CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【NPO・市民活動団体のみなさま】 「助成金申請のコツ講座」のご案内 | Main | 【自治会・町内会の活動を紹介します】東田中南自治会»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
任意団体設立に必要なものは [2021年08月21日(Sat)]
こんにちは
スタッフのさいじょうです。
本日は、市民活動お役立ち情報として、
任意団体設立の際に必要となるものを簡単にご紹介します。

「任意団体として活動をはじめるために必要なものってなんですか?」と、たまにご質問をいただきます。設立に必要なものって何でしょうか。

2569665.png
「任意団体」「設立」なんて漢字が並んでるのを見ると、いろいろと手続きとあるのかな?と思ってしまいますね。


まず、任意団体とはどんなものか、お話しすると

「こんなことをしよう!」と同じ目的を持った人たちが集まってできたグループでNPO法人などの法人格のない団体を指します。設立にあたり、どこかに届けを出すなどの手続きは必要ありません。しかし、しっかりした円滑な組織運営ができるように

@規約(会則)
A事業計画
B予算書
C団体の連絡先

最低限この4つは準備するといいですね。

@規約(会則)は、
組織として活動をするための「ルール」をまとめたものです。
団体の活動目的、目指すところや活動内容、そしてそのためのメンバーの役割、意思決定の方法などを決めておきます。文章化することでメンバー間で共通認識を持つことができ、ブレずに活動できます。

A事業計画
1年間どんなことをやるのかまとめた計画書です。

B予算書
事業計画に基づいて作成した収支の計画書です。

C団体の連絡先
ふと見かけたパンフレットやチラシで団体の目的に共感した人、活動が気になった人、協力したい人がアクセスしやすいよう、電話やメールなど連絡先を決めておきましょう。

他に活動をしていく中で必要に応じて作成するとよいものとして

・会員名簿…会員の種別、氏名、住所をまとめたリスト
・役員名簿…役員の役職、氏名、住所をまとめたリスト
・役員の種別、職務、任期などを明記して、役割分担と責任の所在を明確にする

上記の書類は、助成金の申請書に添付したりするなど、用途の多いものです。
継続的な活動のためには必要になるものですので、最初の段階で整えておきましょう。
ブログでは簡単にお伝えしましたが、もう少し詳しく知りたい!
どうやって作ればいいの?など、質問・疑問がありましたら、たがさぽスタッフまで。

たがさぽの窓口、またお電話やホームページからもお問い合わせいただけます。
お気軽にお問い合わせください。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました