CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 施設利用ご案内 | Main | スペシャル・リポート»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
ご家庭にあまっている食料はありませんか?必要としている方へ届けよう [2021年10月02日(Sat)]

こんにちは!

スタッフのカツイです。


10月は「食品ロス削減月間」です。食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。日本の食品ロスを国民一人当たりに換算するとお茶碗約1杯分(約132g)の食べ物が毎日捨てられていることになるのです。

そして、秋は新米の季節。

「お米を毎年貰うけど食べきれない…」「古米が増えていく」というご家庭もあるのではないのでしょうか。



今年もフードバンク活動を行う「NPO法人 いのちのパン」と連携しお困りの家庭へ食料を届けるための、フードボックスをたがさぽに設置しました。


みなさん、フードバンクという言葉はご存じでしょうか。

フードバンクとは、品質の問題がないにもかかわらず市場で流通できなくなった食べ物を、食べ物を必要にしている方々へ渡す活動およびその活動を行っている団体のことを指します。


NPO法人 いのちのパン」は2014年に設立され、震災以降、貧困家庭への支援を継続して行っています。現在も企業から支援を頂いた食料を困っている方々へお届けしています。毎月25軒へ食料支援を行っており、コロナ禍により失職等で減収を余儀なくされた50以上の世帯に対しても、まとまった食料支援を行っているそうです。たがさぽのフードボックスを通して頂いた食べ物はすべてNPO法人いのちのパンへお渡しし、支援を必要としている家庭へ届けていただきます。



●以下のものを集めています●


. 食料品:米、麺類、インスタント食品缶詰、お菓子など

. 調味料:味噌、醤油、砂糖、塩ふりかけ、お茶漬けなど

. 生活用品:ティッシュ、洗剤トイレットペーパーなど

. 飲み物: コーヒー、お茶(インスタントも歓迎)ジュースなど

. その他賞味期限が3ヶ月以上ある食べ物全般



実は、食べ物に困っている方からはお米や味噌が一番喜ばれます。

「日付はまだ間に合うけど、もう食べないかも…」という食べ物が家に残っていましたら、たがさぽでは11月まで募集しておりますのでぜひご協力お願いいたします。



🥄NPO法人 いのちのパン🥄

985-0831 多賀城市笠神2-11-45

電話1(プッシュホン)022-362-7468

メールする info@breadoflife.jp

お金の支援も受け付けています!

HP http://www.breadoflife.jp/


加工済み.jpg

スポーツで広がる地域の輪「市民スポーツ大会」 [2021年07月23日(Fri)]
こんにちは、スタッフのおがさわらです。
本日は、たがさぽで自治会・町内会事業を担当している私から、
多賀城の素敵なイベントをレポートさせて頂きます!


梅雨も明け、厳しい暑さとなった18日の日曜日、
「令和3年多賀城市民スポーツ大会」として、行政区対抗のソフトボール大会が行われました!

全11地区が参加し、中央公園多目的グラウンドなど計3ヵ所で試合を行い、各トーナメントの優勝チームが決定しました。

IMG_0293.JPG

【優勝チーム】
・中央公園多目的グラウンドA→新田三区
・中央公園多目的グラウンドB→新田二区
・多賀城八幡小グラウンド→八幡上二

優勝チームのみなさん、おめでとうございます!

IMG_0274.JPG

あるチームの監督にお話を伺ったのですが、
昨年、コロナの影響でこの大会が中止になってしまった分、開催を待ち望んでいたので、
チーム全体で「絶対に優勝するぞ!」と気合が入り、一致団結することができたそうです。

例年は、試合後の打ち上げを含めて、いろいろな世代の交流の場となっているとのことです。
「このご時世で今年は打ち上げはできないけれど、このようなイベントが地域の中で開催できることが素晴らしい」とおっしゃっていました。

実際、幅広い世代の皆さんが参加しており、
聞くところによると、親子二代、三代で参加されている方もいるとか。
以前、父親と参加した子どもが、成長して親となり、さらに自分の子どもを連れてきているというケースもあるそうです。
それだけ伝統のある、地域に根付いたスポーツ大会になっているのですね。

IMG_0267.JPG

「引っ越してきたばかりで知り合いがいないけど思い切って参加してみました」という若い方や「友人に誘われて参加することにしました」という大学生など、
世代や地域の垣根を越えて、スポーツを通して交流している姿は、とても感動的でした。

たがさぽでも、地域も人も元気になるようなイベントをやっていきたいです。
今回のスポーツ大会の参加者のみなさん・スタッフのみなさんにたくさんの刺激をいただきました。
ありがとうございました!
続きを読む・・・
たがさぽの日常〇スタッフに今年度の抱負インタビュー [2021年04月19日(Mon)]
こんにちは
スタッフのカツイです

新年度が始まったということで、今日はスタッフにインタビューをしてみたいと思います。

カツイ)こんにちは
スタッフ)こんにちは

すずきさん.JPG

カツイ)新年度が始まりましたが、今年はたがさぽでどういうことに取り組んでいきたいと考えていますか。
スタッフ)市民活動について・NPOとはなにかを学べる「いちから塾」を担当しているのですが、自分自身も初心者なこともあるので初心者にもわかりやすい講座にしていけたらいいなと考えています。


カツイ)こんにちは
スタッフ)こんにちは

つよしさん.JPG

カツイ)新年度が始まりました。今年はたがさぽでどういうことに取り組んでいきたいと考えていますか。
スタッフ)昨年度の相談内容をふりかえりつつ、活動運営相談会等を行いたいと考えています。団体さんがより活発に活動に取り組めるようにお力添えをしていきたいです。


いかがだったでしょうか。
今年も多賀城市市民活動サポートセンターは利用者の方々と共に多賀城を、市民活動に賑わいをもたらす様な事業を考案してまいります。
イベント開催日時等はホームページ、ブログにてお知らせいたしますので、ぜひ定期的にアクセスしてくださいね。


〜おまけ〜

カツイ)こんにちは

キャネコさん.JPG

スタッフ)先ほどの話を聞いていました。私は今年、流しそうめんをしたいと考えています。
カツイ)素敵です。どういう方法でやってみたいですか。
スタッフ)きちんと竹を使って、そうめんを流したいです。これはたがさぽの竹林をみて思いつきました。
カツイ)まわりを見回すとアイデアのタネがありますね。

おわり
続きを読む・・・
花見(さくら)たがさぽより さくら開花宣言花見(さくら) [2021年03月26日(Fri)]

こんにちは

スタッフのカツイです


たがさぽの桜が開花しました!

スタッフが落ちていた桜を発見し、せっかくなのでたがさぽで育て独自に開花宣言を打ち立てようとしたものです。


320

連れてこられたばかりの桜です。つぼみの状態で、なんだか固い見た目です。

20210320.jpg 



321

なんだか芽の先がピンク色になっている気がしませんか。

20210321.JPG 



322

もう咲くのではとワクワクしていると

20210322.jpg



324

ア!

20210324.jpeg



325

満開だ〜

SdaC1s60.jpeg



桜が咲きました〜

これにてたがさぽから桜の開花宣言をさせていただきます


NUtG7VAw.jpeg


新型コロナウイルスが蔓延しています。

花見のシーズンではありますが手洗い・うがいをさらに強化し、人込みのあるところへ行かないようにしましょう。

来年の開花シーズンにまたお会いしましょう〜



日常を見る視点【東豊中防災MAPから見えてきたこと】〜ヒントやきっかけのタネ〜 [2021年03月12日(Fri)]
スタッフおくむらです。


東日本大震災発生から10年が経ち、これからはいまだ先の見えないコロナ禍を踏まえた新たな防災や地域つくりの視点が求められます。


たがさぽでは、3月14日(日)に、東日本大震災の時の町内会や地域の取り組みや課題をこれからの地域づくりのヒントにすべく座談会を開催します。




座談会に先立ち、各階に関連展示を設けていますが、座談会当日は「若い世代の目線でみた防災」のひとつとして、市内東豊中学校が防災学習で取り組んだ防災MAPも展示します。

東豊中学校の取り組みについてはtagNo92で紹介しています。


東豊中学校のこの取り組みについての視点は

【自分の住む地域について知ること,と同時に違う地域に住んだ時にでも行かせる基礎知識を学ぶこと】

と富岡先生に伺いなから先生と一緒に展示する作品を選定しました。

富岡先生.jpg
お借りしたのは、現2年生が1年生の時に制作したもので大代・笠神地区の各グループの作品
右下)「空地で水を吸ってくれる」このコメントが気になりますね目


この場所にあることを知っていると.jpg


「(防災貯水槽が))ここにあることを知っていると消防の人に教えてあげられる」
という気づきコメントが!


なるほど、町内会の役員や消防団などに所属していなくても、日ごろから自身の生活圏内を意識することで、いざという時に地域の防災のひと役が担えるのかもしれませんね。

いろんな世代のいろんな視点で連携・協力すること。
それは、防災に限らず住みよい誰にも優しいまちづくりの第一歩のようです。

先生にこの防災学習のお話を伺う中で印象的だったことがあります。
東日本大震災について考えたときに、現中3生は震災当時5歳。現中1生は3歳ということになります。震災時の記憶や想いには大きな違いがあり、また同じ校区であっても大代地区(沿岸部)と笠神地区(内陸部)では見聞きすることの差もあるという点でした。

これからの防災や地域の取り組みを考えたときに、幅広い世代・様々な活動の交流の場をつくる取り組みをたがさぽも模索していきたいと思います。

たがさぽの樹の合言葉は「好奇心(興味・関心→行動)」 [2021年03月08日(Mon)]
スタッフおくむらです。

唐突ですが、たがさぽの駐車場に鎮座する大樹。ご存じですか?
今はまだ枯れ木のように茶色いボンボンがゆらゆらしているプラタナスの樹です。
和名を鈴懸(すずかけ)といいます。
初夏の鈴懸.jpg

写真は昨年5月撮影

来館された方やお散歩で立ち寄られた方などから、時折「この樹はなんの樹ですか?」と声をかけられます。

たがさぽが開設されるずっと前からこの丘の上に立つ樹。
(地域の方に伺っても植栽された経緯等詳しいことがわかりません。ご存じの方はぜひ情報をお寄せくださいmvvm)
スタッフがふと花言葉を調べると「好奇心」とのこと。なにすやっΣ(・ω・ノ)ノ!
地域の課題や自身の想いを形にして行動に起こす人々が集うココたがさぽのある丘にぴったりではないですか!

今回、高橋地区在住の佐藤さんが素敵な看板を描いてくれ、旭ヶ岡在住の畑中さんが樹に設置できるように加工してくれました。
佐藤さんr.jpg

タテとヨコの2枚を風合い良く描く佐藤さん

畑中さん.JPG

どうしたら樹を痛ませないで自然に設置できるか畑中さんに相談中あせあせ(飛び散る汗)

IMG_0061.JPG

駐車場入り口から見える位置に目

IMG_0052.JPG

南向きの幹の根本にもたれかかるように…
でもしっかりと地に打ち込んでいます。

地域の方々の力と知恵をかりて出来上がった地域のつながりと好奇心の名札です。
佐藤さん、畑中さんご協力本当にありがとうございました。
これから新緑の葉が芽吹き、夏には大きな手のひらのような葉でひと休みの木陰を作ってくれる
鈴懸の樹です。
ご来館の際に、お散歩の通りがかりに、是非お立ち寄りください。るんるん


地域の枠を超えて、分野を超えてアイデアを出し合い協力して地域の話題づくりがあちこちで生まれると、見慣れた場所やいつもの出来事がちょっと気になる存在になってきませんか。
【ちょっと気になる】って実は行動の第一歩ですもんね♪ 

地域の事に「関わる」って「気になる」の延長線。気負わなくていいのかも。


3月11日は東日本大震災から10年。
Withコロナのこれからの防災や備え地域づくりを考えたときにも、日常の「ちょっと気になる」から取り組みのヒントが見つかるかもしれません。
そこで、震災10年を機に地域のつながりを模索する座談会を開催します。

チラシ画像.png

311企画ブログ⇒コチラから

好奇心興味・関心→行動) 晴れた日には少し周りを見渡してみませんか。晴れ
本日9時より開館 今年もよろしくお願いいたします [2021年01月05日(Tue)]
多賀城市市民活動サポートセンターは、本日1月5日(火)9時より開館しています。


2020年は、新型コロナウイルス感染拡大によって、対面や大人数での活動が制限される中、当初は活動を休止していた団体も、感染予防対策をしながら活動を再開する動きが少しずつ出てきました。

新しい年も、これまで通りにいかない状況が続きそうですが、こんなときだからこそ、一緒に考え、知恵を出し合いながら、取り組んでいけたらと思います。


今年もたがさぽは、多賀城のまちを元気にする取り組みを応援していきます。
情報収集に、活動にまつわる相談に、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
ウェブサイト ブログ YouTube フリーペーパー「tag」 でも、活動に関する情報を知ることができます。

また、1月には3つのイベントを予定しています。現在参加募集中です。ぜひご参加ください。

1月14日・28日(木)
1月16日・30日(土)

「今だからやりたい!小さなアクション講座」
 詳しくは→ https://www.tagasapo.org/news/detail.php?id=96

1月22日(金)
「TSR〜Tagajo Sustainable Relationship〜2020」
 詳しくは→ https://www.tagasapo.org/news/detail.php?id=106

1月23日(土)
「データdeなにすや⁈ おらぃの町内会をきいてけさいん!」
 詳しくは→ https://www.tagasapo.org/news/detail.php?id=103


今年もどうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ一同


IMG_3799.jpg

今朝のたがさぽ
今年もありがとうございました! [2020年12月27日(Sun)]
皆さん、こんにちは。

2020年の開館は、本日17時をもって終了いたしました。

今年は、新型コロナウイルスによる影響のため、約3ヵ月にわたる臨時休館や再開後もさまざまな利用制限があり、ご利用の皆さんにはご不便をおかけいたしました。また、会議室ご利用に際しては事後の消毒のご協力、まことにありがとうございました。
今後とも感染対策をしっかりと行い、安心してご利用いただけるように心がけてまいります。

たがさぽとしても、このような時代の中、講座や先日のクリスマス雑貨市、あるいは団体からの相談対応を通して新たなチャレンジをしてきました。ここで出てきた種を来年芽生え、そして成長につなげたいと思います。

DSCN9674.JPG


皆さん、この一年間、ありがとうございました。
よいお年をお過ごしください。
そして2021年も、どうぞよろしくお願いいたします。


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


★お知らせ@ 年末年始の休館について
たがさぽは、
明日12月28日(月)〜2021年1月4日(月)の期間を、
年末年始の休館日
とさせていただきます。
2021年は、1月5日(火)9時より開館いたします。

休館期間中、ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどお願いいたします。
詳しくは、下の画像もご覧ください(クリックで拡大します)。
nenmatunensi.jpg



★お知らせA
 2021年1月〜3月に開催の講座・イベント


★今だからやりたい!小さなアクション講座
・自分の興味あることや、コロナ禍で困ったことをもとに、自分なりのアクション を考える講座です。
・日時:
 (木曜コース)1月14日(木)・28日(木)19:00〜20:30
 (土曜コース)1月16日(土)・30日(土)10:30〜12:00
 ※両コースとも、同じ内容の2回連続講座です。
・詳細・お申込:https://www.tagasapo.org/news/detail.php?id=96
1 .jpg



★TSR〜Tagajo Sustainable Relationship〜2020

・今回3回目の開催。「誰一人取り残さない」地域を目指して、さまざまな社会の課題について知り、 考えるイベントです。
・日時:1/22(金)13:30〜16:30
 ※オンライン(Zoom)での開催です。
・詳細は、後日たがさぽのホームページに掲載されます。
SKM_C45820122715000.jpg


★データdeなにすや?! おらぃの町内会をきいてけさいん!
・地域分析の初歩を学び、今後の地域づくりを考える講座です。
・日時:1/23(土)18:00〜20:00
・詳細・お申込:https://www.tagasapo.org/news/detail.php?id=103
2 .jpg
Posted by わたなべ at 17:00 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽにゲームセンターが出現!? [2020年12月07日(Mon)]
こんにちは
スタッフのかついです

現在多賀城市市民活動サポートセンターでは、例年とはちがう形で「雑市」開催中です!チラシがスタンプラリー台紙になっており、3つ集めると何かが貰えるかも
そんな雑貨市真っ只中、たがさぽにゲームセンターが出現しました。

用意されているゲームはこちら…
目で見ないで触った感触で遊ぶゲーム
手話を学べるカルタ
自分のお気に入りを当ててもらうゲーム
たがさぽを探検するゲーム
本をつかったゲーム
防災を学べるゲーム
 など

今回「手話を学べるカルタ」で遊ぶ「色をあてるゲーム」が人気でした。

IMG_0069.JPG

スタッフが出したお題は「黒」。右手のひらで髪の毛を撫でる、が「黒」の手話です。目の前のテーブルに広がるカードから、その黒の手話をしているイラストカードを探します。
首を傾げていた参加者の小学生らでしたが、「自分の体にある黒いものって?」というスタッフからのヒントに「目の色?」「髪の毛?」と考え、髪を撫でるすがたのカルタを選んでいました。
他にも、「桃色」というお題に対して「桃色」から想像できるものを考えましたがピンとくるものは無く…スタッフから「桃色」の手話は果実の桃をイメージした手話というのを教えてもらい、なるほど!と声があがるシーンもありました。

小学生らはカルタを見て「小学校に盲導犬が来たときあいさつの手話を学んだ!」と、「こんにちは」を手話でやって見せてくれました。
学んだこと、どこかで見たことを遊びの中で復習ができるのはいいですね。

IMG_0007.JPG

こんなふうに、たがさぽゲームセンターはカードゲームやボードゲームを通してコミュニケーションや学びを体験することができます。

次回の開催は12月19日(土)の13:00〜16:00(予約不要・無料)です!
たがさぽ文庫に新しい本が入りました! [2020年10月19日(Mon)]
読書の秋・勉強の秋です。

っといいながら…そんなこんながあまり得意ではなかったスタッフおくむらです。


たがさぽ文庫は、みなさんの市民活動やNPO活動のヒントになるような図書を取り扱い貸出をしています。

先日、半期に一度の新刊が入りましたのでご案内です。


新刊文庫.jpg

一階情報サロン(受付)内で手に取っていただけます。


今回は、冊数は18冊と少ないながら、

市民活動/NPO全般ボランティアジェンダー/人権福祉/医療まちづくり・災害・ハウツー・絵本と分野も多岐にわたっています。


貸出は、利用者登録をしていただき2週間無料です。(身分証をご提示いただきます)

スタッフにお声がけくださいね。新刊の一例はこんなカンジ下指差し

向井理板.jpg

ジェンダー)おとめ六法  著/上谷さくら・岸本学 

福祉)悲しいけど、青空の日 親がこころの行基になった子どもたちへ 著/シュリン・ホーマイヤー


処方箋板.jpg

まちづくり)まちづくりプロジェクトの教科書 著/小地沢将之

災害)仙台・福住町方式 減災の処方箋 著/菅原康雄・三善亜矢子


などなど


耳小耳情報〜耳

今回は、新刊の隣に10/10ブログにてご紹介した現在映画化されて話題の【浅田家!】の主人公である浅田政志さんの「アルバムのチカラ」もピックアップ!  

アルバムのチカラ.jpg

コチラももちろん貸出可能です。
(実は話題になるず〜っと前から文庫にあるのです!)


たがさぽでは、現在館内の2階3階フリースペースに「マイクロ・ライブラリー」も展開しています。


借りてしっかり読み込むもよし!

来館のついでにさら〜っと館内で読むもよし!

目的を持って本を選んで読むもよし!  案外、何となく手に取った本にヒントがあったり‥。

いろいろ試してみてくださいね。   秋はまだまだこれから〜はっぱノート2(開)


| 次へ