CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 相談対応 | Main | イノベーション・プロジェクト»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
赤い羽根子どもと家族の緊急支援全国キャンペーン [2020年11月21日(Sat)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。


毎週土曜日は、市民活動に役立つ情報をお届けします。

無題.jpg



赤い羽根共同募金は、毎年12月に実施されている歳末たすけあい募金の他、さまざまな募金活動を行っています。赤い羽根共同募金は、戦後間もなく市民が主体の民間運動として始まりました。社会の変化のなか、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として、取り組まれています。

本日ご案内するのは、

『赤い羽根子どもと家族の緊急支援全国キャンペーン』の助成金情報です。

宮城県共同募金会では、全国の共同募金会ならびに中央共同募金会とともにこのキャンペーンを協働実施しています。

この全国キャンペーンは、新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言等に端を発した、地域で増加すると考えられる子どもと家族をめぐる生活課題に対して、緊急かつきめ細やかな支援が求められていることから、広く寄付の協力を呼び掛け、お寄せいただいた寄付金を活用して、緊急支援活動を助成することを目的として実施しています。これまで3回の助成を行ってきましたが、今後も感染拡大終息の見通しが不透明なことから、追加助成の実施を行います。



『赤い羽根子どもと家族の緊急支援

全国キャンペーン』


【実施主体】
社会福祉法人 宮城県共同募金会

【助成対象団体】
助成対象団体は、下記の要件をすべて満たすこととします。
・子ども食堂、居場所の提供、学習支援等、地域において子どもや保護者に対する支援活動を行う社会福祉法人やNPO法人をはじめとする民間非営利団体(任意団体も可)で、新型コロナウイルス感染拡大以降の緊急支援活動に取り組む団体。
・宮城県に所在する団体で、助成を受けて活動を行えるしくみや体制をもっていること。
・特定の企業、政党、宗教団体から独立して運営され自主性が保たれていること。
・暴力団をはじめとする反社会的勢力と関わりがないこと。
・これまでに一定の活動実績があること。

【助成対象活動】
・新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言等に端を発した、社会的に孤立することが懸念される子どもや保護者を、緊急的に支援する活動を対象とします。
・令和2年4月17日(金)以降の活動を対象とします。
・団体が通常行っている活動の範囲内での取り組みは対象外とします。新型コロナウイルス感染拡大以降の緊急支援活動として実施され、その活動に伴う経費の必要性が申請書から読み取れるものを優先して採択します

【活動例】
*ひとり親家庭などへの食糧支援やお弁当の配食
*困難を抱えた家庭への見守り支援
*オンラインを活用した子どもや家庭の相談支援、学習支援、居場所支援

【助成対象経費
緊急事態宣言が要請された以降、令和2年4月17日(金)から令和3年3月31日(水)までに実施される活動に係る経費を対象とします。
・物品 ・食材等購入費 ・消耗品費 ・活動に使用した会場の新借料
・商品や弁当の配送費 ・ボランティア行事用保険料 など

【助成対象外経費】
・講師やボランティアへの謝金 ・人件費 ・ボランティアの活動保険料  など

【助成額】
1団体あたりの助成金額は、20万円(新規申請)、15万円(2回目)、10万円(3回目)
*助成総額は約130万円を予定。
*助成にあたっては、新規申請団体を優先します。

【助成申請方法及び、助成決定等】
助成申請書に必要事項を記入の上、申請期限までに宮城県共同募金会へ必要事書類と共に提出してください。
・申請受付期間:第4回助成 令和2年11月2日(月)から11月30日(月)☆必着

【必要書類】
・助成申請書
・会則(規約等)
・直近年度の事業報告書・決算書
・当年度の事業計画書・予算書
・通帳の口座番号および名義が記載されているページの写し(※団体名義)
・その他、団体の活動実績がわかる書類

【問い合わせ先】
社会福祉法人 宮城県共同募金会
〒984-0051 仙台市若林区新寺1丁目4番28号
TEL022-292-5001 FAX022-292-5002
ホームページ http://www.akaihane-miyagi.or.jp
e-mail:post@akaihane-miyagi.or.jp



Posted by 齋藤 at 15:26 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
自主的な学習活動を支援します [2020年10月24日(Sat)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。


毎週土曜日は、市民活動に役立つ情報をお届けします。

新型コロナウィルスの拡大により人々の価値観は大きく変化し、新しいライフスタイルが定着してきたと言われています。たがさぽの日常も一変しましたが、少しずつ以前の状態に戻りつつあるような気がします。ここ、たがさぽでは様々な団体が活動しています。
パソコン学習や語学学習、フラワーアレンジメントなど生涯学習と呼ばれる活動が盛んに行われています。

a31ade5ac0fc9caa2286b276c509e509.png


本日は、多賀城市の自主的な学習活動を支援するための

「生涯学習活動費補助金」

をご紹介します。



【生涯学習活動費補助金の概要】

●対象者
多賀城市民または市内の団体(多賀城市民5人以上の団体)とします。

●補助金の支払い
事業完了後になります。

●交付申請の受付
事業の実施2週間前までに申請してください。(事業終了後の申請はお受けできません。)

●受付および実施期間
2021年3月末日までとなります。

●交付回数
当該年度中に、個人や団体毎に1回の補助となります。

●活動費補助金対象事業一覧
@市民を対象として開催する講習会、講演会または大会などの事業
A国、県および市などを代表して参加出場する事業
B青少年(18歳以下)の団体が市外の者と交流する事業
C歴史文化の伝承事業
D国または県が主催若しくは共催する国内または国外への研修事業

★詳細内容はこちら★

●お問い合わせ
多賀城市教育委員会事務局生涯学習課生涯学習係
〒985-8531 宮城県多賀城市中央二丁目1番1号
電話番号:022-368-1141(内線:541・542)
ファクス:022-309-2460
Posted by 齋藤 at 17:05 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
環境市民活動助成のご案内 [2020年09月26日(Sat)]
みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。

本日は、環境市民活動助成についてご案内します。

これは、一般財団法人セブン-イレブン記念財団が実施している助成活動です。

一般財団法人セブン-イレブン記念財団は、加盟店とセブン-イレブン本部が一体となって環境をテーマに社会貢献活動に取り組むことを目的として設立されました。セブン-イレブン店頭でお客様からお預かりした募金とセブン-イレブン本部からの寄付金他を基に、環境市民団体への支援活動や自然環境保護・保全、災害復興支援、広報活動などを行っています。環境をテーマに地域に根ざした活動をしている市民団体を支援する、市民参加の社会貢献の仕組みです。



無題.png



●2021年度の環境市民活動助成概要
◎「花と緑の助成」      1団体あたり上限50万円
緑と花咲く街並みをつくる活動を1年間支援します。
◎「清掃助成」        1団体あたり上限30万円
ごみのない環境をつくる活動を1年間支援します。
◎「活動助成」        1団体あたり上限100万円
自然環境保護など環境市民活動に必要な経費を1年間支援します。
◎「NPO基盤強化助成」 1団体あたり上限400万円
助成期間内に事務所家賃・専従職員の人件費などを自主財源で充当できるよう、安定的・継続的な自主事業の構築・確立を目指す環境NPOを原則3年間継続して支援します。
(2年目、3年目の助成は、前年度の活動報告と次年度の活動計画を審査して助成を決定します。)



●新型コロナウィルス対策品目の追加
新型コロナウィルス感染を防止し、今後の活動を安全に実施するために必要となる5品目を新たに備品費、消耗品費へ追加しました。
・非接触で測定可能な体温計
・使い捨てマスク
・使い捨てビニール手袋
・消毒液
・使い捨てフェイスシールド


●対象団体・活動について
・環境活動を行っている国内のNPO法人、一般社団法人、任意団体
・日本国内に活動の場を有する団体
・地域住民が主体的に行う活動であること
・政治・宗教活動を目的としておらず、反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
【対象外】上記以外の法人、観光協会、商店会など


●対象活動期間
2021年4月1日(木)〜2022年3月31日(木)


●応募受付期間
・花と緑の助成・清掃助成
2020年10月1日(木)〜10月21日(水)※当日消印有効
・活動助成・NPO基盤強化助成
2020年10月26日(月)〜11月16日(月)※当日消印有効


■応募方法
各助成の応募要項をご覧の上、申請書に必要事項を記入し、添付書類と共に郵送してください。お持ち込みやFAXによる応募は受け付けていません。


■助成金について
助成先には、安心して活動できるように年度初めに助成金をお振り込みし、活動終了後に活動報告書と会計報告書を提出いただいています。


■詳細URL
 https://www.7midori.org//josei/index.html



■お問い合わせ・応募先(申請書の郵送先)
〒102-8455 東京都千代田区二番町8番地8
一般財団法人セブン-イレブン記念財団 〇〇助成係
※〇〇の中には、申請する助成の種類をご記入ください。
(花と緑の助成、清掃助成、活動助成、NPO基盤強化助成)
TEL:03-6238-3872 FAX:03-3261-2513
(電話受付時間 9:30〜17:00 ※土・日曜日を除く)
Eメール:oubo.21@7midori.org(10月1日から開設)

Posted by 齋藤 at 14:11 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
キッズドア基金「2020コロナウィルスに負けるな!」助成事業のご案内 [2020年03月29日(Sun)]
おはようございます。スタッフのわたなべです。

3月からの学校休校により、子どもたちの学力の遅れやストレス、さらには給食がなくなることでの栄養面の不安や、子どもの面倒を見るために保護者が仕事を休んだりすることによる収入減などさまざまな影響が起きてきています。また今後、経済的なダメージにより経済的困窮に陥る子どもが増えるとも言われています。

そこで認定NPO法人キッズドア基金では、子どもの支援に取り組む市民活動団体を対象に、活動資金を助成する事業を行います。


キッズドア基金
「2020コロナウィルスに負けるな!」
助成事業


★応募対象
すでに学習支援・居場所・学童・こども食堂などを運営している団体で今後も活動を継続する団体
※その他の応募条件については募集要項をご確認ください。

★イメージしている事業例
・子ども食堂を実施している団体が、新たに学習支援に取り組む
・学童保育で学習支援を強化する
・現在子ども食堂や居場所、学習会を運営している団体が、回数を増やす
・小学生を対象にしていた無料学習会を、高校生までを対象に拡大する
・すでに地域で子ども食堂や学習会を運営しているが、新規に拠点を増やす

★助成対象期間
2020年4月15日(水)〜2021年3月31日(水)

★助成金額と想定している助成件数
・プロジェクトあたりの助成上限金額は最高30万円
・助成団体数は20団体を予定
※多くの団体に助成を受けていただくため、1団体が申請できる事業は1件のみとします。

★応募について
ウェブページより申請書などをダウンロードし、必要事項をご入力ください。
○申請書類等
 @別紙様式「公募助成」申請書、「公募助成」収支計画書
 A添付資料・組織の規約を示すもの(「会則」や「定款」など)
  団体の概要がわかるパンフレットやニュースレター、チラシ類
 B直近の事業報告書、決算書
○送付方法
 以下のメールアドレスまで上記書類をご送信ください。
 fund★kidsdoor.net(★を半角の@に変えてください)
 その際、上記@ABの書類をフォルダにひとまとめにし、フォルダ名は「団体名」としてご提出ください。
○申請締め切り
 2020年4月8日(水)
 ※4月8日(水)23:59までに送信された書類のみ審査させていただきます。

★その他詳細や、申請書のダウンロードに関しましてはこちらをご覧ください。
 認定NPO法人キッズドア基金ウェブページ
Posted by わたなべ at 10:00 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
「真如苑 こども食堂等活動支援助成」のご案内 [2020年03月14日(Sat)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。

真如苑では、このたびの全国的な臨時休校によって、特にひとり親家庭やその他の困りごとをかかえる家庭の子どもたちやその保護者の一助になることを願って、こども食堂や学習支援などの活動をおこなう団体への助成金事業を実施します。


真如苑 こども食堂等活動支援助成


○対象団体
新型コロナウイルス対策として、こども食堂などによる支援活動を現在展開している非営利団体。法人格の有無は問いません。
※同趣旨での他団体の助成を受ける団体でも応募できますが、助成金の使途が重複しないように資金管理をして下さい。

○助成対象事業
・新型コロナウイルス感染症対策としての臨時休校に伴い、社会的に孤立することが懸念される子どもや保護者の支援を目的として行う、こども食堂や学習支援などの活動。
2020年3月2日(月)以降、2020年4月の新学期開始までの期間に実施される活動。
・3月2日以降の活動であれば、申請時より前に開始された活動も対象とします。
・団体が行っている通常活動の範囲内での活動は対象外とします。

○助成経費
臨時休校に係る緊急支援活動を実施するために必要となる以下の経費を対象とします。
・物品購入費、食材等購入費
・交通費、ガソリン代、会場費等
・人件費(ただし団体の通常活動に係る経費、公的資金が充てられる費用は対象外です)

○助成額、助成総額
・1団体あたりの助成上限額は10万円です。
・助成総額は1,000万円。

○応募方法
・別紙申請書に必要事項を記入の上、下記応募・問い合わせメールアドレスへ送信してください (メールのみで受け付けます。受付後2営業日以内に当苑より確認メールをお送りします)。
・送信の際には件名に「【子ども助成】団体名」と明記してください。
・申請書は、こちらからダウンロードしてください。
 申請書(Wordファイル)

○締切
3月19日(木)必着

○応募・お問い合わせ先
 真如苑 社会交流課
 Email: kodomo-shien★shinnyo.org
 (★を半角の@に変えてご利用ください)

●その他詳細は、こちらをご覧ください。
「真如苑 こども食堂等活動支援助成」募集要項
申請書(Wordファイル)
Posted by わたなべ at 15:20 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動助成事業」の募集について [2020年03月05日(Thu)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。
3月の「たがさぽPress」は通常のコーナーをお休みして、新型コロナウイルス感染症関連の情報〜対策や支援に関する情報やこれらに取り組む団体の紹介、また活動に役立つ情報など〜をお届けします。


新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、全国各地の小中学校、高等学校及び特別支援学校が臨時休校となっています。
しかし、春休み期間を含めたこの時期に、ひとり親家庭やその他さまざまな困りごとのある家庭の子どもたちの孤立化が懸念されており、そのための支援活動を始める団体も出てきています。

そこで、「赤い羽根共同募金」でおなじみの社会福祉法人中央共同募金会では、子どもたちや保護者が新学期を安心して迎えられるように、これらの活動を資金面で支える目的で、以下の助成事業を実施します。
すでに活動を行っている団体限定となりますが、子どもたちのための活動に取り組んでいる団体の皆さん、ぜひご活用ください!


赤い羽根
臨時休校中の子どもと家族を支えよう
緊急支援活動助成事業


○対象団体
・こども食堂、学習支援等、地域において子どもや保護者に対する支援活動を現在展開している、非営利団体であることを要件とします。法人格の有無は問いません。

○助成対象事業
・新型コロナウイルス感染症対策としての臨時休校に伴い、社会的孤立が懸念される子どもや保護者を、緊急的に支援する活動を対象とします。
・令和2年3月2日(月)以降、令和2年4月の新学期開始までの期間に実施される活動を対象とします。
・3月2日以降の活動であれば、申請時より前に開始された活動も対象とします。
・団体が行っている通常活動の範囲内での活動は対象外とします。

○助成経費
 臨時休校に係る緊急支援活動を実施するために必要となる以下の経費を対象とします。
 ・物品、食材等購入費
 ・交通費、ガソリン代、会場費 等
 ※人件費、団体の通常活動に係る経費、公的資金が充てられる費用は対象外です。

○助成額、助成総額
・1団体あたりの助成上限額は10万円以内です。
・助成総額は1,000万円を予定しています。
 ※今後の寄付の状況によって増額したいと考えています。

○応募方法
 別紙応募書に必要事項を記入の上、下記応募・問い合わせメールアドレスへ送付してください(受け付けはメールのみ)。

○締切
・第1回締切:3月12日(木)必着
・第2回締切:3月19日(木)必着


○応募・お問い合わせ先
 社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部
 〒100-0013東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階  
 TEL:03-3581-3846 FAX:03-3581-5755
 Email:kikin-oubo★c.akaihane.or.jp
 (★を半角の@に変えてご利用ください)

●その他詳細は、こちらをご覧ください。
 (応募要項や応募書のダウンロードもこちらからお願いします)
 社会福祉法人中央共同募金会ウェブページ 
 【緊急助成】赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動助成事業」の募集について



また、この助成事業に関しての募金も募集しています。こちらもぜひ、ご協力ください。
【緊急募集】「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」へのご寄付のお願い
Posted by わたなべ at 17:15 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」のご紹介 [2020年01月18日(Sat)]
こんにちは、スタッフのささきしょうたです。

昨日は1月17日。かの阪神淡路大震災からちょうど25年の日となりました。
この阪神淡路大震災が多くの市民を災害ボランティアとして奮い立たせるきっかけとなりました。そのため、1995年を「ボランティア元年」と呼ぶこともしばしばあります。
その後、2011年の東日本大震災や昨年の台風19号被害等、後を絶たない自然災害の中で市民有志による復旧・復興支援活動が見られますが、その運営・継続には少なくない資金が必要となることも現実問題として起こっています。

今回はそんな時の資金調達について、現在行われている宮城県共同募金会の『社会課題解決「みやぎチャレンジプロジェクト」』をご紹介します。

スクリーンショット (1).png


■みやぎチャレンジプロジェクトとは■

震災被害に関わらず、少子高齢化や格差社会の急速な進展により、自殺・虐待・いじめ・路上生活者・ニート・災害・子育てなど多様な生活課題を抱えた、市民の生活不安は拡大しつつあります。
宮城県共同募金会では、喫緊に解決しなければならない社会課題解決のための支援活動を県内において行っている下記の団体の参加のもと、5年目となる「みやぎチャレンジプロジェクト」を実施しています。
本プロジェクトの参加団体は、社会課題を解決する必要性を広く県民にアピールしながら、その活動資金を調達するために、赤い羽根共同募金と一緒に寄付の呼び掛けを行い、共同募金会を通じて、当該団体の活動資金として助成されます。
(一部宮城県共同募金会HPより抜粋)


■ご寄付のご案内■

今年度のプロジェクト参加団体は40団体。
上の参加一覧から、さらに各団体の紹介ページに進むことができます。
団体の日ごろの活動の様子や今回いただいた寄付で行う活動についても掲載されていますので、気になる団体、応援したい団体がありましたらぜひご寄付をお願いします。


■寄付の方法■

@ Web上からのクレジット決済での入金。
各団体の紹介ページの下のほうに、下のようなボタンがありますので、そこから入金画面へとおすすみください。(別途アカウント作成が必要になります)
スクリーンショット (3).png
A 専用の振り込み用紙での入金。
用紙の入手方法など、詳細は各団体にお問い合わせください。
B 団体に直接手渡すこともできます。
詳細は、各団体へ直接お問い合わせください。

※このプロジェクトへの寄付は、税制上の優遇措置を受けることができますので、寄付金にかかる領収書は大切に保管し、確定申告の際にご提出ください。


■期間■

令和2年1月1日から令和2年3月31日まで



今回は「みやぎチャレンジプロジェクト」の紹介でした。
長文のお付き合いありがとうございます!
良い週末をお過ごしください手(パー)


Posted by 佐々木 at 16:00 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
社会貢献活動を応援するみやぎスマイル基金 [2020年01月11日(Sat)]

みなさんこんにちは、たがさぽスタッフの齋藤です。

本日は

「COOPトリプルカード    

     みやぎスマイル基金」


をご紹介いたします。



無題.png



これは宮城県でさまざまな社会貢献活動を行っている組織・団体等に対する助成金で、誰もが安心してくらせる地域にしていくことを目的としています。


■COOPトリプルカード みやぎスマイル基金とは■
みやぎ生協と(株)日専連ライフサービスが社会貢献の一環として、創設したもので、みやぎ生協店舗でご利用いただいた「COOPトリプルカード」による決済1回に付き1円を1年間積み立てし、原資としています。

■目 的■
宮城県内でさまざまな社会貢献活動を行っている組織・団体等への助成をとおして、宮城県を「誰もが安心してくらせる地域」にしていくことに寄与します。

■助成対象となる事業・活動■
宮城県内で取り組まれる「営利を目的としない社会貢献活動」を対象とします。

■応募資格■
公益を目的とし、宮城県内に活動拠点があり、原則として1年以上活動している組織・団体とします。なお、活動1年未満の団体であっても、申請書類一式(応募方法欄参照)を準備できる場合は応募することができます。
代表者・所在地等、組織や事業の運営の重要事項が定まっている組織・団体とします。申請団体の法人格の有無は問いません。
継続的な活動を行う意思を持っていること。
公的な補助を受けている場合や、他の機関の助成を受けている団体でも、事業の必要性によって助成の対象となります。申請の際、他機関からの助成の有無を明記してください。ただし、「みやぎ生協福祉活動助成金」との重複申請はできません。(同一事業の場合)

■助成対象期間■
2020年年4月1日から2021年3月31日までです。

■助成対象に該当しないもの■
(1)人件費、家賃、地代、水光熱費、電話代など
(2)町内会の運営・活動費、防災備品の購入など

■募集期間■
2019年11月1日から2020年1月31日(必着)までとなります。
募集期間内に申請書類一式を提出してください。

■提出資料■
[1]みやぎスマイル基金助成金申請書 
ダウンロードはこちら 申請書(PDF版) 
[2]会則もしくはそれに準じる文書
[3]会計実績のわかる文書(決算書・予算書など)
[4]活動実績のわかる文書(活動報告・活動計画など)
※ご応募の際の資料は、返却できません。

■書類提出先■
〒981−3112 
仙台市泉区八乙女4−2−2 みやぎ生協 機関運営部内
みやぎスマイル基金事務局
電話:022-771-1590 FAX:022-773-1821
e-mail:m.smile.fund@ml.snet.coop

■助成先の審査■
申請された事業について、選定委員会で審査し、審査結果を3月頃に文書で通知します。
申請組織・団体・事業について、事前に確認させていただきます。さらに詳しい書類の提出や、電話による照会、訪問調査を実施する場合があります。

■助成の基準と贈呈■
助成額は、原則として1組織、1団体30万円が限度となります。
単年度、同一組織・同一団体への助成は1回となります。
同一組織・同一団体への助成回数の上限は、3回となります。
助成団体が決定した後、4月頃に贈呈式を行います。
助成金は4月下旬に指定口座に振り込みます。

■報告書の提出■
助成を受けた組織・団体は2021年5月31日までに報告書を提出して頂きます。
(1)提出物
[1]助成活動報告書
[2]領収書のコピー(助成事業に使用した分)
[3]成果物(活動をまとめた冊子、パンフレットおよび写真・チラシ・レシピなど)

昨年度は、宮城県内の24団体から申請があり、審査の結果、11団体に合計約300万円の助成を行いました。★第3回贈呈式




続きを読む・・・
Posted by 齋藤 at 15:00 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
募金で被災地支援を [2019年11月09日(Sat)]
こんにちは、スタッフの齋藤です。

2019年10月に発生した台風19号は、記録的な大雨をもたらし、河川の氾濫等による洪水や浸水被害が発生しました。被害は関東地方から東北地方の太平洋側を中心に、14都県の390市区町村に及び、災害救助法の適用を受けた自治体数は東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)を超えて過去最大となりました。

台風19号の被害のあった地域では、災害ボランティアセンターが開設されるなど、多くのボランティアが復旧に向けた活動を行っています。被災地へ行って直接ボランティア活動をすることが難しくても、他にも様々な形で支援する方法があります。

本日は以前もご紹介しましたが、被災地を支援するための募金情報をご案内します。



@令和元年台風19号緊急災害支援募金
(Yahoo!基金)


1.png


Yahoo!基金は、創業10周年を迎えたYahoo! JAPAN が、自らの提供するサービスをこえて、より一層持続可能な社会の実現に貢献していくために設立しました。
Yahoo!基金では、「災害被災者および災害被災地への支援」を目的に緊急支援募金の受付をしています。寄付金の使いみちとしては、被災都道府県もしくは被災市町村への義援金を予定しています。また、被災地の復旧活動、被災者の生活再建を目的とした支援活動にも使用させていただく場合があります。
詳細はこちら★をご参照ください


A令和元年台風19号被害 緊急支援募金
ふるさと納税サイト「さとふる」


2.png


ふるさと納税を活用して、台風19号の被害を受けた自治体を支援することができます。ふるさと納税とは地方自治体への寄付金制度のことで、返礼品をご希望されない寄付をお申込みの場合、お申し込み金額の全額が同自治体に届けられます。被害を受けた自治体の力になりたい、少しでも役に立ちたいという思いを、寄付という形で支援することができます。ご寄付後、自治体から寄付金受領証明書が発行されます。
詳細はこちら★をご参照ください
Posted by 齋藤 at 22:00 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
台風19号被害に対する支援活動を行う団体向け助成金情報 [2019年10月26日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週土曜日は、活動に役立つ情報をお届けします。


台風19号の被害のあった地域では、災害ボランティアセンターが開設されるなど、復旧に向けた活動が行われていますが、団体として、被災した方への支援に取り組む活動を応援する助成金の情報が届いています。
障がい者、高齢者、外国人など配慮が必要な方に対する専門性を活かした活動や、子どもを対象とした活動など、今必要とされること、今後必要とされるものが対象となっています。
被災地で活動されている団体、これから活動しようと考えている団体は、ご確認ください。

※宮城県内・災害ボランティアセンターの開設状況はこちら→
※支援金・義援金情報はこちら→


日本財団
「令和元年台風19号等の被害に関わる活動支援」


1. 対象団体
NPO 法人等(ボランティア団体含む)非営利活動を行う団体で、次のいずれかの項目に該当する団体
・災害支援に実績(過去3回以上、1回当たり1カ月以上)のあるNPO等
・当該被災地に拠点のあるNPO等

2. 募集期間
2019年11月12日(火)まで(決定は審査の上、随時行います)

3. 対象の事業
・専門的な支援を行うNPO等の活動(水害復旧、家屋の修繕作業に係る技能を有する分野など)
・特別なニーズ(障害者・高齢者・乳幼児・外国人などの要配慮者)に対する専門性を活かした活動
・当該被災地に拠点を置き、地域に根ざした支援を行う活動

4. 対象経費
移動交通費、宿泊費、重機・資機材リース費、その他支援活動に必要な直接経費

5. 支援金
1事業あたり上限100万円 補助率100%

詳細は下記をご確認ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/2019tyhoon19


社会福祉法人中央共同募金会
「災害ボラサポ・台風19号」助成事業


1. 対象団体
救援・復旧の ための支援活動を行うボランティアグループ、特定非営利活動法人(以下、NPO法人)、 社会福祉法人、学校法人、公益法人、一般社団法人等であって、次の要件にあてはまる非営利団体。
・支援活動の実態があり第三者から活動の実態が裏付けられること。
・団体が、その活動・事業から生じる利益を構成員に分配しないこと。
・5 名以上で構成されていること。
・災害ボラサポ・台風 19 号に応募することについて組織としての合意・決定が行な われていること。
・助成を受けて行った事業について、中央共同募金会ホームページでの公表が可能 なこと。
・団体の目的や活動が、特定の政治・宗教に関わりがないこと。
・市民社会の秩序または安全に脅威を与える反社会的勢力と関わりがないこと。

2. 募集期間
〜令和元年 11 月 25 日(月)必着

3. 対象の事業
@緊急救援活動 災害発生直後の混乱から、被災者が避難先を確保し、復旧作業の基盤が整うまでの時期に行われる緊急救援的な活動。
A生活支援活動 住家被害のあった被災者が、家屋を補修しながら日常生活へと移行し、地域では障がい、疾病、コミュニケーションなど特別なニーズがある方々に対する支援活動が 進められる時期に行われる活動。

4. 対象経費
@活動に要する費用 A拠点設置費 B旅費

5. 応募額
50 万円以内

詳細は下記をご確認ください。
https://www.akaihane.or.jp/saigai/2019-typhoon19/oubo01/


公益財団法人ベネッセこども基金
「台風19号で被災した子どもの学びや育ちの支援活動助成」


1. 対象団体
・助成テーマで活動を行っている非営利団体 (特定非営利活動法人(NPO)、財団法人、社団法人、社会福祉法人など)
・「助成決定後の義務・条件」に同意いただける団体
※法人格が無くても申請可能です

2. 募集期間
〜2019 年 12 月 18 日(水) 必着

3. 対象の事業
被災した子どもの学びや育ちに寄与する活動。災害によって、生活上の困難を抱える子どもや被災による ストレスや学習困難などを抱える子どもに対する支援をテーマとします。

4. 対象経費
助成対象期間の活動費用

5. 助成金額
1件あたりの助成額50万円程度

詳細は下記をご確認ください。
https://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/disaster.html
Posted by nakatsu at 11:00 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ