• もっと見る
«「多賀城フューチャーセッション」を開催しました | Main | みやぎの居場所づくり助成»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「やさしい日本語」を学んで、多様な文化を持つ人々と交流を深めよう [2024年03月28日(Thu)]

こんにちは、スタッフのカツイです。

3月がこの前始まったかと思えば、もう終わりです。


本日はもう4月が始まるということで…

新生活の始まりとともに、何か新しいことを始めたいと思っている方へ朗報です。


多文化共生講座「みんなに伝わるやさしい日本語講座」


みなさんは「やさしい日本語」をご存知でしょうか。

やさしい日本語は外国人等にもわかるように配慮して、簡単にした日本語のことです。普段の生活から災害の時まで、日本人と外国人が地域で共に暮らし活躍しいく多文化共生社会の実現には、お互いに歩み寄りながらコミュニケーションを取る「やさしい日本語」の活用が重要です。そして、外国人だけでなく、子どもや高齢者、障がいのある人等とのコミュニケーションに非常に効果的なツールの一つとして、行政情報や生活情報、毎日のニュース発信など様々な分野で取り組みが広がっています。

(東京都生活文化スポーツ局HPより抜粋)


42428.png


●ご存知ですか?外国人市民にとっての3つの壁 

「意識の壁」国籍や文化などの違いから日本人と外国人双方が積極的な関わりを避けてしまう。 

「言葉の壁」言葉がわからずゴミ出しや交通機関の利用方法など、生活に必要な情報が得られない。

「生活の壁」制度を知らなかったり理解していなかったりなどで必要なサービスを受けられない。


●コミュニケーション手段として有効な「やさしい日本語」の変換例:

「土足厳禁」→「靴を 脱いで ください」

「参加費は無料です」→「参加するとき お金はいりません」

「高台へ避難してください」→「高いところへ 逃げてください」


「やさしい」には、かんたんな言葉を表す「易しい」と、相手に配慮する「優しい」気持ちで話す、といった二つの意味がこめられています。仙台に暮らす多様な文化を持つ人々と交流する知恵をご一緒に考えませんか?


●日  時:

420()14:0016:00


●場  所:

仙台YWCA

(仙台市青葉区上杉2丁目1-10)


●講  師:

仙台観光国際協会


●定  員:

30


●参 加 費:

無料


●申込方法:

お申し込みの際は、次の@またはAへ、氏名・電話番号をお知らせください。

@シャプラニール仙台・ボンドゥの会(担当:原) 

 TEL:090-3759-5904 

 E-mail:yokohara0131@jcom.home.ne.jp

A一般財団法人仙台YWCA     

TEL:022-222-9714

 E-mail:sendaiywca.event9714@gmail.com (火・木・金10:0017:00 祝日を除く)


●申込締切:

415()


●主  催: 

シャプラニール仙台・ボンドゥの会


●協  力:

一般財団法人仙台YWCA


==

「やさしい日本語」がどのように使われているのか、下記のサイトで見てみるのも良いかもしれません。

〇やさしいにほんごニュース みやぎ発

https://kahoku.news/easyjapanese/

NEWS WEB EASY やさしい日本語でかいたニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/easy/


最新のニュースを、「やさしい日本語」で読むことができます。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました