• もっと見る
« 新型コロナウイルス関連 | Main | 自治会・町内会レポート»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
発生から1ヵ月 能登半島地震支援情報〜活動助成編 [2024年02月03日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週土曜日は、市民活動・地域活動に役立つ情報をお伝えします。


能登半島地震発生から1ヵ月が経過しました。
東日本大震災の被災地に住む私たち。
能登半島地震の被災地のために何かしたいという想いを持っている方も多いのではないでしょうか。


このブログでも寄付・募金の情報を中心にご紹介しました
届けよう被災地へ!私たちにできること(1/6掲載)
https://blog.canpan.info/tagasapo/archive/3580

ネット募金・ポイント寄付など、さまざまな寄付先の情報が掲載されている下記も参考になります。
【令和6年能登半島地震】寄付先一覧(支援金・義援金・ふるさと納税・募金等)(日本非営利組織評価センター調べ)
https://blog.canpan.info/cpforum/archive/2966

被災地でのボランティア活動も一部で始まっているようです。
災害ボランティアに関する情報は、下記をご覧ください。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 2024年能登半島地震 特設ページ
https://www.saigaivc.com/202401notojishin/tokusetsu/

IMG_7481.jpg

当センターエントランスでも支援情報掲示中



今日ご紹介するのは支援活動を行う市民活動団体向けの助成金情報です。

東日本大震災の被災地の団体だからこそできる支援を、と検討されている団体の方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。



公益財団法人日本財団
令和6年能登半島地震(2024年1月発生)に関わる支援活動 NPO・ボランティア団体等への活動助成


被災地ニーズに沿った活動を行う事業(炊き出し、家財搬出、土砂撤去等)、専門的な技能や資格に基づくNPO等の活動(重機や動力機材の活用、看護・福祉分野等)、要配慮者(障がい者・高齢者・乳幼児・外国人等)に対する専門性を活かした活動

●対象団体
 NPO法人等(ボランティア団体含む)非営利活動を行う団体(要件あり)

●募集期間
 第2期: 2024年2月29日まで
 第3期: 2024年3月31日まで

●支援金額
 上限 原則100万円

詳しくは
https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/r6noto-npo



公益財団法人JKA
令和6年能登半島地震の被災地への支援


災害等救助、救援及び復旧、復興活動、支援を行う事業、災害等救助のために救援物資の購入、管理、輸送、供与又は貸与を行う事業

●対象団体
 特定非営利活動法人(NPO法人)、財団法人・社団法人、社会福祉法人、商工会、商工会議所等に該当する法人、かつ自らのホームページ(SNSは除く)で活動状況等を持続的に情報発信している法人

●募集期間
 第2回締切 2024年2月9日(金)17時まで

●補助金額
 上限300万円

詳しくは
https://hojo.keirin-autorace.or.jp/news/2024/0124-1/



こども家庭庁
NPO等と連携したこどもの居場所づくり支援モデル事業(被災したこどもの居場所づくり支援)


被災したこどもの心の負担軽減や回復等を目的にした、遊びの機会提供や学習のためのスペース設置など、こどもの居場所づくり

●対象団体
 社会福祉法人、特定非営利活動法人、公益社団法人、一般社団法人、公益財団法人、 一般財団法人、その他の法人

●募集期間
 〜2024年2月15日(木)

●補助金額
 500万円

詳しくは
https://www.cfa.go.jp/procurement/2Pt02ViQ/



公益財団法⼈公益推進協会
R6 能登半島地震 緊急⽀援基⾦


被災者・被災地のニーズに合った活動で、復興⽀援活動(がれき撤去・家財搬出・家屋修復等)、要配慮者(障がい者・⾼齢者・⼦ども・外国⼈等)⽀援活動、医療⽀援活動、⾷事・物資配布⽀援活動等

●対象団体
 ⾮営利団体(法⼈格は不問)で活動実績が1年以上あること

●募集期間
 1次募集:2024年2⽉1⽇(⽊)〜2024年3⽉4⽇(⽉)17:00
 2次募集:2024年3⽉5⽇(⽕)〜2024年4⽉8⽇(⽉)17:00

●助成金額
 短期間助成 50万円以内
 中⻑期間助成 150万円以内

詳しくは
https://kosuikyo.com/%e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91-2



特定非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
能登半島地震 臨時募集「だいじょうぶだよ!基金」-ひとり親家庭支援事業助成


能登半島地震で被災・影響を受けたひとり親と子どもたちが安心して生活し学べるように応援する活動の初動に対して支援

●対象団体
 ひとり親支援事業を行っている団体(任意団体を含む。要件あり)

●募集期間
 〜2024年3月11日(月)

●助成金額
 上限50万円

詳しくは
https://www.single-mama.com/topics/daijoubu_noto/



公益財団法人ベネッセこども基金
令和6年能登半島地震で被災した子どもの学びや育ちの支援活動助成


被災した子どもの学びや育ちに寄与する活動。災害によって、生活上の困難を抱える子どもや被災によるストレスや学習困難などを抱える子どもに対する支援。

●対象団体
 非営利団体(任意団体も可。要件あり)

●募集期間
 〜2024年3月19日(火)

●助成金額
 上限50万円

詳しくは
https://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/
Posted by nakatsu at 11:00 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
届けよう被災地へ!私たちにできること [2024年01月06日(Sat)]
こんにちは。スタッフの小林です。本日2回目の更新です。

1月1日の16時10分、石川県能登地方で震度7を観測する地震がありました。地震の規模(マグニチュード)は7.6と推定されます。その後も継続的に大きな揺れが続き、予断を許さない状況が続いています。また、建物の倒壊や火災による被害が発生、電気・水道などのライフラインにも影響が出ています。
被災されたみなさま、影響を受けられているすべてのみなさまに心よりお見舞いを申し上げます。


1月3日(水)、「被災した方々を応援したい!」と、多賀城のヒーロー「タガレンジャー」のブルー多賀城さんと多賀城あやめさん、多賀城在住の歌手アサノタケフミさんがJR仙石線多賀城駅前で募金活動を行いました。

IMG_0771.JPG

なんとか力になりたいという想いで立ち上がったタガレンジャー。10時から12時までの2時間の募金活動で寄せられた善意は125,155円。多賀城市を通して被災地に届けられるそうです。

IMG_0766.JPG


東日本大震災を経験した自分たちに、何かできることはないかという気持ちはみなさんもお持ちではないでしょうか。
下記に支援情報(1/6時点)をまとめましたのでお役立てください。


■義援金

赤い羽根共同募金(令和6年能登半島地震の義援金の募集について)
https://www.akaihane.or.jp/news/34975/

日本赤十字社(令和6年能登半島地震災害義援金)
https://www.jrc.or.jp/contribute/help/20240104/

石川県「令和6年能登半島地震に係る災害義援金の受付について」
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/suitou/gienkinr0601.html

富山県「令和6年能登半島地震災害義援金(富山県被災者支援分)」の受付について
https://www.pref.toyama.jp/1200/kensei/kouhou/houdou/2022/20240105.html

■支援金

赤い羽根共同募金(令和6年能登半島地震の支援金の募集について)
https://www.akaihane.or.jp/news/34909/

日本財団 災害復興支援特別基金(1/1〜3/31まで令和6年能登半島地震の支援として活用)
https://kifu.www.nippon-foundation.or.jp/dras/

一般社団法人 ピースボート災害支援センター(2024年石川県能登半島地震 緊急支援募金)
https://pbv.or.jp/donate/202401_ishikawa

ジャパン・プラットフォーム(令和6年能登半島地震被災者支援プログラム)
https://www.japanplatform.org/emergency/program/noto_earthquake2024.html

ほくりくみらい基金(令和6年能登半島地震 災害支援基金)
https://hokuriku-mf.jp/news/earthquake0101/

■ふるさと納税

ふるさとチョイス(令和6年能登半島地震 災害支援・寄付)
https://www.furusato-tax.jp/saigai/filter?category_id[]=1303&top_ttarea

さとふる(令和6年1月能登半島地震 災害緊急支援寄付)
https://www.satofull.jp/oenkifu/oenkifu_detail.php?page_id=507

■ネット募金

Yahoo!基金(令和6年能登半島地震 緊急支援募金)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630064

楽天クラッチ募金(令和6年能登半島地震被害支援募金)
https://corp.rakuten.co.jp/donation/noto20240101_ja/noto20240101_ja.html

■災害ボランティア情報

全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報(2024年能登半島地震 特設ページ)
https://www.saigaivc.com/202401notojishin/tokusetsu/


タガレンジャーによる募金活動は、今後も予定されているそうです。
タガレンジャーを見かけたら、ぜひみなさんの温かいお気持ちをお寄せいただければ幸いです。一日でも早い復興のために。

IMG_0773.jpg
Posted by 小笠原 at 13:26 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
災害時の幼保施設の取り組み、県外の人も交えて意見交換をしました! [2023年11月25日(Sat)]

こんにちは。スタッフの金子です。


昨年度から多賀城で取り組みが始まっている幼保施設と地域の避難訓練

幼保施設と地域の避難訓練ですが、地域の人や近隣の企業などが協力し、「誰も取り残さない地域」を目指しています。


多賀城の防災・減災 - YouTube

※多賀城市のYouTubeから訓練の動画を見ることができます。


今回は大代地区の大代保育所と柏幼稚園合同での取り組み、県外からも多賀城での訓練に関心のある人たちが参加をして実施をしました。


今回幼稚園での実施は初めて

保育園と幼稚園は管轄する省庁と法律が異なり、保育園は厚生労働省管轄の児童福祉施設であり、幼稚園は文部科学省管轄の学校教育施設です。それに伴い、決められている避難訓練の回数も異なり、保育園は月1回以上の避難訓練、幼稚園は年2回以上の避難訓練が義務付けられています。


取り組みの主体は各幼保施設ですが、近隣の自治会・町内会のみなさんや、企業のみなさん、市内で防災活動に取り組んでいるみなさんが協力をして実施しています。

またその他に、幼保育施設と地域の避難訓練を進めている一般社団法人Birds eye、市の危機管理課、たがさぽも協力をしています。


幼保施設と地域の情報交換2023.10.27
幼保施設の園長、保育士、近隣町内会のみなさん、今回は消防団のみなさん、防災士の資格を持つ地元の郵便局長等が集まり、避難をするうえでの危険個所や避難経路等の情報交換を実施。大人だけで経路の下見を実施します。
今回は大代保育所も柏幼稚園も指定避難所の多賀城東小学校に避難をする想定の訓練です。

IMG_0008.JPG

A防災リーダー研修2023.11.16

今回は県外から多くの方が見学に来ていました。

一般社団法人Birds eye主催で県外からの見学者を対象とした防災リーダー研修を実施。保育所の園長、保育士、地元の防災士の資格を持つ郵便局長、市の防災に関わる人等の参加もありました。


まずは一般社団法人Birds eyeで活動している佐藤美香さんの体験談や幼保育施設の避難訓練に対する想い等、お話を聞きました。

Bird's-eye – アイリンブループロジェクト (eyechan.net)


その後、市の危機管理課の職員から多賀城市の東日本大震災時の被災状況や昨年度新たに想定された津波の浸水域等の話を聞いたうえで、6人前後のグループ、大代保育所と柏幼稚園、各2グループずつ、全4グループに分かれて、指定避難所の多賀城東小学校までの避難経路をそれぞれ別ルートで歩いてみました。


IMG_0037.JPG


県外の人と地元の人の避難経路の下見では、普段の訓練では気づかない気づきもありました。実際に下見をした内容をもとに各グループで気づきやアイデアを出し合いました。


  • 川の上の橋を渡るのがこわいと思った
  • 車の渋滞が発生することも想定し、道幅や信号なども気を付ける必要がある
  • 0歳から年長まで一緒に行動するのが難しい
  • 見通しがよい道路が安心ということがわかった
  • どの辺の海抜が高い、低いなど、高度計で測るとよい

IMG_0063.JPG

B  避難訓練当日2023.11.17

避難訓練当日は生憎の雨。避難訓練実施の時間帯の降水量が多かったため、園児たちの参加は中止となりましたが、各幼保育施設の園長、保育士、地域の人、地元の防災士の資格を持つ郵便局長、市内で防災の活動をする人、県外からの見学者のみなさんが参加し訓練を実施しました。


シェイクアウト訓練は園児たちも参加。

園児たちは避難場所まで逃げる訓練には参加しませんでしたが、カートでの避難やトランシーバーを持ちながら状況を伝え合う等、緊張感を持ちながら訓練が行われました。


IMG_5156.JPG


IMG_5175.JPG

▲歩道橋のスロープにカートが入る幅がない


当日に参加をした地域に詳しい人から別の経路を教えていただき、実際に歩いてみたり、雨だからこそ、合羽を着ていると周りの音が聞こえにくい、視点が狭まる等の気づきもありました。


訓練から戻った後は参加者同士で当日の振り返りも共有しました。


  • 災害時の親への引き渡しをどこまで決めているか
  • 指定避難所は混み合うため、避難経路の途中にある子ども施設や高齢者施設などを避難場所に想定してもよいのでは
  • 昔の地形を知ることで、災害時の危険性を知ることができる
  • 避難所は遠いが、避難所に行くまでの経路には住宅地が多いため、途中で助けを求めることができるかもしれない
  • 電線が多いことが気になった。雨天時に電線が切れて、感電や倒れる危険性もあるのでは


これからも、地域に暮らすさまざまな人や団体、企業が協力しながら、「だれも取り残さない地域」を目指していければと思います。

Posted by 金子 at 09:00 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
秋田の大雨災害の支援情報について [2023年07月18日(Tue)]

先週末は東北地方、特に秋田県内で大雨が降り、大規模な被害が発生しています。

ご被害に遭われましたみなさまに謹んでお見舞い申し上げます。


また報道等で現地の状況を見聞きし、何か自分にできることはないかとお思いの方もいらっしゃることと思います。


秋田県内の災害ボランティアセンターについてお知らせいたします。

地域ごとに募集の状況が異なりますので、ホームページなどご確認ください。


○秋田市災害ボランティアセンター

719日(水)から活動開始。

申込や詳細は下記ホームページをご確認ください。


能代市災害ボランティアセンター

718日(火)から開設。

県内にお住まいの原則18歳以上の方を募集しています。

申込や詳細は下記ホームページをご確認ください。

能代市災害ボランティアセンター開設・ボランティア募集について - 能代市社会福祉協議会 (noshiroshakyo.or.jp)


○男鹿市災害ボランティアセンター

男鹿市在住又は男鹿市内で勤務されている方を募集しています。

活動期間、719日(水)〜723日(日)。状況によっては延長する可能性があるとのことです。

申込や詳細は下記ホームページをご確認ください。

男鹿市災害ボランティアセンターの開設について | 男鹿市社会福祉協議会 (ogashakyo.com)


○五城目町災害ボランティアセンター

719日(水)から開設。

県内・県外の地域は問わず18歳以上の方を募集しています。

[トピックス] 五城目町災害ボランティアセンター開設・ボランティア募集について - 五城目町社会福祉協議会 (fu-gojome-sha.jp)


また、義援金等の募集についても情報が分かり次第、お知らせいたします。

Posted by 金子 at 14:44 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽの花壇+石川県能登地方を震源とする地震に関する支援情報 [2023年05月25日(Thu)]
こんにちは。スタッフのおがさわらです。

たがさぽの花壇の「あいりちゃん(フランスギク)」が満開となりました!

IMG_3415.JPG


「あいりちゃん」と名付けられたこの花は、東日本大震災で犠牲になった石巻の幼稚園児・愛梨ちゃんゆかりの花で、
「アイリンブループロジェクト」の植栽活動で全国に広がり、震災の記憶と教訓を伝えています。
たがさぽも、2021年11月に「アイリンブループロジェクト」から苗をいただき、建物の北側、駐輪場隣りの花壇に植栽しました。

*植栽の様子はこちら

IMG_3413.JPG

5月5日に石川県能登地方で最大震度6強を観測する地震が発生したほか、
千葉県南部、鹿児島県トカラ列島近海、伊豆諸島など、
このところ日本各地で大きな地震が増えています。

いざという時のために、日頃からの備えが大切です。

たがさぽに来館の際は、ぜひ花壇にお立ち寄りいただき、防災について考えてみてください。


地震発生から3週間経った今も、石川県では懸命の復旧作業に追われています。
力になりたいとお考えの方へ、支援情報(5/25時点)をまとめましたのでお役立てください。


【ボランティア・災害支援情報】
珠洲市災害ボランティアセンター

石川県県民ボランティアセンター

全国社会福祉協議会(被災地支援・災害ボランティア情報)


【寄付・募金情報】
石川県

日本赤十字社

赤い羽根共同募金

Yahoo!ネット募金

楽天クラッチ募金

ふるさとチョイス

一般社団法人 ピースボート災害支援センター
Posted by 小笠原 at 18:07 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
トルコ・シリア地震の救援金を受け付けています [2023年02月16日(Thu)]

こんにちは。スタッフの金子です。


26日にトルコ南東部で発生した地震で、トルコ南東部及びシリア北西部において多数のビルが倒壊し、多くの死傷者が報告されています。現在、必死の救助活動が続けられており、日本含め各国から被災地に救助に向かわれているとの情報を報道で見聞きします。

被災地で直接救助活動ができなくても、今いる場所でできることもあります。少しでも支援したい、力になりたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


「募金」という形で支援をすることもできます。


多賀城市でも支援のための募金を集めています。


○多賀城市 募金箱設置場所

多賀城市/日本赤十字社の活動 (city.tagajo.miyagi.jp)

・市役所1階案内窓口

・市立図書館

・山王地区公民館

・大代地区公民館


他、市外近隣の情報も紹介します。

○塩竈市 募金箱設置場所

2023年トルコ・シリア地震救援金を募集しています - 塩竈市ホームページ (city.shiogama.miyagi.jp)

・市役所本庁舎案内コーナー

・壱番館庁舎1階生活福祉課

・ふれあいエスプ塩竈

・市民図書館

・公民館

・体育館


○七ヶ浜町 募金箱設置場所

トルコ南東部地震による被災者支援の募金について|七ヶ浜町民便利帳[お知らせ]|七ヶ浜町 (shichigahama.com)

・役場庁舎受付

・七ヶ浜国際村

・生涯学習課


○利府町 募金箱設置場所

トルコ・シリア大地震救援金について/利府町 (town.rifu.miyagi.jp)

・利府町役場総合案内

・利府町役場町民課窓口

・利府町保健福祉センター

・利府町文化交流センター リフノス


○松島町 募金箱設置場所

2023年トルコ・シリア地震救援金の受付について - 宮城県松島町 (town.matsushima.miyagi.jp)

・松島町役場町民ホール

・松島町保健福祉センター(どんぐり)

・松島海岸レストハウス

・松島カフェベイランド(福浦橋入口)


期間や詳細につきましてはホームページなどでご確認ください。

皆様の想いが被災地の方々に届きますように、一日も早い復興をお祈りします。

Posted by 金子 at 09:00 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
トルコ・シリア地震救援金情報 [2023年02月13日(Mon)]

スタッフの川口です。

今日は26日に起こったトルコ・シリア大地震への救援金についてお知らせします。

テレビやネットの情報を見て心を痛めている方も多いのではないでしょうか。


東日本大震災の際、トルコの救援隊が多賀城や七ヶ浜で救援活動してくれていたことを思い出していました。

発生から1週間以上が経ち、気温が氷点下になるそうです。救助活動も困難になってきている中、東日本大震災の死者数を上回っているということを聞き、本当に胸が痛みます。


現地に行っての支援はできませんが、できることを今できればと思います。


寄付をする際は、本当に届けたいところへ届けるために、寄付先の団体がどのような活動をしていて、何に使われるか、使ってほしいのかを決めて寄付されると良いと思います。


支援先をご紹介します。


■日本赤十字社

現地のニーズに合わせ、トルコとシリアの救援活動や復興支援活動などに使用

https://www.jrc.or.jp/contribute/help/2023turkeysyria/


多賀城市役所でも募金箱を設置し、赤十字を通じて被災地に届けます。

https://www.city.tagajo.miyagi.jp/fukushi/kenko/iryo/kenketsu/sekijuji.html


■日本ユニセフ協会

「自然災害緊急募金」として受け付けし、シリアとトルコで、安全な飲み水や衛生用品、防寒着などの緊急支援物資の提供、教育の再開支援などに使用。

https://www.unicef.or.jp/kinkyu/disaster/2010.htm


WFP(世界食糧計画)

世界各地で食料支援を行っている国連の機関。トルコ・シリア両国のニーズを把握しながら、被災した人たちに温かい食事やすぐに食べられるものなどを支援。

https://ja.wfp.org/stories/turkiye-syria-earthquakes-wfp-stands-ready-support-affected-communities-death-toll-rises


■セーブ・ザ・チルドレン

子ども支援専門の国際NGO。トルコで緊急対応チームを立ち上げ、毛布や冬物の衣料などを配布する予定。シリアでは、北西部で現地のパートナー団体と連携して活動予定。

トルコ・シリア大地震 緊急子ども支援(寄付・募金)|セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン (savechildren.or.jp)


■ピースウィンズ・ジャパン

紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人々の支援活動を行うNGO

医師や看護師、レスキュー隊員などで構成される緊急支援チームが、トルコで医療支援や緊急物資支援などを行う。

https://peace-winds.org/support/turkey-earthquake


PARCIC(パルシック)

緊急支援などの国際協力やフェアトレードに取り組んでいるNPO。トルコでは震源に近い南東部・ガジアンテプに日本人スタッフが入っている。シリアでは、活動を予定している北部で毛布などの生活用品や食料支援を調整。

https://www.parcic.org/news/21943/


■ジャパン・プラットフォーム

加盟するNGOとともに、政府からの支援金や寄付で緊急人道支援を行う認定NPO

https://www.japanplatform.org/programs/turkey-earthquake2023/


■ワールド・ビジョン・ジャパン

世界のおよそ100カ国で子どものための緊急人道支援などを行う国際NGO

シリア北西部にストーブや食料などを届けるほか、被災した子どもを保護するとしている。

https://www.worldvision.jp/


■国境なき医師団

シリア北部の反政府勢力の支配地域にある病院でけが人の手当てなどにあたっているほか、周辺の医療機関に医薬品や必要な器具を提供。

https://www.msf.or.jp/news/press/detail/tursyr20230207my.html


■世界の医療団

人道的な医療支援に取り組む国際NGO。トルコとシリアで救援活動や被災者の治療などにあたっている。

https://www.mdm.or.jp/project/25645/

Posted by 川口 at 18:35 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
宮城県内大雨被害 支援情報(7/26追記) [2022年07月23日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

7月14日からの大雨により、宮城県内で被害が発生しています。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今日は私たちにできる支援活動をご紹介します。(7月23日現在の情報を掲載しています)


災害ボランティアセンター

○大崎市
・古川地区、鹿島台地区の2か所に開設中
・ボランティアは大崎市在住の方を募集(事前予約制)
→詳しくは大崎市社会福祉協議会

○松島町
・ボランティアは県内在住者を募集
→詳しくは松島町社会福祉協議会

○登米市
・7月25日(月)から活動開始
・ボランティアは登米市内に在住もしくは通勤・通学されている方
→詳しくは登米市社会福祉協議会

○県内災害ボランティア情報
宮城県災害ボランティアセンター


ボランティアセンター(7/26追記)

○加美町
・募集期間 〜7月29日(金)
・ボランティアは加美町在住の方または町内に通勤・通学されている高校生以上の方
→詳しくは加美町社会福祉協議会

○美里町
・募集期間 〜7月28日(水)
・ボランティアは美里町在住または町内に通勤・通学されている高校生以上の方
→詳しくは美里町社会福祉協議会



コロナ禍における災害ボランティア活動について

★NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク ガイドライン

★厚生労働省 災害発生時における新型コロナウイルス感染対策


寄付

◆ふるさとチョイス災害支援 令和4年7月台風4号・豪雨災害支援・寄付

◆さとふる 令和4年7月台風。豪雨被害緊急支援寄付


・・・・・・・・・・


万が一のための備え

位置情報多賀城市のハザードマップや避難所の確認はこちら

位置情報NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク ノウハウ集
Posted by nakatsu at 18:28 | 災害関連 | この記事のURL | トラックバック(0)
3/16発生の地震に伴う、宮城県内での災害ボランティアセンターなどの活動状況について【3/31(木)12:00現在】 [2022年03月31日(Thu)]
【3/31(木)12:00現在】※この記事は、随時更新していきます。

こんにちは。スタッフ渡辺です。

3/16に福島県沖で発生した地震において被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
各市町で開設されている災害ボランティアセンターなどの、現時点での活動状況をお知らせします。


●宮城県災害ボランティアセンター
 https://svc.miyagi.jp/group.php?gid=10131

(県全体の動きはこちらからご覧ください)

○白石市
・ボランティア受付中(活動希望日の前日までにお申し込みください)
・申し込みなど詳細は、以下のページをご覧ください。
 白石市社会福祉協議会ウェブページ
 https://shiroishi-shakyo.jp/?p=1288
 白石市社会福祉協議会Facebookページ → ★★★

○角田市
・現在ボランティア受付中(角田市在住の方に限ります)
・活動は3/21(月・祝)以降
・申し込みなど詳細は、角田市社会福祉協議会のウェブページをご覧ください。
 http://kakuda-shakyo.net/publics/index/19/

○山元町
・ボランティアは事前登録制となります。
 (3/28に、登録をいったん終了しました)
・お問合せなど詳細は、山元町災害ボランティアセンターのFacebookページをご覧ください。
 ★こちらをクリックしてください。 → ★★★


○その他の市町村については、現時点では開設は予定されておらず、通常のボランティアでの対応となります。下記のようにお知らせが出ている所もありますが、詳細はお住まいの市町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。
・登米市社会福祉協議会
「3.16福島県沖を震源とする地震被害によるボランティア支援について」
・美里町社会福祉協議会
「宮城県美里町おたすけボランティア登録者募集!」
・東松島市社会福祉協議会
「福島県沖を震源とする地震被害による片付けボランティアについて」
・石巻市社会福祉協議会
「ボランティアセンターによる地震被害家財の片付け支援について」



★ボランティア活動における注意点
・活動に際しては、食料・飲み物、資材類などはご自身でお持ちください。また、無理はしないでください。
・事前にお住まいの市町村の社会福祉協議会ボランティア保険にご加入ください。
・状況は日々変化します。行動を起こす前に必ず各市町村や社会福祉協議会、災害ボランティアセンターの公式ウェブサイトやSNSをご確認いただくようお願いいたします。職員の皆さんの業務の妨げになる場合もありますので、電話でのお問い合わせは極力お控えください。
・災害ボランティアへの参加に際しては、こちらの資料もぜひお読みください。
 認定NPO法人レスキューストックヤード「災害ボラの予備知識」
 https://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html
3/16発生の地震に伴う、宮城県内での災害ボランティアセンター開設について【3/22(火)19:00現在】 [2022年03月20日(Sun)]
※3/31(木)に、新たに記事を作成しました。最新情報はこちらをご覧ください。
https://blog.canpan.info/tagasapo/archive/3172


おはようございます。スタッフ渡辺です。

3/16に福島県沖で発生した地震において被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
地震による被害を受けて、宮城県内の市町村でも災害ボランティアセンター開設の動きが出てきております。現時点での状況をお知らせします。


●宮城県災害ボランティアセンター
 https://svc.miyagi.jp/group.php?gid=10131

(県全体の動きはこちらからご覧ください)

○白石市
・ボランティア受付開始
・申し込みなど詳細は、以下のページをご覧ください。
 白石市社会福祉協議会ウェブページ
 https://shiroishi-shakyo.jp/?p=1288
 白石市社会福祉協議会Facebookページ → ★★★

○角田市
・現在ボランティア受付中(角田市在住の方に限ります)
・活動は3/21(月・祝)以降
・申し込みなど詳細は、角田市社会福祉協議会のウェブページをご覧ください。
 http://kakuda-shakyo.net/publics/index/19/

○山元町
・災害ボランティアセンターの設置が決定し、現在準備中。
・ボランティアは事前登録制となります。
・お問合せなど詳細は、山元町災害ボランティアセンターのFacebookページをご覧ください。
 ★こちらをクリックしてください。 → ★★★


○その他の市町村については、現時点では開設は予定されておらず、通常のボランティアでの対応となります。下記のようにお知らせが出ている所もありますが、詳細はお住まいの市町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。
・登米市社会福祉協議会
「3.16福島県沖を震源とする地震被害によるボランティア支援について」
・美里町社会福祉協議会
「宮城県美里町おたすけボランティア登録者募集!」
・東松島市社会福祉協議会
「福島県沖を震源とする地震被害による片付けボランティアについて」



★ボランティア活動における注意点
・活動に際しては、食料・飲み物、資材類などはご自身でお持ちください。また、無理はしないでください。
・事前にお住まいの市町村の社会福祉協議会ボランティア保険にご加入ください。
・状況は日々変化します。行動を起こす前に必ず各市町村や社会福祉協議会、災害ボランティアセンターの公式ウェブサイトやSNSをご確認いただくようお願いいたします。職員の皆さんの業務の妨げになる場合もありますので、電話でのお問い合わせは極力お控えください。
・災害ボランティアへの参加に際しては、こちらの資料もぜひお読みください。
 認定NPO法人レスキューストックヤード「災害ボラの予備知識」
 https://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

続きを読む・・・
| 次へ