CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«多賀城市上下水道部によるパネル展開催! | Main | おでかけミニ雑貨市inサークルフェア2021と市民活動相談会のお知らせ»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「コロナに負けるな!浅井スクスク基金 子ども緊急助成プログラム」のお知らせ [2021年06月05日(Sat)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週土曜日は、市民活動・地域活動に役立つ情報をお届けします。

新型コロナウイルスの感染拡大がいまだ続いていますが、ワクチン接種が始まるなど、コロナ対策も日々変化している今日この頃です。
市内の子ども食堂ではみんなで集まってご飯を食べることができずに食事を持ち帰るかたちに変わっていたり、たがさぽで子どもたちの居場所づくりをしている団体も感染を避けるために活動をお休みせざるをえなかったりと、コロナ禍でいつも通りの活動ができなくなっています。しかし、このような時だからこそ子どもたちの力になるために何ができるかを日々考えているのではないでしょうか?

そのような団体向けに、今日は
「コロナに負けるな!浅井スクスク基金 子ども緊急助成プログラム」をご紹介します。

?「浅井スクスク基金」とは?
浅井一雄さまと奥様の貞子さまからのご寄付で作られた子ども応援のための基金です。この助成プログラムでは、コロナ禍の中緊急事態に追い込まれている子どもやその家庭のために新たな取り組みを行おうとしている非営利団体を対象に、スピーディーな支援活動を行うための緊急助成を行います。

■助成対象※下の1.2の両方に該当する団体
1.NPO法人、社団法人、財団法人、社会福祉法人、学校法人などの非営利法人組織
2.これまでに経済的に困難な環境にある子どもと家族に対するケアに取り組んでいる団体(学習支援、居場所、学童、子ども食堂、職業支援など)でコロナ禍に対応して新たに事業を始めた、または始めようとする団体

■助成の対象となる活動
これまで行ってきた活動ではなく、コロナ禍において、新たに始めた、または始めようとする事業
例として下記の通り。
@オンラインプログラムの新規提供
A在宅時間延長に伴う虐待や悩みを防止するプログラムの追加実施
Bひとり親家庭等への食糧支援や職業支援などの新たな拡充
Cコロナウイルス感染症防止のために必要なマスクやアルコール等の予防衛生物資の提供
D活動が制限されている子どもたちのための居場所の開設や拡充

■助成金額
1件当たり原則として 20万円〜100万円
※助成金の使途は、今回申請した事業活動に伴う事業費、人件費など(コロナ禍に関係なく恒久的に使用する備品等の購入は不可)

■助成対象期間
原則として2021年6月1日から2021年12月31日までに行う事業

■応募期間
第一次募集 2021年6月1日(火)〜2021年6月14日(月)※当日消印有効
第二次募集 2021年6月16日(水)〜2021年7月12日(月)※当日消印有効


その他詳細、応募用紙のダウンロードはこちらから ⇒  ★★★ 


■この助成金の応募先、お問い合わせ先
公益財団法人公益推進協会 子ども緊急助成プログラム事務局あて
住所:東京都港区新橋6−7−9 新橋アイランドビル2階
電話:03−5425−4201
FAX:03−5405−1814

kodomosyokudou_syokuji_kids.png



Posted by 小林 at 15:12 | 資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました