CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«たがさぽのクリスマス雑貨市プレゼンツ「雑貨とわたしとSDGs」の展示が多賀城市立図書館ではじまります! | Main | 「たがさぽのクリスマス雑貨市」出展団体をご紹介!(その3)»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
手話サークルってどんなところ? [2021年12月02日(Thu)]

こんにちは。スタッフのさいじょうです。

本日は、多賀城手話サークル「あすなろ」のご紹介をします




手話に興味はあるけどどこで学んだらいいのかな?

と思っている方もいるのではないでしょうか

手話を学ぶには、講座や地域の手話サークルに参加したり、初心者向けの番組NHKの『みんなの手話』も参考になりますね。最近ではYouTubeでも手話動画があり、気軽にはじめやすくなっています。


多賀城には3つの手話サークルがあります。今回、スタッフ勝井と私の二人で

手話サークルってどんなところか、聴覚障害者も健聴者も一緒に手話を学ぶ、多賀城手話サークル「あすなろ」に見学に行ってきました。


2021-11-16 10.12.34.jpg

*今回おじゃましたときのサークルの様子*


まずはじめに、ホワイトボードに書かれた文を、どのように手話で表現するか、学習担当の方がお手本を見せてくれていました。それに続いてみんなで真似をして、同じ動作をしました。


2021-11-16 10.22.17.jpg

*手話で「読み取る」と表現しています*


次に、病院で診察をうける時の表現の仕方です。

医師と看護師、患者に役を分けて診察中の会話を表現しました。


一人の方だけの表現ではなく、『私はこんな風に表すわ』や『病院ではこう聞かれんるんじゃないの』などの意見や、自分が病院へ行ったときはどうだったか、と経験も話しながら学びます。

痛みを表す、『ズキズキ』『チクチク』など、どれぐらい痛いのか、表情と体全体で表すことで伝えるのですが、力いっぱいに表現して痛みのひどさが伝わる人、つらそうな感じが伝わる表現の人とさまざま。


2021-11-16 11.18.44.jpg

 *胃のあたりを指し、おなかの具合がよくないことを表している様子です。*



サークルのメンバーの方にお話をうかがうと、はじめて1年ぐらいの人もいれば、サークルができた当初から30年ぐらい続けている方もいるとのこと。「楽しいですよ〜」と。その通り!終始、笑い声が絶えず、楽しく学びながら冗談を言ったり、情報交換をしたりと、交流の場にもなっています。


スマートフォンが普及しアプリを使って交流したりと便利になってきましたが、手話での交流は、健聴者・聴覚障害者が一緒にその場の空気を楽しむことができるんだな〜と感じた時間でした。


手話に興味・関心のあるかたはぜひ見学に行ってみてくださいね〜


今回おじゃました

多賀城手話サークルあすなろは、多賀城市文化センターで

月2回火曜日の午前に活動しています。

詳しい活動日について、また見学については下記連絡先へお問い合わせください。


TELFAX 022-362-2513(担当:加藤さん)


また、こちらから県内で活動している手話サークルの一覧がご覧いただけます。

http://www.mimisuppo-miyagi.org/circle.html


Posted by 西條 at 20:51 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました