CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ニューズレター | Main | イベント情報»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
NPOも動画で広報 事例から3つのポイントを解説 [2020年06月27日(Sat)]
こんにちは。スタッフの櫛田です。


土曜日は市民活動に役立つ情報をお届けしています。


みなさんはYouTubeなどの動画共有サイトをご覧になりますか?ユーチューバー、タレント、あるいはさまざまな専門家だったりが趣向を凝らして面白い動画、役に立つ動画をつくっていますね。

また、放送局でなくとも機器さえあれば映像を世界に発信できるのも動画共有サイトの特徴ですね。


総務省情報通信政策研究所「平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によるとYouTubeやニコニコ動画といった動画共有サイトの利用率は71.8%だそうです。特に10代は87.9%、20代は90.9%、30代は84.4%と若い世代の利用率が高いようです。



さて、そんな動画共有サイトですが、NPOにとっても広報ツールとして活用できるのではないでしょうか。実際に活用している事例があります。






こちらは、こども食堂の立ち上げ支援、運営者同士のネットワークづくり、企業・行政・団体の連携促進などを行っているNPO法人全国こども食堂支援センター むすびえさんの動画です。


動画の特徴として以下のポイントが挙げられます。


@動画のターゲットが明確
タイトルに「企業連携事業」と書いている通り、この動画のメインターゲットは企業の方ですね。動画に限った話ではないのですが情報発信する際には誰に届けたいのかを明確にする必要があります。ターゲットを決めておけば、企業の人に情報を届けたり、共感してもらうにはどんな発信方法があるんだろう、どんな動画内容にすれば良いんだろうと具体的に考えやすくなります。


Aこども食堂でのこどもたちの様子を見せる
画像や文章での発信と比べ、映像を使うことでより生の姿・声を届けることができます。団体が寄付や支援を求める時、その先に誰がいるのかをしっかり見せることで応援したいという気持ちが高まりますね。


B一連のストーリーで発信する
動画で情報発信する際には「編集」が大事です。この編集とは、技術的な意味ではありません。どんな意図を持って、どんな流れで映像を見せるかということです。この動画では、「こども食堂とはどういうものか」→「その中で団体が考える問題点」→「問題解決のために団体が取り組むこと」→「企業との連携事例・協力のお願い」という流れで編集されていますね。3分の動画で分かりやすく構成されています。



今回はNPO法人全国こども食堂支援センター むすびえさんの動画を例としてご紹介しましたが、必ず動画を使って情報発信しなければならないというわけではもちろんありません。動画、チラシ、SNS,口コミなどさまざまな媒体がある中で、みなさんが「誰に」「何を」届けたいかによって使い分けるのが良いかと思います。


ポイントの@でも書きましたが、まずはターゲット設定をしてみて、ターゲットに合った内容や方法で発信するのが良いかと思います。その上で「動画での発信が必要!」と思った方はぜひチャレンジしてみてください。



参考
データで見る多賀城 〜生活保護申請件数〜 [2020年06月14日(Sun)]
こんにちは、スタッフの武内です。

新型コロナウイルスへの対応は3密を避けるなどを含めた、『新しい生活様式』を取り入れた日々の暮らしに移行しています。
徐々にまちへ人の外出も増えていますが、自粛期間中および新しい生活様式のもと、経済がコロナ以前の状況に戻るにはまだまだ時間が掛かりそうです。

こうした経済への影響は、人々の暮らしにも関係してきます。
今回は、多賀城市における生活保護の申請件数についてまとめたデータをご紹介します。

生活保護の申請件数は【多賀城市地域福祉計画】の第1・2・3期の数字を使用しています。世帯数や人口については前述の資料と多賀城市のホームページの数字です。
なお、平成18(2006)年度が見当たらなかったため、データが確認できる平成9(1997)年度から平成17(2005)年度と、平成19(2007)年度から平成26(2014)年度の二種類があります。

まずは、数字を整理した表です。
21_1.jpg

22_1.jpg


こちらはグラフです。
二種類のグラフの申請件数の最大値を150件で統一し、変化を見て捉えやすくしました。
21_2.jpg

22_2.jpg

グラフを見ていただくと、年度により増減はありますが、申請件数は増加傾向にあることがわかります。

また、大きく増加している年度では平成21(2009)年度の133件(前年度は85件)や、平成24(2012)年度の121件(前年度は72件)などがあります。それぞれ増加した年度の前年にはリーマンショックや東日本大震災があり、どちらも経済へのダメージがありました。
ほかにも前年度から申請件数が増加した年は、その前年に何か社会的に大きな出来事があったかもしれません。

今回のコロナ禍は、年度を跨いでいます。
現在も報道では様々な業種で売り上げの減少や、従業員の解雇などの話題もあります。
こうした影響が今年度や来年度の生活保護申請の件数でも露わになることが予想されることから、社会や地域のチカラが試され、求められるのはこれからと言えます。


※お願い※
本ブログの画像データの記載内容に関するお問い合せは、多賀城市市民活動サポートセンターにご連絡ください。
・TEL:022-368-7745
・eメール:tagajo@sapo-sen.jp
 
 
オンラインを活用して組織運営力アップ [2020年05月23日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

昨日(5月22日)は、みやぎNPOプラザさんのお声がけで実施された「NPO・市民活動支援施設オンライン情報交換会」に参加しました。
気仙沼、石巻、登米、仙台、名取、多賀城の支援施設を運営している11人が参加し、施設の開館状況や感染予防対策、市民活動団体が活用できる支援策などの情報交換を行いました。

県の緊急事態宣言解除を受け、県内の支援施設も利用再開に向かっています。
市民活動団体も活動を継続・再開する動きがある一方で、対象者の状況悪化を懸念する声、活動に必要な資金の不安など、多くの団体が新型コロナウイルスの影響を受けているということです。


毎週土曜日は、市民活動に役立つ情報をお届けしていますが、今日は昨日の情報交換会で取り上げられた内容をお伝えします。


多くの人が集まる環境を作りにくいことから、インターネットを活用した講座が行われるようになっています。
パソコンやスマホなどの端末とインターネット環境が必要になりますが、今まで会場が遠かったり、移動が難しく参加できなかった講座にも参加しやすくなるメリットもあります。


県内の市民活動を支援するみやぎNPOプラザでは、
5月28日(木) 13:30〜15:30
「NPO・市民活動団体のための会計初級オンライン講座」

が行われます。
新年度になり新しく会計担当になった方、基礎を確認したい方など、必要最低限知っておきたいの基礎知識を学ぶことができます。
5月22日時点でまだ空きがあるそうです。
詳しくはこちら →


日本NPOセンターでは、
「NPO/NGOの組織基盤強化のためのオンラインセミナー」
を開催しています。
活動をしていく上で大切な人材、財源などの組織基盤を、中長期的な視点で見直すために役立つ考え方、事例を学ぶことができます。
今後の日程は、6月10日(水)、25日(木)いずれも13:30〜15:00になります。
詳しくはこちら →


このようにオンラインを活用した講座をはじめ、コロナウイルス感染拡大の中、これまでの活動方法を見直し、工夫したり、新たなことにチャレンジしながら活動しようとする団体を応援する助成金も出てきています。
最後にそのひとつをご紹介します。


真如苑「みやぎの居場所づくり助成」
課題を抱える高齢者や障がい児・者、児童、女性、青年などが、その人らしく過ごせるよう支援するための継続的な居場所づくりの活動を応援する助成金です。
今年度の募集が始まったところで、新型コロナウイルス感染拡大があり、対面での活動に代わり、さまざまな工夫で支援する活動や、長期化する感染防止対策を考慮し、今後の活動を見据えて体制を整える活動が対象に追加
また、〆切も5月25日(月)消印有効に延長されました。
詳しくはこちら →
〆切は迫っていますが、こちらも活動の体制を整えるために活用できます。
おうちで総会?団体の総会に書面表決を! [2020年05月09日(Sat)]
みなさんこんにちわ、スタッフのささきしょうたです!新幹線
依然コロナウイルスの猛威が続いており、生業が大変な方や地域活動の停滞でモヤモヤしておられる方も多くいると思われますが、いかがお過ごしでしょうか?

今回は主に、自治会・町内会の方向けのお役立ち情報ですいす
感染症対策のため大勢で集まれない!→総会ができない!!→新年度の取組みが承認されない!!!というお声もたがさぽに集まっています。

実際に総会が滞る昨今の状況下で自治体や社会福祉協議会等から「書面表決」の提案が出されている地域もあります。
(記事下部参照)

「書面表決」とは
自然災害や感染症その他緊急時において本来会議形式で行われる各種総会を、書面での意思表示(賛成・反対等)に替えて皆さんの声を集め総会の決済とすること。
総会に出席せず、書面で議決権を行使することが可能。

◆準備するもの

@案内文
「総会を書面でやります、各議案について賛成か反対かお書きください!」という旨の文書。

A総会資料
本来会議で議論するはずだった総会資料そのもの。

B議決結果
「書面で賛成/反対を集めた結果こうなりました!」という議決報告。


◆記入例




◆注意点
この方法は自治会・町内会のような地縁組織や任意団体、NPO法人にも有効です。
但し、会則や定款の中で書面表決を制限していないかどうかご確認・ご注意ください。
※認可地縁団体については、特に会則等に定めがなくても地方自治法の規定を根拠に書面表決を行うこともできます。

hanko_natsuin_woman.png


◆情報ソース
自治会・町内会向け(参考:仙台市)

任意団体向け(参考:宮城県)

NPO法人向け(参考:国分寺市社会福祉協議会)


また、他にも委任状を活用し少数役員のみでの総会を行う等の方法もあります。
皆さんの安全確保のため、書面表決での議決も方法のひとつとしてぜひご検討ください。



データで見る宮城県 〜DVに関するデータ〜 [2020年05月03日(Sun)]
こんにちは、スタッフの武内です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛など、さまざまなことが普段と違う状況になっています。そのため、生活の不安やストレスなどでドメスティックバイオレンス(DV:親しい関係の人から加えられる様々な暴力)が増えることが懸念されています。

そこで今回は、DVに関する相談件数についてのデータを作成しました。なお、エリアは宮城県と、いつもより広域のものになります。
データの元となる数字は、内閣府の男女共同参画局が公開しているものを使用しました。

miyagiDV_h_2013-2018.jpg

miyagiDV_g_2013-2018.jpg

公開されているデータを見ると、宮城県では近年2,000〜2,500件の相談が寄せられています。相談は女性からのものが圧倒的に多いですが、ごくわずかながら男性からの相談もあるようです。

データとしては、今後公開される2019年度や2020年度に新型コロナウイルスの影響が表れてくると考えられます。

ちなみに、宮城県女性相談センターのホームページは相談の種類などより詳しいデータが公開されています。

また、仙台市の仙台市配偶者暴力相談支援センター事業のホームページでは、相談窓口一覧を紹介しています。

多賀城市だとDV関連の相談は子育て支援課で受け付けているようです。

普段と違う状況の軋みが、様々なところで出てきていますが、その対応もいろいろと考えられています。必要な時はためらわず、活用してください。


※お願い※
本ブログの画像データの記載内容に関するお問い合せは、多賀城市市民活動サポートセンターにご連絡ください。
・TEL:022-368-7745
・eメール:tagajo@sapo-sen.jp


市民活動団体にも支援の手を [2020年04月25日(Sat)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週土曜日は、お役立ち情報をお伝えしています。

さて、桜を楽しむ時期も過ぎ、例年なら今日から大型連休!さて今年はどこに出かけようかな〜とウキウキする時期ではないでしょうか。
しかし、今年はコロナウイルス感染拡大防止のため全国的に外出を自粛する動きになっています。
たがさぽでも3月から一部休館となっております。
活動する団体の方からは、いつから開館するの?いつから活動ができるのだろうか?とご心配の声もいただいています。

さて、新型コロナウイルスに関しては、先日、県内の4つの中間支援団体が合同で「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関する宮城県内NPO法人等緊急アンケート」を実施しました。

document_data_bunseki.png


たがさぽも、ブログでの告知でお手伝いしました。
ブログはこちら

このアンケート、NPO法人など約150の市民活動団体から回答をいただいたそうです。先日公表された結果を見ると、新型コロナウイルスによって活動に影響が出ていると答えた団体が82%、今後の影響を懸念するという回答を含めると、97%にも達しています。

その結果を踏まえて、以下の4つについて宮城県と仙台市に要望書を提出しました。
1.中小企業等の支援制度をNPOも対象とすること
2.活動継続のための自治体独自の支援金等の創設
3.継続的な雇用維持と事業実施方法への柔軟な対応
4.手続き等の簡素化および、申請書作成支援の強化

宮城県内NPO法人等緊急アンケート調査の集計結果と宮城県、仙台市への緊急要望書はこちら(せんだい・みやぎNPOセンターHPより)

コロナウイルス感染拡大防止の状況はおそらく長引くことでしょう。
この状況が長く続くことで活動団体の様々における心配なことも出てきています。
こんな声も上がっています・・・
○コミュニティ活動ができないことによる高齢者の孤立、認知症などの重症化
○家庭で過ごす時間が長くなる中での、DV、児童虐待
○当事者同士の会合を開催するための施設が閉鎖になること
○人と接する活動(イベント等)ができない。不要不急のことはすべて休止と言われてしまうと活動自体難しい。

などさまざまです。

先が見えないコロナウイルスの終息。いつもの活動ができる日が早く戻ってくることを願いつつ、
今回の要望が何らかの形になり、各団体の後押しとなるといいですね。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


多賀城市の取り組み「たがじょう おうちごはん」

コロナ禍で市内の飲食店などでも売り上げが減少しています。
おうちで過ごす時間が増えている今だからこそ、多賀城のお店を利用することでまちの元気につながるこの取り組みを利用してみませんか?

「たがじょう おうちごはん」についてはこちら(多賀城市HPより)

takuhai_yasai_box.png

コロナウイルスの感染予防ガイドブックに外国語版が登場! [2020年04月24日(Fri)]
みなさんこんにちは、スタッフのささきしょうたです!飛行機

たがさぽは依然として臨時休館を頂いていましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?家

以前のブログでを紹介しました「新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック」に外国語版が登場しました。今回の新板は英語・ベトナム語・韓国語・モンゴル語・中国語(簡体字・繁体字)に対応しています。


多言語.jpeg


多賀城で過ごす外国人の皆さんにも、情報に取り残されることなく安心・安全な暮らしを送って頂くため、たさがさぽでも窓口で配架しています。
(臨時休館…と言いつつ窓口は開いているのです…。)


お持ち帰りをご希望の方はご相談ください。数に限りがあります。
Webからも”お持ち帰り”ができますので下記のリンク群をご活用ください。
You Tubeの動画でも説明が紹介されています。


多賀城で技能実習生を受け入れている企業様にもお届けしたいと思います。
必要な企業様もご連絡ください!!



●日本語



●Novel Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Infection Prevention Handbook for the General Public Ver.2.1 【English】



●新型冠状病毒感染症 市民预防手册 第2.1版 【简体中文】



●新型冠狀病毒感染症 市民預防手冊 第2.1版【繁體中文】



●신종 코로나바이러스 감염증 시민들을 위한 감염예방 핸드북 제2.1판 【한국】



●Bệnh truyền nhiễm do chủng mới virus Corona Sổ tay phòng chống lây nhiễm dành cho người dân Phiên bản 2.1 【Tiếng việt】



●Энэ удаа 「“ШИНЭ КОРОНА ВИРУС ХАЛДВАРТ ӨВЧИН (COVID-19)” Олон нийтэд зориулсан.

Та бүгдийн амьдрах орчин болон гэр бүлийн хүрээнд COVID-19-нхалдвар авахгүй байх, амьсгалын замаар халдахаас урьдчилан сэргийлэхэд тань тус нэмэр болно гэж найдаж байна.

“ШИНЭ КОРОНА ВИРУС ХАЛДВАРТ ӨВЧИН (COVID-19)”

Олоннийтэд зориулсан халдвараасурьдчилан сэргийлэх гарын авлага
ХУВИЛБАР 2【Монгол хэл】




ぜひ、日頃の感染予防にご活用ください!


新型コロナウイルス感染拡大の中で「何かできることはあるかな?」と思っている方へ−寄付で活動を応援する [2020年04月18日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

新型コロナウイルス感染拡大によって、私たちの暮らしにさまざまな影響が出ています。
普段どおりの活動等ができない今だからこそ「何かできることはないか」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。


学校休校による子どもの居場所、休業による経済状態に不安を抱える方、閉じこもりがちになることで心身の健康状態の悪化など・・・
この状況の中で発生している課題に取り組む活動を寄付というかたちで応援してみませんか。


震災をきっかけに、被災された方や生活に困窮されている方に食料品を届ける活動をしている市内のNPO法人いのちのパンでは、休校になっている子どもたちの居場所づくりの活動のサポートを行っています。
このようなフードバンクの活動には、食料品や活動費の寄付が欠かせません。
→詳しくはこちら



例えば、赤い羽根共同募金では、困りごとを抱える子どもと保護者を支援する活動を応援する「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」を行っています。
→詳しくはこちら

例えば、病気、災害、自死などで親を亡くした子どもたちと、親が重度障がいで働けない子どもたちの進学を支援している一般財団法人あしなが育英会は、緊急支援金として15万円の給付を決定しましたが、街頭で募金を集めにくい状況の中で、寄付を呼びかけています。
→詳しくはこちら


ほかにもYahoo!JAPANネット募金のページでは、医療機関の応援、途上国の感染予防の活動など、新型コロナウイルスに関する緊急支援として寄付先を紹介しています。
→詳しくはこちら



また、インターネットを通して想いを発信し、共感したり応援したいと思った人から資金を募るクラウドファンディングの一つREADYFORでは、影響を受けている方々をサポートする取り組みなど新型コロナウイルス支援情報をまとめています。
→詳しくはこちら
新型コロナウイルス感染症の現状と対策 [2020年04月11日(Sat)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。

本日は、新型コロナウイルス感染症の現状と日頃心がけたい対策についてお知らせいたします。
新型コロナウイルス感染症について、様々なメディアで取り上げられています。
宮城県内でも連日新たな感染者が見つかっており、感染拡大を防ぐためにも一人一人の徹底した対応が必要となっています。

■新型コロナウイルス感染症の現状
◉感染者数
全国感染者数:5,000名以上
全国死者数:100名以上
宮城県内感染者数:38名【2020年4月10日現在】
宮城県内死亡者数: 0名

◉致死率【2020年3月4日 世界保健機関(WHO)】
全年齢平均の致死率は3.4%で、高齢になるほど確率は上がる。
しかし、高齢者だけが危ないわけではなく、全ての年齢で、新型コロナウイルスの致死率は季節性インフルエンザよりも高いことがわかっており、50歳未満の致死率はインフルエンザより6〜10倍も高いのです。死に至らないまでも、若年層の重症患者は意外と多いのです。各国でどこまで検査を徹底するかによって感染者数も左右されるため、致死率が実態を完全に表しているわけではありません。

◉感染経路
一般的には飛沫感染、接触感染で感染する。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

@飛沫感染◉
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
A接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

■新型コロナウイルス感染症対策
◉換気
人は通常、1時間に6畳〜8畳分ぐらいの新鮮な空気を必要としているとのことです。
効率の良い換気は、対角線上に2カ所の開放口を作り、窓際で外に向けてサーキュレーターや扇風機を回すこと。難しければ1カ所窓を開けて空気の入り口を作り、換気扇を回すのでもOK。これでだいたい、5分から10分で空気が入れ替わります。
理想では2時間おきぐらいの換気が望ましいそうです。密閉された空間では、マイクロ飛沫と呼ばれる細かい粒子が20分以上も空気中に浮遊しています。マイクロ飛沫はくしゃみや咳だけでなく、普通の会話でも発生することがわかっています。マイクロ飛沫の中に多く存在する新型コロナウイルスが感染に関わっている可能性が指摘されています。簡単にできる換気をこころがけることで、感染のリスクをかなり下げることができます。

◉感染拡大を防ぐためには、飛沫感染と接触感染を避けること大事です。
上記の換気はもちろん手洗いやうがいの励行など、一人一人の徹底した対応が必要となっています。
また、栄養価の高い食事をして、しっかりと睡眠時間をとることが免疫機能を高め、感染拡大の防止につながります。

「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関する宮城県内NPO法人等緊急アンケート」のお知らせ [2020年04月05日(Sun)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。

新型コロナウイルスの影響で、活動に支障をきたしている団体も多いと思います。
そこでこのたび、宮城県内で中間支援(各地で活動する団体を支援)を担っている、
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
認定特定非営利活動法人杜の伝言板ゆるる
認定特定非営利活動法人地星社
一般社団法人みやぎ連携復興センター

の4団体では、宮城県内の市民活動団体を対象に、
新型コロナウイルスにより今年2月〜3月中に受けている影響および必要な支援についてのアンケートを実施しています。このアンケート結果を各種支援、NPO法人等への支援策や手続き等の緩和策などへの政策提言へ生かしていくとのことですので、各団体の皆さま、ご協力をお願いいたします。

詳細や、アンケート入力はこちら↓をクリックしてください。
新型コロナウイルス感染拡大への
対応及び支援に関する
宮城県内NPO法人等緊急アンケート


・締め切り:4月10日(金)
・事務局:特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
 TEL:022-264-1281
 E-mail:minmin★minmin.org(★を半角の@に変えて送信してください)