• もっと見る
«万が一に備える ボランティア保険 | Main | 楽しくチャレンジ&ポイントゲット!「たがさぽきっず広場」に集合!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
こんなときどうする?防災ゲーム「クロスロード」 [2024年04月15日(Mon)]
こんにちは。スタッフの金子です。

たがさぽで不定期で開催している「防災人ミーティング」
地域の防災担当や防災士、企業の防災担当、防災に関心のある方々が集まり、防災に関するテーマで情報交換を開催しています。

4月4日(木)に実施した防災人ミーティングでは、わしん倶楽部の大山さん(多賀城在住)を講師に招いて、防災ゲーム「クロスロード」を体験しました。

IMG_6381.JPG

【クロスロードとは】
過去の災害の際の「ジレンマ」を出題し、こんなとき自分ならどんな選択をするかを考え、チームで共有する、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材です。

チームの回答が「YES」・「NO」同数にならないように、奇数のチームを作ります。今回は10名でしたので、5名×2チームで行いました。

今回は3つの問題を体験。そのうちの1つを紹介します。

問題
たとえば、自分が災害ボランティアになった立場で、夕飯を配り終わったときに自宅避難者から家族分の食料が欲しいと申し出があった際、配布する(YES)か配布しない(NO)か?

Aチーム
◆YES・・・3
  • 同じ避難者であることに変わりないから配る。
  • わざわざ言ってきたということは、かなりの状況だったと思い、食料を差し上げる。
  • 避難所にいないのにもらいに来るということは、何かのっぴきならない理由があるのではないかと思われるので話を聞く。

NO・・・2
  • 自宅避難者は対象ではないため。タイミングは関係ない。
  • 明日の朝食に時間通りに来てもらう。

Bチーム
◆YES・・・5
  • 避難所に行けない理由があるはず。
  • 困っているのだから何とかしなければならない。
  • 食料の必要が分かるので、何とか集めて対応したいと思う。
  • 自宅避難者も被災者。食料があれば配る。
  • 様々な理由で自宅避難していることを考慮し配布する。

みなさんの意見を聞くことで、新しい気づきもありました。
「いざ」というときに、防災力を発揮するためにも、日常から様々な人の意見に耳を傾け、多様な方の考えを知り、理解することが大切なのではないでしょうか。

今後も不定期で防災人ミーティングを開催します。
防災に関心のある方、ぜひブログやホームページをチェックしてみてください。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました