• もっと見る
« スタッフブックレビュー | Main | 資金調達»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
東日本大震災から13年 普段からの備えを見直してみませんか? [2024年03月11日(Mon)]
こんにちは。スタッフのきょうごくです。

今年で東日本大震災から13年が経ちますね。
本日は各地で震災の犠牲となられた方々の追悼と復興を願う追悼行事が行われます。
多賀城市内でも追悼行事が行われます。

東日本大震災多賀城市追悼行事

自由献花
日時:311日(月) 11:00〜15:00
会場:多賀城駅前公園(JR仙石線多賀城駅南側)
詳細はこちら

第13回 多賀城・万灯会〜鎮魂の灯火〜
「万灯会(まんどうえ)」とは、数多くの灯明をともして仏をまつり、供養する仏教行事のひとつです。古代多賀城では貞観地震(869年)で犠牲になった人々の供養のために行われていたと考えられています。
東日本大震災で市内で亡くなられた219名の方々の慰霊の意味を込めて、灯明皿に火を灯します。
日時:311日(月) 17:30〜18:30(17:00〜メッセージ紙コップ受付)
会場:多賀城駅前公園(JR仙石線多賀城駅南側)
主催:NPOゲートシティ多賀城


240311_多賀城万灯会_.jpg


たがさぽでも発災時刻の14:46に黙とうを捧げます。

13年という月日の中で、防災に対する関心や意識が薄れることが懸念されています。
多賀城市では東日本大震災の記録を未来へ伝え、今後の防災・減災に役立てることができるように市内で起こった震災の記録を収集、保管し、体系的に整理したデジタルデータベース(たがじょう見聞憶)を公開しています。
ここ数日、東日本大震災関連の話題がテレビや新聞ラジオなどで取り上げられ、当時のことを思い出すことが多いのではないでしょうか。震災被害の過去を振り返るのは、今後の備えのためにも大事なことです。災害が発生した時に「こうしておけば良かった」と後悔しないためにも、避難する場所などを確認し、今、私たちに何が出来るか、この機会に考えてみてみるのもいいかもしれません。


たがじょう見聞憶 https://tagajo.irides.tohoku.ac.jp/index



Posted by きょうごく at 10:00 | 3.11大震災 | この記事のURL | トラックバック(0)
鎮魂と復興への祈り、灯る〜多賀城・万灯会〜  [2023年03月16日(Thu)]
東日本大震災追悼行事「多賀城・万灯会〜鎮魂の灯〜」がJR多賀城駅前広場で行われました。


1.jpg

この行事は、NPOゲートシティ多賀城が毎年3月11日に行っているもので、今年で12回目を数えます。


灯明皿に灯した火と、LEDキャンドルを灯した紙コップの光文字で、

東日本大震災により亡くなられた方への慰霊とまちの復興への祈りを捧げました。


紙コップに書き込まれた市民のみなさんの想いやメッセージは800近く集まったそうで、

「3.11 いのり」という文字を作っていました。


3.jpg


参加された方は、

「今後、大きな災害が起きないように願いをこめて紙コップにメッセージを書きました」

「防災への想い、復興への想いを絶やさないようにしていきたいです」

と話していました。


2.jpg


●団体情報●

NPOゲートシティ多賀城

多賀城の歴史的風土を継承し、文化財を生かしたまちづくりのビジョンを提示するとともに、

市民の歴史的遺産への関心・愛着の醸成を目指して活動しています。
Posted by 小笠原 at 15:18 | 3.11大震災 | この記事のURL | トラックバック(0)
3.11から12年。東日本大震災の追悼行事が行われます [2023年03月11日(Sat)]

今年で東日本大震災から12年が経ちます。

本日は各地で震災の犠牲となられた方々の追悼と復興を願う追悼行事が行われます。

多賀城市内でも追悼行事が行われます。



東日本大震災多賀城市追悼行事

自由献花
日時:311日(土)11:0015:00
会場:多賀城駅前公園(JR仙石線多賀城駅南側)
詳細はこちら
多賀城市/東日本大震災追悼行事 (city.tagajo.miyagi.jp)


12回 多賀城・万灯会〜鎮魂の灯火〜

市内で亡くなられた219名の方々の慰霊の意味を込めて、灯明皿に火を灯します。
日時:311日(土)17:3018:30
会場:多賀城駅前公園(JR仙石線多賀城駅南側)
主催:NPOゲートシティ多賀城
詳細はこちら
NPO ゲートシティ多賀城 (fc2.com)

また、追悼の意を込めて、地震発生時刻の1446分から1分間、防災行政無線により黙とうを呼びかけるサイレンを鳴らすとのことです。

紙コップにメッセージを書いて、多賀城・万灯会に参加しよう [2023年02月23日(Thu)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週木曜日は、市内外の市民活動・地域活動の取り組みをお伝えしています。


今年も3月11日が近づいてきました。

多賀城では、今年もNPOゲートシティ多賀城から多賀城・万灯会の案内が届きました。

NPOゲートシティ多賀城は2007年より活動開始。
特別史跡多賀城跡を中心とした歴史資源を、まちの賑わいづくりに活かそうと、さまざまな取り組みを行っています。
NPOゲートシティ多賀城
ウェブサイト http://gatetagajyo.web.fc2.com/
Facebook https://www.facebook.com/GateCityTagajo/
ツイッター https://twitter.com/GatecityTagajyo

多賀城・万灯会も取り組みの一つ。
万灯会とは、灯明を灯して仏を祀って供養するという仏教行事。奈良時代に東大寺で一万の灯を灯したという記録が残ってるそうです。
多賀城市内の遺跡からも、万灯会で使った土器が発見されたことから、平安時代に多賀城でも万灯会が行われていたと考えられています。
この歴史にならい、東日本大震災で亡くなられた方の慰霊と復興を祈り、震災を忘れず後世に伝えていくために、毎年3月11日に開催しています。

当日は、多賀城市内で亡くなられた219名の方々の慰霊の意味を込め、灯明皿に火を灯すとともに、事前に受け付けたメッセージ紙コップをLEDキャンドルで灯し、「3.11」の光文字を作ります。


当センターでは現在「3.11」の光文字を作るメッセージ紙コップの事前受付を行っています。
1階ロビーに、紙コップとペンをご用意
しています。
毎年お子さんからご高齢の方まで、思い思いにメッセージやイラストを書いていかれます。
IMG_6165.jpg

市民参加のこの取り組みに、あなたも参加してみませんか。


第12回
東日本大震災追悼イベント
多賀城・万灯会〜鎮魂の灯〜


日時:3月11日(土)17:30〜18:30
会場:多賀城駅前広場(JR仙石線多賀城駅南側)
主催:NPOゲートシティ多賀城
問合せ先:090-6227-7646(高倉)

SKM_C45823022117140.jpg
Posted by nakatsu at 11:00 | 3.11大震災 | この記事のURL | トラックバック(0)
東日本大震災追悼行事が行われます [2022年03月11日(Fri)]
3月11日、東日本大震災から11年となりました。
震災の犠牲となられた方々の追悼と復興を願う追悼行事が多賀城市内で開催されます。


東日本大震災多賀城市追悼行事
自由献花

日時:3月11日(金)11:00〜15:00
会場:多賀城駅前公園(JR仙石線多賀城駅南側)
詳細はこちら
https://www.city.tagajo.miyagi.jp/hisho/kurashi/daishinsai/tuito-gyoji.html


第11回 多賀城・万灯会〜鎮魂の灯火〜
市内で亡くなられた219名の方々の慰霊の意味を込めて、灯明皿に火を灯します。
日時:3月11日(金)17:30〜18:30
会場:多賀城駅前公園(JR仙石線多賀城駅南側)
主催:NPOゲートシティ多賀城
詳細はこちら
http://gatetagajyo.web.fc2.com/


たがさぽでも発災時刻の14:46に黙とうを捧げます。
Posted by nakatsu at 13:44 | 3.11大震災 | この記事のURL | トラックバック(0)
「3.11企画 これからも、できること。」 [2022年03月03日(Thu)]
おはようございます。スタッフのわたなべです。
木曜日は、団体やさまざまな取り組みの紹介を行っています。

東日本大震災から、まもなく11年。毎年この時期が来ると、いろんなことを思い出したり(あえて思い出さなかったり)、考えたりしてしまいます。

また、「復興やこれからのために何かできることはないだろうか」「最近災害が多いので、その備えについて知ったり見直したりしたい」と考えている方もいることと思います。

そこで今日は、東日本大震災からの復興や未来に向けての取り組みにつながる、さまざまなアクションの入り口となるサイトをご紹介します。




ヤフーLINEでは、東日本大震災からの復興や今後起こりうる災害への備え、そして未来を担う子どもたちを応援するためのキャンペーンサイトを今年も立ち上げています。
今回の内容は以下の通りです。

寄付は、チカラになる。
〜より良い未来をつくるために
 ―ヒカキンスタンプで東北を応援!
 ―自然災害からの復興のために
 ―被災地の迅速な復旧支援のために
 ―東北の子どもたちのために
知るは、チカラになる。〜被災地のいまを知り続けるために
 ―動画で災害時の対応を知る
 ―東日本大地震からの課題を考える
 ―被災地への想いを伝える
買うは、チカラになる。〜東北の産業を応援するために
 ―東北で作られた、魅力的な逸品を買おう
 ―防災を、贈ろう
 ―ふるさと納税で東北応援
防災は、チカラになる。〜大切な人の命を守るために
 ―大地震発生!避難行動をスマホで体験してみよう
 ―子どもと一緒に防災クイズに挑戦!
 ―災害に備える〜いち早く情報を受け取ろう
検索は、チカラになる。〜これからも東北を想い続けるために
◎検索は、応援からチカラに
 今年で9年目を迎える「3.11 検索は、チカラになる。」
 3月11日にヤフーとLINEで「3.11」を検索すると一人あたり10円(両方で検索すると20円)が寄付となり、集まった寄付はヤフー、LINEより支援先として選定した5団体に贈られます。


ぜひこのサイトをご覧いただき、自分にできるアクションを起こしたり、いろんなことを知る機会としていただければと思います。

3.11企画 これからも、できること。
https://www.search311.jp/
大震災追悼イベント【多賀城・万灯会〜鎮魂の灯火〜】 [2021年03月11日(Thu)]

こんにちは。スタッフのさいじょうです。


今日は311日です。あの震災から10年が経ちましたね。

なんだか胸の奥がズンと重くなる日です。


本日は、NPOゲートシティ多賀城が主催する、


多賀城万灯会〜鎮魂の灯火〜をご紹介いたします。


NPOゲートシティ多賀城は、東日本大震災の翌年、犠牲になった方々の慰霊のため、古来から用いられてきた灯明皿を使って明かりを灯す、「史都多賀城万灯会〜復興の灯火〜」を行いました。

その後もこの災害の経験を忘れることなく後世へ伝承していくことを目的として、10年間この取り組みをつづけています。 


万灯会(まんどうえ)とは、数多くの灯明をともして、仏さまを供養する仏教行事の一つで、7世紀頃から奈良の方で始まりました。

例年は、たくさんの方から寄せられた様々なメッセージの描かれた紙コップにキャンドルで火をともし、「3.11」の光文字をつくりますが、今年はコロナウィルス感染拡大防止のため、メッセージの紙コップは受け付けていません。メッセージは書けませんが、その灯に祈りを込めることはできます。


ここ数日、震災から10年という節目で、テレビやラジオで報道され、SNSでも当時の映像がまた拡散され、さまざまな媒体からあの時の記憶が思い起こされます。万灯会の灯りは犠牲になった人の鎮魂のためではありますが、やさしい灯が、いま苦しんでいる人の心も鎮めてくれるかもしれません。



◇◆◇◆以下、HPより◇◆◇◆


10回多賀城・万灯会(まんどうえ

      〜鎮魂の灯火(ともしび)〜


【日時】 令和3311日(木)

      17:30〜 灯明皿、LEDキャンドル点灯

     

【場所】 JR仙石線「多賀城駅」駅前広場


【内容】(参加無料、どなたでも参加いただけます)


●市内で亡くなられた219名の方々の慰霊の意味を込めて、灯明皿に火をともします。

●紙コップをLEDキャンドルで点灯し、「3.11」の光文字を作ります。

(光文字の一部に昨年使用できなかったメッセージ紙コップを使用します。)

※感染予防対策のため、今回はメッセージ紙コップの受付は中止いたします。 ※ご供花、ご供物などは受付ておりません。 ※今後の万灯会開催のため募金箱を設置しておりますので、ご協力をお願いいたします。 ※新型コロナウイルスの感染拡大状況、当日の天候によっては開催を中止する場合があります。あらかじめご了承ください。



多賀城の歴史的風土を大切に継承に文化財を活かしたまちづくりを実現するために活動する、NPOゲートシティ多賀城の情報はこちらから★★★





Voice from 3.11〜東日本大震災から10年、「みなさんの声を、お聞かせください」 [2021年01月11日(Mon)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。

今日は、東日本大震災の月命日。そしてこの3月で、東日本大震災から10年になります。このこともあり、この10年間を振り返ったり、またこれからのことを考えるイベントや報道なども多くなってきました。
今日はその中で、「ことば」に着目して行われているプロジェクトをご紹介します。



このプロジェクトは、震災以来復興活動に携わってきた皆さんが、
震災や復興に関する「ことば」を集めて広く伝えていくとともに、その中から大切なことを紡ぎ出し、次の世代へとつなげていきたいと考えて立ち上げました。

すでに「ことばの集い」のページには「3.11から10年となる、いま思うこと」というテーマのもと、被災された方、避難を余儀なくされた方、その人々を支えてきた方、それぞれの体験やそこから湧き出た想いが掲載されています。私も読んでみて、当時のことを思い出したり、自分と似た経験をした方でもその想いに違いがあるのだなあと思ったり、あらためて考える機会となりました。

「ことば」は、現在も募集中ですので、伝えたい想いをお持ちの方、書くことで想いを整理したい方、あるいは今ふと感じていることがある方など、ぜひご参加ください。

Voice from 3.11
https://voicefrom311.net/
「3.11 検索は応援になる」〜あなたの検索が、東北の復興を後押しする〜 [2020年03月10日(Tue)]
こんにちは。スタッフのわたなべです。

東日本大震災が起きてから明日で9年。
「復興」。まだ道半ばなのか、すでに成し遂げられたのか、その想いは人によってさまざまだと思います。ただ言えるのは、目の前のことだけでなく、未来を見据えての取り組みも大事ということです。そのためには、東北に生きる自分たちも含めて多くの人たちの力が必要となります。

今日は、復興に関して一人ひとりのできることは小さくても、合わせることで大きな力になる、Yahoo! JAPANの「3.11」キャンペーンをご紹介します。


3.11 検索は応援になる
Search for 3.11

(キャンペーンページはこちら


明日3月11日にYahoo! JAPANで「3.11」と検索した人ひとりにつき10円が、Yahoo! JAPANから東北の復興に携わる団体に寄付されます(上限額あり)まさに「検索」という身近で気軽なアクションが、復興の応援につながるわけです。

○アクションの方法
明日、2020年3月11日0時00分から23時59分の間に、
Yahoo! JAPANで「3.11」というキーワードを検索
します。
※この時間帯以外に行われた検索については寄付額の算出には含まれません。
※「3月11日」「3,11」など、表記が異なるキーワードについては、原則として寄付額の算出対象にはなりません。

○今年の寄付先団体
しんせい
「原発事故で避難する障がい者の誇りある仕事をつくりたい」
ふたば未来学園
「未曽有の災害があった福島から新しい価値を創る人を育てる」
底上げ
「震災から9年、いま高校生が被災地でできること」
3.11みらいサポート
「3.11の学びを生きる力に、次世代のいのちを守り、つなぐ」
心の架け橋いわて
「東北被災3県におけるICTを活用したメンタルヘルス支援ネットワーク作り」
桜ライン311
「次の津波から命を守るため、避難のラインを『桜』でつなごう」


またYahoo! JAPANでは、このほかに「寄付は応援になる」「買うは応援になる」「災害に備える」をテーマにした取り組みも行っています。
詳しくは、こちらの特設ページをご覧ください。
3.11企画 いま、わたしができること
続きを読む・・・
多賀城における、東日本大震災追悼行事に関するお知らせ [2020年03月08日(Sun)]
こんにちは。スタッフの渡辺です。

今年も、3月11日が近づいてきました。
例年多賀城でも追悼行事が開催されていますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、内容の変更や中止の告知がなされています。
ご参列・ご参加を予定されていた皆さんには、今一度ご確認をお願いいたします。


■東日本大震災多賀城市追悼行事
○日 時:3月11日(水)13:00〜15:00
○会 場:多賀城駅前公園(JR仙石線多賀城駅南側)
     ※時間・会場が変更になっています。
○内 容:献花のみを行います。
     ・どなたでもご参列いただけます(事前のお申し込みは不要です)。
     ・献花用の生花を準備しています。
     ・ご供花、ご供物、ご香料などは辞退させていただきます。
○その他:
・追悼の意を込めて、地震発生時刻の14時46分から1分間、防災行政無線によりサイレンを鳴らします。
・今回は、記帳所の設置はありません。
・詳細はこちらのページをご覧ください。
 多賀城市ウェブページ「東日本大震災追悼行事」

■第9回 多賀城・万灯会〜鎮魂の灯〜
 (NPOゲートシティ多賀城主催)
 今回は、中止となりました。
 こちらのページもご参照ください。
 NPOゲートシティ多賀城ウェブページ


なお、県内各自治体の追悼行事に関しましては、こちらをご覧ください。
河北新報オンラインニュース
「宮城県内の震災追悼式、東松島市除き12市町で中止 新型肺炎対策で自由献花に」
(2020年3月7日掲載)


東日本大震災から、間もなく9年。震災直後に小学校に入学した子どもたちが、この春中学校を卒業すると聞き、年月を感じました。しかし、時とともに流れていくものもありますが、忘れてはならないものもあると思います。3月11日のこの日、祈りをささげる日とするとともに、これまでを振り返ったり、これからに思いをはせる日にしていただけると幸いです。
| 次へ