• もっと見る
« 施設利用ご案内 | Main | スペシャル・リポート»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
本日より開館 今年もよろしくお願いいたします [2023年01月05日(Thu)]
多賀城市市民活動サポートセンターは、本日1月5日(木)9時より開館しております。


2022年は、コロナ禍が続く中ではありましたが、感染対策をしながらも集まる活動も再開する動きが多かったように思います。
当センターも活動の現場にお伺いする機会が増え、地域で活動する方同士をおつなぎするような相談が多く寄せられるようになってきました。


2023年、新たな年の始まりには、新たに何か活動を始めたいという相談が多く寄せられる時期です。
地域のイベントや活動の情報収集には、ぜひ当センターをご活用ください。

現在活動しているみなさんは、来年度の活動のこともそろそろ考える時期ではないでしょうか。
1・2月に活動のヒントになるような企画も予定していますので、ぜひご参加ください。

位置情報1/21(土)実施 NPOパワーアップ講座 届く、届ける情報発信 SNS活用講座

位置情報1/22(日)実施 自治会・町内会新聞シェア&困りごと解決相談会


2023年は当センター開館15周年を迎える年になります。
活動の現場で、センターで、みなさまにお会いできる機会が増えますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ一同

IMG_6058.jpg

雪もなく穏やかな初日です
2022年の開館は本日で終了です。今年もありがとうございました! [2022年12月27日(Tue)]
こんばんは!スタッフのわたなべです!!

2022年の開館は、本日21:30をもって終了となります。

今年はコロナ禍の中でも、過去2年と比べて多くの方にたがさぽをご利用いただくことができました。今後とも、感染対策をしっかりと行い、安心してご利用いただけるように心がけてまいりますので、皆さんのご協力もお願いいたします。
また、講座やイベント、活動相談などを通して多くの皆さんと場をともにできてとてもよかったです。得た気づき、学びをそれぞれのフィールドで活かしていただけると幸いです。


2022年を写真カメラで振り返ります。

1月 外国人技能実習生との交流〜正月遊び〜
IMG20220110111343.jpg

2月 NPOこれから塾
E3838FE38383E38394E383BCE38394E383BCE382B9.jpg

3月 防災 まちの掲示板
IMG_0106.JPG

4月 たがさぽ敷地内で咲く桜
IMG_0165.JPG

5月 NPOいちから塾
IMG_0333.JPG

6月 防災人ミーティング
IMG_0019.jpg

7月 TFLスペシャルトーク
IMG_0646.JPG

8月 雑貨市きっず講座
IMG_0761.jpg

9月 桜木保育所避難訓練
IMG_1139.JPG

10月 「tag」100号記念展示
IMG_0006-32323.JPG

11月 多賀城みんなの地域学 笠神編
IMG_1762.JPG

12月 たがさぽのクリスマス雑貨市
IMG_0175-e16c0.JPG


講座・イベントにご参加いただいたり運営にご協力いただいた皆さん、たがさぽをご利用いただいた皆さん、そして、地域で活動してきた皆さん、まことにありがとうございました!

2023年も引き続き、地域の皆さんがよりよい活動ができるようサポートを行っていきますので、お気軽にご相談ください。
また、関連してさまざまな講座やイベントも開催しますので、ぜひご参加ください。


皆さん、この一年間、ありがとうございました。
よいお年をお過ごしください。
そして2023年も、どうぞよろしくお願いいたします。


プレゼンテーション1.jpg



門松 門松 門松 門松 門松 門松 門松 門松 門松 門松 門松


年末年始に伴う休館についてのお知らせ

たがさぽは、
明日12月28日(水)〜2023年1月4日(水)
の期間を、年末年始に伴う休館日
とさせていただきます。
2023年は、1月5日(木)9時より開館いたします。

休館期間中、ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどお願いいたします。
詳しくは、こちらの記事もご覧ください。
たがさぽPress「年末年始の休館日のお知らせ」(2022/12/9)
Posted by わたなべ at 18:50 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽのクリスマス雑貨市@ボランティア活動編 [2022年12月15日(Thu)]

こんにちは。


スタッフのさいじょうです。


12/4(日)たがさぽのクリスマス雑貨市。

たくさんの方々のご協力、そしてご来場をいただき、無事に笑顔で終えることができました!



雑貨市が終わると、1年の終わりを感じます・・・

(あっという間ですね)


さて、雑貨市にご来場いただいた方は目にしたと思いますが、館内のにぎやかな装飾は


前日にボランティアの方々にご協力いただいたものです。雑貨市には、出展団体のほか、毎年たくさんのボランティアに支えられています。

今年は14人のボランティアが前日の準備と当日活躍していただきました!


そこで本日は、前日準備の様子をお伝えしたいと思います。


14時からスタートした、装飾や机の移動、


IMG_0027.JPG


会議室のホワイトボードには、マスキングテープや丸く切った紙でクリスマスツリーをつくり、大きくイラストを描いていただきました。


IMG_7876.jpg


存在感を隠しひっそりと(?)たたずんでいた、ホワイトボードが!こんなにかわいいイラストで飾られましたぴかぴか(新しい)


IMG_0020.JPG

こちらのホワイトボードも、力強い文字で飾られていきますぴかぴか(新しい)




IMG_0040.JPG

みんなで風船をふくらまして、


IMG_0038.JPG

天井には高いところが得意な方が取り付けをしてくれました。




入口では、クリスマスツリーを飾り付け。

IMG_0006.JPG


雪化粧のツリークリスマスかわいくて思わず写真を撮ってしまいますね



IMG_0002.JPG

こちらはたがさぽちゃんのあみぐるみ!たがさぽちゃんツリークリスマスです!




画像を取り忘れてしまったのですが、廊下や階段の細かな装飾。

外のフラッグも(強風で外れてしまいましたがたらーっ(汗))、ボランティアのみなさんが雑貨市当日のために一生懸命飾ってくれました。


image0.jpeg

ターポリンの設置もご協力いただきました!




昨年に続いて参加された方、今日がはじめてのボランティアです!という方もいらっしゃいました。東北学院大学の学生さんも前日からボランティアに来てくれました。

みなさん、明日もあるのに疲れないだろうかと思っていたのですが「楽しい!」という声もあり、私たちも元気をもらいました。



たくさんの出展団体みなさん、ボランティアのみなさん、そして市内外から来場していただいたみなさんのおかげで、雑貨市は盛り上がりました。


当日の様子は後日お伝えしますね!


たがさぽでは、「何かしたい」「ボランティアしたい」方のための情報もあります!ボランティアしたい人はご相談もお受けしておりますので、たがさぽにお越しください!
多賀城将棋ラボ「多賀城秋季将棋大会」に参加してきました! [2022年11月29日(Tue)]
こんにちは!スタッフのわたなべです!!

以前、多賀城将棋ラボ「多賀城春季将棋大会」のレポートを掲載しましたが、このたび11/3(木・祝)に開催された「多賀城秋季将棋大会」に参加してきましたので、その様子をお送りします。

多賀城将棋ラボは、8年前の文化の日(11/3)に活動を開始したとのことで、毎年この日に大会を実施しています。
今回は小学生からベテランの方まで、62名が参加。持ち時間15分(切れたら一手30秒)制で、ひとり5局指します。

朝10時過ぎ、初戦の組み合わせが発表され席に着き、プログラムやルールの説明を経て対局開始。開会前のザワザワした雰囲気が一変して、響くのは駒を動かす音と対局時計の音のみ。対局相手をはじめ、周りの参加者の表情は真剣そのものです。私は、普段はオンラインで将棋を指しているので、目の前に相手がいての対局は5月以来。同じ将棋でも、対面だと相手の様子もうかがえていいなあと思いながら指し進めました。

やがて終局し(結果は言うまい)、早めに終わったので他の対局を見たり、近くにいた小学生と練習将棋を指したり、インターネットTVの中継を見たりしていました。

taikai221103.jpeg
対局の様子。午前中は2局指した(写真提供:多賀城将棋ラボ)


午後からは、今回のゲスト・室谷由紀女流三段が登場。多賀城に来るのは、2012年に開催された「ねんりんピック宮城・仙台2012」以来10年ぶりだそうです。
まずは、朝に出題されていた「次の一手クイズ」の解説と解答の発表です。室谷女流三段の実戦譜をアレンジしてつくられたクイズは、3択でもとても悩みましたが…、正解できてよかったです。

kaisetsu221103.jpeg
室谷女流三段による「次の一手クイズ」の解説(写真提供:多賀城将棋ラボ)


その後、対局が再開し、4局目は大熱戦となりました。私が攻勢で、もう少しで相手の「玉」を詰ます(つまり、勝利)ところまで行ったと思うのですが、そこから相手が粘りに粘り、長期戦に。周りでは5局目が始まってしまいましたがまだ終わりません。結局、私の攻め手がなくなり、負けとなりました…残念!

気を取り直して最終5局目となるところですが、実は室谷女流三段による指導対局を申し込んでいたのでした。下の写真のような三面指し(いっぺんに3人と指す)で、ほかの二人はすでに対局が始まっていました。
隣の小学生は駒落ち(室谷女流三段が駒をいくつか使わないハンディ戦)でしたが、私は4局目が終わってすぐでパタパタしていたこともあり、平手(ハンディのない対局)で指すことになりました。これまでの対局とは違った緊張感の中、ところどころで室谷女流三段からアドバイスをいただきつつ指し進め、何と勝たせてもらうことができました。
指導対局もプロの方との対局も初めてでしたが、ていねいに教えていただき、何か少し実力アップした感じがしました。

shidou221103.jpeg
室谷女流三段による指導対局(写真提供:多賀城将棋ラボ)


こうして大会は終了。前回に続き、とても楽しかったです。
多賀城将棋ラボでは、今後も大会などを実施していくそうですので、興味がありましたらぜひご参加ください。詳しい情報は、こちらからご覧ください。

多賀城将棋ラボ
http://tagasho.blogspot.com/




また多賀城将棋ラボでは、宮城・岩手・福島の沿岸地域で交流人口拡大と地域活性化を目的とした将棋イベントを開催するためにクラウドファンディングを始めています。興味のある方、応援したい方はぜひご覧ください。

東北地域沿岸地域での将棋イベントプロジェクト
https://readyfor.jp/projects/shogiproject23

(「READYFOR」のページへ)
続きを読む・・・
Posted by わたなべ at 12:30 | たがさぽ日記 | この記事のURL | トラックバック(0)
紅葉も見納め!冬の足音もすぐそこまで。もうすぐたがさぽのクリスマス雑貨市です [2022年11月21日(Mon)]
こんにちは。スタッフの小林です。


たがさぽ敷地内の鈴懸の木の葉が色づいたと思ったら,あっという間に葉っぱが少なくなってきています。冬が近づいていることを実感しますね〜。


IMG_0009.JPG

11月20日の様子。楓とのコントラスト、美しいですね


月曜日はたがさぽの日常をお届けしています。

さて、12月4日(日)は今年10年目を迎えるたがさぽのクリスマス雑貨市を開催します。11月3日からブログやInstagramでたがさぽのクリスマス雑貨市に出展する団体を少しずつ紹介しているところです。今年初出展の団体や、3年ぶりに多賀城名物やかもち鍋の販売も予定されていて、ワクワクしますね。11月19日には出展する団体やボランティアに参加する方などが集まり顔合わせの決起大会が行われ、館内はクリスマス雑貨市に向けてスタッフの気持ちも盛り上がってきています。

クリスマスこちらからもチェックお願いします

↓  ↓  ↓

ブログ

Instagram



IMG_0024.JPG

クリスマスツリーとともにたがさぽちゃんがお出迎え



雑貨市に先立って、たがさぽ1Fエントランスでは寄付ボックスを設置しております。集まった食料品などはNPO法人いのちのパンに寄贈します。今日現在みなさまからたくさんのご寄付をいただいています。2023年1月31日まで設置していますので、ご家庭に眠っているものがありましたらご協力よろしくお願いします。


IMG_0021.JPG

毎年この時期になると寄付Boxのお問い合わせが増えるんです


2階のフリースペースではたがさぽの情報誌tagの展示を行っています。tagは10月に記念すべき100号を迎えました。11月末まで展示していますのでどうぞご覧ください。壁一面に掲示している様子は圧巻です!なお、多賀城市役所1階ロビーでも11月25日(金)まで展示していますので、市役所にお立ち寄りの際はぜひご覧いただき感想などお寄せいただけますとうれしいです。


IMG_0026.JPG

創刊号から100号までずらりと並んでいます。


ひまわりお ま けひまわり

たがさぽの外の花壇に植えた「あいりちゃんⓇ」(フランスギク)。春には満開でしたが寒さが進むこの時期でもいくつか花が咲いていました。

IMG_0013.JPG

健気に咲いています。なんだかほっこりしますね



クリスマスたがさぽのクリスマス雑貨市クリスマス
12月4日(日)10:30〜15:00開催します!
みなさんのお越しをお待ちしておりますサンタ

続きを読む・・・
Taga懇「多賀城未来の懇談会」 [2022年10月18日(Tue)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

多賀城市が今年度から実施しているTaga懇「多賀城未来の懇談会」
市民のみなさんと市長とが一緒に多賀城の未来を考える懇談会で、小学校区ごとに行われています。懇談会を通してまちの情報を共有し、一緒にまちづくりを進めていけるようにと企画されています。

市民活動サポートセンターは、市民活動や地域活動に取り組むみなさんを応援したり、市民・企業・行政などさまざまな機関が連携してまちづくりを進める応援をしていることから、懇談会の進行役を務めています。
IMG_0004.JPG

第1回のようす


多賀城創建1300年をテーマに、これまで3回の懇談が行われました。

多賀城創建1300年でどんな事業が行われるのか、史跡を活かした市民活動の情報や、多賀城のことを発信していくアイデアなど、参加者のみなさんからさまざまな視点で意見が出されていきます。
長年多賀城にお住まいの方はもちろん、引っ越してきた方、多賀城で働く方、そして幅広い年代の方が参加されています。
これまでの懇談で話された内容は、下記ウェブサイトに記録が掲載されています。
IMG_0019.JPG

出た意見をホワイトボードに書き出しながら進めていきます


現在、10月30日(日)実施の第4回の参加者を募集しているとのことです。
いろいろな人のアイデアが聞ける、市長と直接話せる機会ですので、参加してみてはいかがでしょうか。

詳しくは
https://www.city.tagajo.miyagi.jp/koho/shise/kocho/tagakon/index.html
東北学院工学部講義でお話してきました [2022年10月14日(Fri)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

道路をはさんで当センターの西側にある東北学院大学工学部。
今年度もお声がけをいただきまして、講義で市民活動についてお話をさせていただく機会をいただきました。
今日はその様子をお伝えします。

お話させていただいたのは、地域教育科目「地域の課題U(地域課題版)」
地域社会が抱える諸問題の発見、調査、解決策生成までのプロセスを、地域コミュニティに着目して学ぶことがテーマで、地域連携センターの石塚特任准教授が担当されている講義になります。

10月3日(月)第3回講義におじゃましました。
この日のテーマは「地域の概要説明から、対象地域の問題への理解を深める」

多賀城市地域コミュニティ課から、自治会・町内会の取り組みや困りごとについてのレクチャーに続いて、当センターからは、多賀城で活動する団体を紹介しながら、市民活動団体の特徴をお話し、市民活動サポートセンターの取り組みの紹介と、活用術をお伝えしました。

20221023_地域の課題_3.jpg

▲この日は8人の学生が受講

学生たちからは、
・町内会に入るメリットって何ですか?
・海外と交流するような活動はありますか?
など、率直な質問もありました。

講義では今後、地域の問題を整理し、仮設を立て、地域の方へのインタビューを実施。問題解決のアイデアを出していき、1月には成果報告の機会も予定されているそうです。

学生たちが地域のどんなことに注目して、どんな解決のアイデアを考えるのか、楽しみですね。
【河北新報夕刊掲載】多賀城の保育園、NPO、郵便局… 連携して守る子の命 [2022年09月13日(Tue)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

たがさぽの運営をしている特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターでは、河北新報社との協働企画として、同紙夕刊の月曜日に掲載される「志民の輪」という記事の企画編集を隔週で担当しています。
この記事では、NPOの活動紹介のほか、発行時期に合わせたトピックや地域課題を広く市民のみなさんにお知らせしています。

昨日9月12日(月)は、多賀城の取り組みを紹介しています。
NPO、事業所、自治会、行政などが連携して行われている防災の取り組みを、ぜひお読みください。河北新報オンラインニュースで読むことができます。

<とびらを開く>多賀城の保育園、NPO、郵便局… 連携して守る子の命
 https://kahoku.news/articles/20220912khn000015.html

志民の輪 バックナンバー
 https://kahoku.news/tag/%E5%BF%97%E6%B0%91%E3%81%AE%E8%BC%AA
旅するぬいぐるみ [2022年09月05日(Mon)]

こんにちは。スタッフの浅野です。毎週月曜日はたがさぽの日常をご紹介しています。


いつも入口で私たちをお出迎えしてくれる

たがさぽのマスコットキャラクターたがさぽちゃん❣

実はお出かけが大好きで、今年の夏もスタッフと市内のいろいろな場所に遊びに行ったようです。





P_20220815_143555.jpg

(市内の新しいお店のスイーツをいち早くチェック!)



P_20220820_142423.jpg

(留ヶ谷にある野田の玉川のほとりで涼みました〜)



コロナ禍で旅行やお出かけを延期した、自分の時間がない、健康に不安があるなど、いろいろな理由で外出を控えている方も多いのではないでしょうか。


そのような方にお勧めしたいのが

NPO法人日本ぬいぐるみ協会“ぬいぐるみの旅”です。


ぬいぐるみの旅は、外出が難しい方にも旅行気分を楽しんでもらおうと、自分の代わりにお持ちのぬいぐるみに旅をさせて、バーチャルな旅を提供する社会貢献事業です。国内外にいるホストファミリーがぬいぐるみを預かって観光地に連れて行き、ぬいぐるみが観光名所を訪ねているようなアングルで写真を撮ってくれます。


例えば…

行ったことのない地方のツアーに参加したり

神社仏閣を回ってご利益を持ち帰ったり

なつかしい思い出の地を巡ったり


さまざまな用途で依頼ができます(*^-^*)


ぬいぐるみを預かるホストファミリーは元々写真が好きだったり、海外へよく行ったりする方たちです。誰かの役に立ちたいという想いで協力しているご家庭が多く、写真と一緒にエピソードやメッセージを添えたパンフレットを送ってくれるホストさんもいるそうです。


持ち主にとって、ぬいぐるみは単なるぬいぐるみではなく、病気などで遠出できない自分の分身、亡くなった人の代わり、小さい頃から一緒に暮らしてきた家族という場合もあります。

自分の分身が自由に旅をして、観光したり、ご当地グルメを楽しんだりする姿を見ることで、「私も早く元気になって同じ場所を旅したいという希望がわいてきた」と利用した方たちから感想が寄せられているそうです。

旅を終えて帰ってきたぬいぐるみを「おかえりなさい」と優しくねぎらい、思い出のつまった写真を一緒に見ることで、一層愛着のあるぬいぐるみになりますね。



たがさぽちゃんに「旅をするならどこに行きたい?」と尋ねると

「奈良市と太宰府市と天童市に行きたい❣」とのことで、電車を乗り継いで

多賀城市の友好都市に行くのが夢と語っていました。


たがさぽちゃんと一緒に古都の豊かな自然と歴史遺産を巡る旅に行けたらステキですね〜❣温泉に入ったり、特産品を食べたり、制限なく自由に活動できる日常がまた戻ってくる日を楽しみにしています



76f48b756b8b35c82f0fe7635e21e39b.png

NPO法人日本ぬいぐるみ協会 

HP

Facebook

Twitter



Posted by 浅野 at 10:00 | たがさぽ日記 | この記事のURL
こんなことにも取り組んでいます−地域福祉計画策定委員 [2022年08月22日(Mon)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

今日は喜ばしいニュースがありますね。
仙台育英の夏の甲子園優勝おめでとうございますぴかぴか(新しい)
(野球部は多賀城校舎グラウンドが拠点なのです野球


さて、毎週月曜日は、たがさぽの日常のようすなどをお伝えしています。


当センターは「もっとまちをよくしたい」「地域にある困りごとを解決したい」という想いをもって、地域でさまざまな活動に取り組む市民のみなさんを応援する拠点施設です。
また、これからの地域づくりに欠かせない、市民・企業・行政などの協働のまちづくりを進めていくことも目的としています。

地域でさまざまな活動に取り組むNPO、自治会・町内会などの情報を知っていること、協働を進めていこうとしていることから、市などが行う仕事の方針や目標が書かれている計画を検討する委員会に参加させていただくことがあります。

その一つに、多賀城市社会福祉協議会による「多賀城市地域福祉活動計画」があります。
多賀城市が定める総合的な計画である「地域福祉計画」の方針等に連動しながら、地域福祉を実践する地域住民・活動者・事業者等が連携し、支え合いながら、だれもが安心して暮らせるまちづくりに向けた、具体的な計画が「地域福祉活動計画」になります。
(令和2年度に行われた地域福祉活動計画策定委員会の委員を務めさせていただきました)

多賀城市社会福祉協議会「多賀城市地域福祉活動計画」
http://tagajo-shakyo.jp/publics/index/80/&anchor_link=page80#page80

*参考
多賀城市「多賀城市地域福祉計画」
https://www.city.tagajo.miyagi.jp/fukushi/shise/shisaku/kekaku/chiiki/kekaku.html


この計画は、令和3年度〜7年度までの5年間の計画になっており、住民同士がお互いに支え合える地域をめざすところや、ボランティアなどの地域を担う人づくりを行うところが、当センターとも共通点があるところです。

実際に社会福祉協議会の職員の方には、今年度、NPOいちから塾でボランティアに関してお話いただいたり、地域のさまざまな主体のみなさんと連携して進めている防災の取り組みにご参加いただいたりと、協力し合いながら多賀城の地域づくりを進めています。


多賀城市地域福祉活動計画は当センター内で閲覧できるほか、概要版の配布を行っています。
Posted by nakatsu at 18:00 | たがさぽ日記 | この記事のURL
| 次へ