CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【レポート】多賀城 自治会・町内会の情報交換会C 七ヶ浜町湊浜区の「コロナ禍での情報発信」の取り組みを紹介します! | Main | 【レポート】多賀城 自治会・町内会の情報交換会D 高橋東二区町内会の「コロナ禍での情報発信」の取り組みを紹介します!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「オンラインのあたたかい場づくり自主研究ノート」ブックレビュー [2022年01月22日(Sat)]

こんにちは。スタッフのカツイです。


本日はNPO法人ハンズオン埼玉発行の、「オンラインのあたたかい場づくり自主研究ノート」をご紹介いたします。


表紙画像-644x934.jpg


一時期「オンライン飲み会」などという言葉が流行りましたが、みなさんもオンラインツールを利用して人とコミュニケーションを取る機会がコロナ禍でぐんと増えたと思います。遠くに住む人と会える良さがある反面、あわない目線、読めない空気、見えない反応にオンラインの難しさを感じることがあったのではないでしょうか。 


「オンラインのあたたかい場づくり自主研究ノート」はそんなオンラインツールであたたかい場(本書でいう『あたたかい場』とは、その集まりが終わったときに参加者が「今日、参加してよかった」「集まってよかった」「また集まりたい」と思える空間)を作るにはどうしたらよいかを可愛いイラストと共にわかりやすく説明しています。


オンラインの場づくりは、多くの人の協力が必要になります。参加者全員がカメラをオフにして真っ暗な画面の中で話を続けないといけないとしたら、聞いている人の反応も知れず不安ですよね。

本書では、「誰かの『応え(リアクション)』が、『安心』を生む」とあります。「安心」があればひとは表現を始めたいと思うようになり、おのずとあたたかい場へ繋がっていくのです。


あたたかい場づくりのために参加者が出来ることは


@うなずく

A質問する

Bチャットに書く

C映像・音声を常時オンに

D意見を出すときは受け止めてから


ちょっとした心配りで、慣れないオンラインでも安心できる場へ変わります。



それでも「どうしても緊張してしまう…」という場合は、アイスブレイクをしてみるのはいかがでしょうか。


本書ではオンラインで出来るアイスブレイクが28種類紹介されています。「所要時間」、「参加人数」、「準備」、「進め方」まで丁寧に書いてあり、緊張がほぐれるどころか盛り上がること間違いなしです。

「ズームでやる気チェック」は、講座や会議のスタートで参加者のその時点のやる気や思いをカメラとの距離で表現してもらいます。オンラインならではのアイスブレイクですよね。本書では「やる気」とありますが、違った問いかけでも出来そうですね。


サークルや町内会、仲間内の場だけでなく、オンライン会議で活発な意見交換ができない、どうも緊張してギクシャクしてしまう…などと悩んでいる方にも読んでいただきたい内容です。



onlinekaigi_simple.png



こちらの本はノート2(開)たがさぽ文庫ノート2(開)にて貸出しています。


詳細についてはこちら

https://hands-on-s.org/2021/05/17/atatakai/

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました