を風化させない!「奥羽綿津見盆踊」ワークショップ [2019年09月05日(Thu)]
こんばんは!スタッフのわたなべです!!
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

この夏、地区の夏祭りなどで盆踊りを踊った方も多いと思います。盆踊りにはもともと、災害・飢饉・戦争などで犠牲になった祖先や愛する方々を決して忘れる事なく供養するという意味や想いが込められているそうです。

この「盆踊り」という古来より伝わる日本文化を通して、千年に一度の大災害と言われている東日本大震災を風化させずに、次世代へと、さらには「千年後の未来へ」と伝え続けることを目的として、東北出身のさまざまな伝統芸能の継承者たちにより発足した奥羽綿津見盆踊(おううわたつみぼんよう)実行委員会
このたびメンバーが力を合わせて、多賀城にて震災伝承を目的に「奥羽綿津見盆踊」を新たに創作。これを根付かせ、そこから東北地方の想い・願いを「ひとつなぎ」にしていくべく取り組んでいます。

このたび多賀城で、「奥羽綿津見盆踊」のワークショップと、お披露目を兼ねた公演が開催されます。ぜひご参加、ご観覧ください。


新作「奥羽綿津見盆踊」
ワークショップ

〜震災伝承の盆踊りを体験してみよう〜

震災伝承の一環として新たに創られた「奥羽綿津見盆踊」を通して、日本の伝統芸能と文化に触れてみませんか?そして、皆さんで震災を後世に伝承していきましょう!
また、ワークショップに参加した小中学生のうち、 希望者は10月6日(日)に多賀城市民会館大ホールで開催の「黒白の浦島 多賀・永遠の祈り」のフィナーレで披露される「奥羽綿津見盆踊」の踊り手として出演できます。地元の伝統芸能継承者が優しく指導し、3回程度の練習を経て舞台に出演できますので、踊りや舞台経験のなくても、どなたでも出演できます。ぜひこの機会に、伝統芸能に触れ、舞台に立つ体験をしてみてはいかがでしょうか。

○日 時:@ 9月14日(土)10:00〜11:30  A 9月15日(日)14:00〜15:30
     B 9月21日(土)14:00〜15:30  C 9月22日(日)10:00〜11:30
     D 9月29日(日)14:00〜15:30
    ※すべて同じ内容ですので、いずれか1回のみの参加も歓迎です。
    ※舞台出演を希望する方については、3回程度の参加をお願いします。

○会 場:多賀城市中央公民館
○対 象:おもに小中学生(親子参加、高校生以上、市外の方も参加可)
○講 師:日本舞踊中川流 中川雅寛さん
○参加費:無料(10月6日(日)の舞台出演費も無料です)
○お申し込み・お問い合わせ先:
 多賀城市市長公室文化創造担当
  電 話:022-368-1141(内線261・262)
  メール:sozo★city.tagajo.miyagi.jp
      ※★を半角の「@」に変えてお送りください。
○主 催:多賀城市
○協 力:奥羽綿津見盆踊(おううわたつみぼんよう)実行委員会



新作和楽劇
黒白の浦島
多賀・永遠の祈り

20191006.jpg
チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから


仙台市出身の日本舞踊家と和楽器奏者が力を合わせ震災伝承・心の復興を目的とした舞台を行います。内容は浦島太郎の伝説を再構築した新作和楽劇です。
フィナーレでは新たに創作した奥羽綿津見盆踊(おううわたつみぼんよう)を披露します。

○日 時:10月6日(日)18:00開演 ※17:30開場
○会 場:多賀城市民会館大ホール(多賀城市文化センター内)
○出 演:中川雅寛(日本舞踊)/吉井盛悟(篠笛・胡弓・和太鼓)/
     浅野祥(津軽三味線)/春風亭昇羊(落語)/
     Atoa.(和太鼓・鳴物)/佐取純子(現代舞踊)/
     高橋竹仙(古代笛)
○入場料:前売り一般4,500円、当日券5,000円 ※全席自由
○チケット取り扱い:
 ・チケットぴあ 「黒白の浦島」チケット購入ページ
         0570-02-9999【Pコード:495109】
 ・多賀城市文化センター 022-368-0131
○主 催:日本舞踊中川流
○共 催:多賀城市
○お問い合わせ:中川流 雅会 090-2972-0385
Posted by わたなべ at 18:15 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
サーラ文庫が贈るまるごと七夕! 七夕涼風おはなし会@たがさぽ [2019年08月01日(Thu)]

みなさん、こんにちは。スタッフの川口です。


今日はたがさぽフリースペースで開催するイベントをご紹介します。




「七夕 涼風 おはなし会 」


大代のご自宅を開放して行っている「サーラ文庫」が主催の七夕をテーマとした読み聞かせイベントをたがさぽのフリースペースで開催することになりました!

tanabata_boy_girl.png

サーラ文庫さんは、お子さんから大人まで、もっと絵本を楽しんでもらいたいという想いから、活動されています。


 今回、「七夕」をテーマに、絵本の読み聞かせのほか、七夕飾りをつくるワークショップや希望者にはゆかたを着付してくれるコーナーまであります!


 浴衣を持っているけど、なかなか着せることができなかったり、着方を忘れてしまってしまってるという方も多いのではないでしょうか。


 浴衣を持ってきてくれればサーラ文庫さんが着せてくれますよ☆


イメージは、夏休みにおばあちゃんちに遊びに行って、本を読んだり、七夕飾りをつくって飾ったりした懐かしい雰囲気です。


 今後、サーラ文庫では、季節ごとのイベントを通じたおはなし会を開催していく予定です。(サーラ文庫さんはみなさんを楽しませるアイデアマンですよ!)


楽しみですね。みなさん、暑い日が続きますので、水分補給のお飲み物もお忘れなく、お越しください。



 ●七夕 涼風 おはなし会 サーラ文庫大代


と き:201988日(木)14:0016:00


ところ:多賀城市市民活動サポートセンター 3Fフリースペース


☆七夕飾りワークショップ いっぱい作って竹に飾ろう!


☆たのしい絵本の読み聞かせ!サーラ文庫セレクトの絵本がおたのしみ


☆(希望者のみ)「すてきに、ゆかたを」着付けをして、七夕気分に!


 ◎持参するもの(希望者の方のみです)


  ゆかた、帯かふわひも、タオル、ぞうり等 



 ○いつもの「サーラ文庫」大代 


より詳しくはこちら 

   https://blog.canpan.info/tagasapo/archive/2540


第13土曜日 13:00〜 


第24月曜日は10:00〜   *駐車場もあります!


お問合せ:サーラ文庫(多賀城市大代5丁目、大代南区集会所前) 


  TEL022-364-2613








ロビーステージ&サークルフェア 2019 [2019年07月20日(Sat)]
こんにちは、スタッフの武内です。

7月も下旬にはいりましたが、空はまだ梅雨模様です。
この季節、野外イベントを主催する人たちは天気情報をチェックしながら
ヤキモキすることもあったのではないでしょうか?

さて
土曜日にご紹介している、多賀城のイベント情報ですが
今回は、728日()に行われる
ロビーステージ&サークルフェア 2019
をご案内します。

20190627215518192.jpg

多賀城市文化センターで開催される毎年恒例のイベントです。
文化センター内の正面玄関ロビーや大ホワイエ、小ホワイエを会場に、日頃、多賀城活動している団体によるステージ発表の『ロビーステージ』のほか、雑貨や小物、お菓子、パンなどの食品を展示販売する『サークルフェア』が一緒になっています。

会場は多賀城市文化センター内ということで、天候に左右されることも少なく安心して楽しめるイベントですね!

イベントの開催日時などは次の通りです。

【ロビーステージ&サークルフェア 2019】
●日 時:7月28日() 10:00〜15:30
●会 場:多賀城市文化センター
●入場料:無料
●主 催:多賀城市文化センター指定管理者
●問合せ:TEL 022−368−0131(多賀城市文化センター)


詳細は多賀城市文化センターのホームページに掲載されていますので、興味がある方は是非ご確認ください。

さて
本ブログの画像をクリックし、大きくしてご覧いただいた方はお気づきかもしれませんが、今回のロビーステージ&サークルフェア2019には たがさぽ も『おでかけミニ雑貨市』で参加します!

内容はたがさぽで毎年12月に開催している "クリスマス雑貨市" をミニサイズで行います。
クリスマス雑貨市で大切にしている「購入したり参加することで社会貢献につながる」はそのままに、たがさぽを含めた4団体が出展します!

『おでかけミニ雑貨市』につきましては
たがさぽPressの7月6日(金)の記事でご紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

夏のひと時をロビーステージ&サークルフェアで過ごしてみてはいかがでしょうか?
 
 
【7/26〜8/4 フリースペースイベント】多賀城中学校 美術部作品展 開催! [2019年07月15日(Mon)]
おはようございます!スタッフのわたなべです!!

今日は、フリースペースでのイベントのご案内です。

多賀城中学校 美術部作品展

たがさぽでは今回で3回目の開催となる作品展。約30名の部員の皆さんがこれまでの活動の中で制作してきた絵画や、立体物などの作品を展示します。
私も昨年、一昨年と見学しましたが、ハッとさせられる絵や、思わず食べたくなる立体物など、とても驚きました。

保護者の方や地域の方にも広く見ていただきたいということで、中学校から地域に飛び出して開催しておりますので、ぜひお越しいただき、若さあふれる作品をご覧ください!


○日程:7月26日(金)〜8月4日(日)
       ※7月31日(水)は休館日
       ※最終日は15時まで
○会場:たがさぽ 2・3階フリースペース
○お問い合わせ:多賀城中学校(022-365-7411、担当:山本先生)


ちなみに、昨年はこのような感じで展示を行っていました。
DSCN3582.JPG
昨年度のテーマは「百花繚乱」でした。今年はどんなテーマでしょうか?

DSCN3575.JPG

DSCN3578.JPG
壁面、そして机の上にさまざまな作品が展示されていました。
Posted by わたなべ at 09:00 | イベント情報 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ