• もっと見る
«女性と防災まちづくり!テーブルトークイベント〜町内会編〜 | Main | 「障がい者サポーターズGolazo!」がイベントで活動PR!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
【ブックレビュー】ローカル女子と未来をひらく [2022年07月09日(Sat)]
こんにちは。スタッフのおがさわらです。

たがさぽにある貸出図書『たがさぽ文庫』には、NPO、ジェンダー、福祉、まちづくりなど、皆さんの市民活動を応援するさまざまな本を取り揃えています。

中には、一般の書店や図書館ではあまり目にしないような本もあります。
そのひとつを、今回はご紹介したいと思います。


ローカル女子と未来をひらく
災害復興と女性のエンパワーメントの記録 2011-2020

編集:小島まき子/塩本美紀
発行:NPO法人ウィメンズアイ



NPO法人ウィメンズアイは、東日本大震災を機に生まれました。
立ち上げメンバーは、被災地でのボランティアに参加した際、避難所の生活や復興において声をあげられずにいる女性たちの姿を目の当たりにしたことをきっかけに、女性たちの声を拾い、自立の支援をする活動を始めました。

この本は…
・震災ボランティアで必要な物資を届けたり話を聞くといった活動が、趣味や体操などの講座を経て、「女性の視点で地元を元気にすること」について考える勉強会を開くようになり、女性のエンパワーメント活動へ変化して行った過程
・子育てをする家族のためのイベントやパン作りのスキルアップ教室など、南三陸をはじめとする地域の女性のアイデアのサポートの実例
・「何かを始めたい」という想いを持つ人が抱える課題、その解決のために生み出した『ナリワイ塾』などの取り組み
・『国際地域女性アカデミー』『グラスツール・アカデミー』などの研修の様子
・東北の被災地で学んだことを活かし、『ローカル女子と未来をひらくプロジェクト』を立ち上げ、地域で活動する若い世代へ向けた支援を行う様子
…など、NPO法人ウィメンズアイの10年にわたる活動の歩みが凝縮された1冊となっています。

2011年に、メンバーのみなさんが撒いた種が、太い根っことなって張り巡らされ、いろいろな地域でエンパワーメント=持っている力を引き出すこととして形になっていることがわかります。

地域の未来を拓いて行く『ローカル女子』の力に触れてみませんか?


『たがさぽ文庫』は、簡単な利用登録で、本の貸出が可能になります。
利用登録、貸出は無料です。

98_p4.oshirase.JPG

たくさんのご利用、お待ちしています!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました