• もっと見る
« イノベーション・プロジェクト | Main | 団体紹介»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
私の視点で意見を届けよう(募集中のパブリックコメント) [2022年12月10日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。
本日2度目の更新です。


多賀城市では、2021年度からの10年間の新しいまちの将来の姿を描き、その実現のための行動計画である総合計画と、それに基づいて各分野の具体的な計画づくりが進んでいます。

計画づくりには、それぞれのまちで生活する市民の意見は欠かすことができません
具体的な計画案ができてきたところで行われるのがパブリックコメントの募集です。

多賀城市では現在、以下の計画への意見募集が行われています。


◎多賀城市地域防災計画の修正素案

「多賀城市地域防災計画」は、災害対策基本法に基づく計画で、市域の保全を図り、各種災害から市民の生命と財産を守るため、行政と市民、事業者など関係団体が一体となり、それぞれの持つ能力を発揮し、相互に連携しながら地域防災力を高めることを目指すもの。

※参考
現在の地域防災計画(多賀城市ホームページ)
https://www.city.tagajo.miyagi.jp/bosai/shise/shisaku/kekaku/chikibosai.html
災害対策基本法(内閣府ホームページ)
https://www.bousai.go.jp/taisaku/kihonhou/index.html

●募集期間:12月5日(月)〜12月19日(月)17時まで(必着)

●提出方法:決められた様式を使って、ホームページのお問い合わせフォーム・E-mail・郵送・FAXのいずれかで。

詳しくは市ホームページ
https://www.city.tagajo.miyagi.jp/bosai/shise/kocho/p-comment/keikaku-comment.html


ひらめき今年発表された新たな津波浸水想定、新型コロナウイルス感染予防対策、配慮が必要な方への対応などの視点がポイントとなりそうです。
素案は、現在の計画と修正を加えた新しい計画(案)が並んでいて、対比しながら読むことができ、どこが修正されようとしているのかがわかりやすく示されています。


★パブリックコメントとは

私たちは、行政、企業、そして市民(自治会・町内会による地域活動や、NPOによる市民活動)のそれぞれの活動のもとに暮らしています。

国や県、市の取り組みや制度が「いつの間にか知らないうちに決まっている」と思うことはありませんか?
例えば、介護、子育て、まち並み、将来のまちの姿…
私たちの暮らしに直接関わることに、自分の思いや考えを伝える方法のひとつに「パブリックコメント」があります。

パブリックコメントとは、行政が制度などを決めるときに、ひろく意見を聞き、その結果を反映させることで、よりよい取り組みをめざすものです。
Posted by nakatsu at 10:26 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
城南小学校の小学生が古代米の田植えを体験、見学させてもらいました! [2022年05月27日(Fri)]

こんにちは。スタッフの金子です。

本日の雨は風も強くて、どうなることか不安でしたが、今は快晴!

とても気持ちのいい天気になりました晴れ


昨日は城南小学校5年生の児童のみなさんが古代米の田植えを体験するところを見学させていただきました。古代米の稲作体験をとおして、多賀城の歴史文化や伝統的な食文化、多賀城の歴史を学ぶことを目的に総合学習の時間で行われました。


みそらの郷の加藤さんに教えていただきながら当日は多賀城市観光協会や多くのみなさんの協力のもと児童のみなさんが楽しく体験することができました。

みそらの郷HP


IMG_0260.JPG


南門付近の西側の田んぼですが、遺跡を守るために田んぼとして活用して遺跡を保存しているとのことです。

古代米田んぼプロジェクト|多賀城市観光協会 (tagakan.jp)


児童のみなさんも多賀城の古代米に触れる機会を持てたこと、お友だちと一緒に田植えをしたこと、田んぼに入って土を体感したこと、泥だらけになりながらもとても貴重な体験になったと思います。「楽しかった!」との声がたくさん聞こえてきました。


さて、5月29日(日)には「歴史と多賀城カレー市」があります。

このイベントでは南門の前で南門西側で収穫した古代米のカレーを食べることができます!まだ古代米を食べたことがない人もすでに古代米のファンの方もぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

多賀城歴史倶楽部の高倉さんによる歴史講話「多賀城南門とは?」もあります。


「創建1300年記念 歴史と多賀城カレー市」

日 時:2022年5月29日(日)11:00〜16:00

場 所:多賀城中央公園広場(多賀城市市川)

主 催:歴史と多賀城カレー市実行委員会

後 援:多賀城市、多賀城市観光協会

協 力:多賀城自由大学カレー学部

問合せ:022-368-1141(多賀城市企画経営部 市民文化創造課 交流観光係)


詳細はチラシをご覧ください。


SKM_C45822052717540.jpg


SKM_C45822052717541.jpg

Posted by 金子 at 17:51 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
「みやぎNPO情報ネット」利用者アンケート実施のお知らせ [2022年03月31日(Thu)]
こんばんは!スタッフのわたなべです!!
本日2回目の更新です。

皆さんは、「みやぎNPO情報ネット」を見たことはありますか?
NPOの団体情報、イベント情報やスタッフ・ボランティア募集、また助成金やみやぎNPOプラザで実施する講座などNPOの運営に役立つ情報を掲載しています。たがさぽも、主に講座やイベントの告知でお世話になっています。
見たことないという方は、ぜひこの機会に見てみてください。
↓ ↓
みやぎNPO情報ネット

そして、「みやぎNPO情報ネット」では、現在利用者アンケートを実施中です。サイトをより良いものにしていく参考にしていくそうですので、ぜひご協力ください。


 ↓アンケートはこちらから↓
みやぎNPO情報ネット利用者アンケート
(「みやぎ電子申請サービス」のサイトに飛びます)

Posted by わたなべ at 18:00 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
3/16発生の地震に伴う、宮城県内での災害ボランティアセンターなどの活動状況について【3/31(木)12:00現在】 [2022年03月31日(Thu)]
【3/31(木)12:00現在】※この記事は、随時更新していきます。

こんにちは。スタッフ渡辺です。

3/16に福島県沖で発生した地震において被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
各市町で開設されている災害ボランティアセンターなどの、現時点での活動状況をお知らせします。


●宮城県災害ボランティアセンター
 https://svc.miyagi.jp/group.php?gid=10131

(県全体の動きはこちらからご覧ください)

○白石市
・ボランティア受付中(活動希望日の前日までにお申し込みください)
・申し込みなど詳細は、以下のページをご覧ください。
 白石市社会福祉協議会ウェブページ
 https://shiroishi-shakyo.jp/?p=1288
 白石市社会福祉協議会Facebookページ → ★★★

○角田市
・現在ボランティア受付中(角田市在住の方に限ります)
・活動は3/21(月・祝)以降
・申し込みなど詳細は、角田市社会福祉協議会のウェブページをご覧ください。
 http://kakuda-shakyo.net/publics/index/19/

○山元町
・ボランティアは事前登録制となります。
 (3/28に、登録をいったん終了しました)
・お問合せなど詳細は、山元町災害ボランティアセンターのFacebookページをご覧ください。
 ★こちらをクリックしてください。 → ★★★


○その他の市町村については、現時点では開設は予定されておらず、通常のボランティアでの対応となります。下記のようにお知らせが出ている所もありますが、詳細はお住まいの市町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。
・登米市社会福祉協議会
「3.16福島県沖を震源とする地震被害によるボランティア支援について」
・美里町社会福祉協議会
「宮城県美里町おたすけボランティア登録者募集!」
・東松島市社会福祉協議会
「福島県沖を震源とする地震被害による片付けボランティアについて」
・石巻市社会福祉協議会
「ボランティアセンターによる地震被害家財の片付け支援について」



★ボランティア活動における注意点
・活動に際しては、食料・飲み物、資材類などはご自身でお持ちください。また、無理はしないでください。
・事前にお住まいの市町村の社会福祉協議会ボランティア保険にご加入ください。
・状況は日々変化します。行動を起こす前に必ず各市町村や社会福祉協議会、災害ボランティアセンターの公式ウェブサイトやSNSをご確認いただくようお願いいたします。職員の皆さんの業務の妨げになる場合もありますので、電話でのお問い合わせは極力お控えください。
・災害ボランティアへの参加に際しては、こちらの資料もぜひお読みください。
 認定NPO法人レスキューストックヤード「災害ボラの予備知識」
 https://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html
Posted by わたなべ at 15:23 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
3/16発生の地震に伴う、宮城県内での災害ボランティアセンター開設について【3/22(火)19:00現在】 [2022年03月20日(Sun)]
※3/31(木)に、新たに記事を作成しました。最新情報はこちらをご覧ください。
https://blog.canpan.info/tagasapo/archive/3172


おはようございます。スタッフ渡辺です。

3/16に福島県沖で発生した地震において被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
地震による被害を受けて、宮城県内の市町村でも災害ボランティアセンター開設の動きが出てきております。現時点での状況をお知らせします。


●宮城県災害ボランティアセンター
 https://svc.miyagi.jp/group.php?gid=10131

(県全体の動きはこちらからご覧ください)

○白石市
・ボランティア受付開始
・申し込みなど詳細は、以下のページをご覧ください。
 白石市社会福祉協議会ウェブページ
 https://shiroishi-shakyo.jp/?p=1288
 白石市社会福祉協議会Facebookページ → ★★★

○角田市
・現在ボランティア受付中(角田市在住の方に限ります)
・活動は3/21(月・祝)以降
・申し込みなど詳細は、角田市社会福祉協議会のウェブページをご覧ください。
 http://kakuda-shakyo.net/publics/index/19/

○山元町
・災害ボランティアセンターの設置が決定し、現在準備中。
・ボランティアは事前登録制となります。
・お問合せなど詳細は、山元町災害ボランティアセンターのFacebookページをご覧ください。
 ★こちらをクリックしてください。 → ★★★


○その他の市町村については、現時点では開設は予定されておらず、通常のボランティアでの対応となります。下記のようにお知らせが出ている所もありますが、詳細はお住まいの市町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。
・登米市社会福祉協議会
「3.16福島県沖を震源とする地震被害によるボランティア支援について」
・美里町社会福祉協議会
「宮城県美里町おたすけボランティア登録者募集!」
・東松島市社会福祉協議会
「福島県沖を震源とする地震被害による片付けボランティアについて」



★ボランティア活動における注意点
・活動に際しては、食料・飲み物、資材類などはご自身でお持ちください。また、無理はしないでください。
・事前にお住まいの市町村の社会福祉協議会ボランティア保険にご加入ください。
・状況は日々変化します。行動を起こす前に必ず各市町村や社会福祉協議会、災害ボランティアセンターの公式ウェブサイトやSNSをご確認いただくようお願いいたします。職員の皆さんの業務の妨げになる場合もありますので、電話でのお問い合わせは極力お控えください。
・災害ボランティアへの参加に際しては、こちらの資料もぜひお読みください。
 認定NPO法人レスキューストックヤード「災害ボラの予備知識」
 https://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

続きを読む・・・
Posted by わたなべ at 09:00 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
たがさぽホームページが復旧しました [2021年10月28日(Thu)]
おはようございます。

10月27日(水)の午後から、不具合によりたがさぽ公式ホームページが閲覧できない状況となっておりましたが、復旧し閲覧可能となりました。ご不便をおかけいたしました。
引き続き、よろしくお願いいたします。

たがさぽ公式ホームページ
Posted by わたなべ at 08:00 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
ただいま公式ホームページが閲覧できなくなっております [2021年10月27日(Wed)]

ただいま、たがさぽの公式ホームページが見られない状態になっております。
たがさぽからの情報はこのブログか、ツイッターからご覧ください。


ご不便をおかけしますが、回復するまでお待ちください。
Posted by 勝井 at 17:27 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
青森県大雨被害支援と備えの情報 [2021年08月13日(Fri)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

台風第9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨により、青森県内で被害が発生しました。
今日8月13日現在も、断水や孤立が続いているようです。
被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。


新聞やテレビを見て、災害ボランティアを考える方もいらっしゃるかもしれませんが、被災地域の社会福祉協議会では被害状況の確認やニーズの調査などを進めているとのこと。詳細がわかり次第、Facebook等で告知するそうです。

◎青森県ボランティア・市民活動センター
 https://www.facebook.com/aomorivc/
◎全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
 https://www.saigaivc.com/


今すぐ何か役に立ちたいという方には、被災された方に対する義援金や、被災地で支援活動を行う団体への支援金という方法があります。
現時点では、被災した自治体への寄付の募集が始まっています。

●ふるさとチョイス 災害支援
 https://www.furusato-tax.jp/saigai/filter?category_id[]=1171
●さとふる 令和3年8月台風・豪雨被害 緊急支援寄付
 https://www.satofull.jp/static/oenkifu/202108_typhoon.php

※被災地の状況は変化します。支援する際は、最新の情報の確認をお願いいたします。



全国的に大雨による被害が発生しています。
私たちに今できることに、災害に備えることがあります。

特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)のウェブサイトでは、これまでの災害支援の経験から支援団体や民間企業がまとめたノウハウ集が公開されています。
http://jvoad.jp/

右向き三角1【コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド】大雨・台風への備え
 http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2021/06/52eba60715a8d7870cf0bbdfd34c96e1.pdf
 大雨・台風が来る前から確認できること、発生中に気をつけること、また災害が発生した際の避難所や車中泊などで気をつけることをまとめられている。

右向き三角1#Twitter防災
 http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2021/03/f93a517581f1ac2e00e14bfba0354a66.pdf
 災害時にTwitterを活用して有効に情報収集できるように、事前にできることがまとめられている。

右向き三角1【コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド】水害にあったら まず行うこと
 http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2021/06/suigai_01.pdf

右向き三角1【コロナ禍でもすぐできる!防災アクションガイド】水害にあったら お金や住まいの支援
 http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2021/06/suigai_02.pdf

イラスト入りでわかりやすく、コロナ禍にも対応した情報になっています。


夏休みやお盆休みで、ご家族が顔を合わせる機会も増える時期に、今一度確認してみませんか。
Posted by nakatsu at 19:58 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
私の視点で意見を届けよう(募集中のパブリックコメント) [2021年03月05日(Fri)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。


多賀城市では、2021年度からの10年間の新しいまちの将来の姿を描き、その実現のための行動計画である総合計画と、それに基づいて各分野の具体的な計画づくりが進んでいます。

計画づくりには、それぞれのまちで生活する市民の意見は欠かすことができません
具体的な計画案ができてきたところで行われるのがパブリックコメントの募集です。

多賀城市では現在、以下の計画への意見募集が行われています。


◎第三次多賀城市立図書館基本計画

第二次基本計画の実現のために、2016年3月JR仙石線多賀城駅前に新築移転した市立図書館。移転後初めて立てられる第三次基本計画は、2021年度からの10年間の計画。ICT社会が進む中、また社会の状況の変化の中での、図書館のあり方、具体的な取り組みについて書かれている。現在の図書館の利用状況がわかるデータも掲載。


◎第四次多賀城市子ども読書活動推進計画

すべての子どもがあらゆる機会と場所で、自主的に読書できる環境を整えるための、2021年度から5年間の計画。家庭、学校、図書館など、さまざまな場面での取り組みが書かれている。多賀城の子どもたち(中学生まで)がどれぐらい本を読んでいるのかに関するデータも掲載。


どちらも
●募集期間:3月5日(金)〜3月16日(火)まで
●対象:市内にお住まいの方、市内に通勤・通学している人
●提出方法:決められた様式を使って、意見募集入力フォーム・E-mail・郵送・FAX・持参のいずれかで。

詳しくは市ホームページ
https://www.city.tagajo.miyagi.jp/gakushu/publiccomment/tosyokankeikaku.html


以前このブログでもご紹介した
第2期多賀城市教育振興基本計画(案)についての意見募集の結果はこちら



★パブリックコメントとは

私たちは、行政、企業、そして市民(自治会・町内会による地域活動や、NPOによる市民活動)のそれぞれの活動のもとに暮らしています。

国や県、市の取り組みや制度が「いつの間にか知らないうちに決まっている」と思うことはありませんか?
例えば、介護、子育て、まち並み、将来のまちの姿…
私たちの暮らしに直接関わることに、自分の思いや考えを伝える方法のひとつに「パブリックコメント」があります。

パブリックコメントとは、行政が制度などを決めるときに、ひろく意見を聞き、その結果を反映させることで、よりよい取り組みをめざすものです。
Posted by nakatsu at 13:31 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
私の視点で意見を届けよう(募集中のパブリックコメント) [2021年02月23日(Tue)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。


多賀城市では、2021年度からの10年間の新しいまちの将来の姿を描き、その実現のための行動計画である総合計画と、それに基づいて各分野の具体的な計画づくりが進んでいます。

計画づくりには、それぞれのまちで生活する市民の意見は欠かすことができません。
具体的な計画案ができてきたところで行われるのがパブリックコメントの募集です。

多賀城市では現在、以下の計画への意見募集が行われています。


◎第2期多賀城市教育振興基本計画(案)

グローバル化、ICTの普及、コロナ禍による格差の拡大が進む中での、学校教育、生涯学習、文化財保護などに関する5年間の計画。地域との連携による取り組み等も明記されている。
お子さんがいるご家庭、学び続けたいと思っている大人の方も、計画を読んでみてはいかがでしょうか。

●募集期間:2月12日(金)〜2月26日(金)まで
●対象:市内にお住まいの方、市内に通勤・通学している人
●提出方法:決められた様式を使って、意見募集入力フォーム・E-mail・郵送・FAX・持参のいずれかで。

詳しくは市ホームページ
https://www.city.tagajo.miyagi.jp/kyoiku/shise/p-comment/sinkoukihonkeikaku2.html


第2次多賀城市空家等対策計画(案)についての意見募集の結果はこちら
多賀城市国土強靭化地域計画素案についての意見募集の結果はこちら


★パブリックコメントとは

私たちは、行政、企業、そして市民(自治会・町内会による地域活動や、NPOによる市民活動)のそれぞれの活動のもとに暮らしています。

国や県、市の取り組みや制度が「いつの間にか知らないうちに決まっている」と思うことはありませんか?
例えば、介護、子育て、まち並み、将来のまちの姿…
私たちの暮らしに直接関わることに、自分の思いや考えを伝える方法のひとつに「パブリックコメント」があります。

パブリックコメントとは、行政が制度などを決めるときに、ひろく意見を聞き、その結果を反映させることで、よりよい取り組みをめざすものです。
Posted by nakatsu at 11:00 | その他 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ