CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«太陽光発電設備『そらべあ発電所』寄贈  | Main | 全国・宮城県内・多賀城市内のNPO法人数(2021年3月末現在)»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
まち歩きイベント「すえち少年になってまちを歩こう in 旭ヶ岡」を開催します! [2021年04月29日(Thu)]
こんにちは。スタッフのおがさわらです。

5月22日(土)に、たがさぽ主催イベント「すえち少年になってまちを歩こう
in 旭ヶ岡〜明日おしえたくなるまちの話〜」
を開催します。


この春、第1号が発行された旭ヶ岡の町内会新聞。
その制作の過程で、91歳の旭ヶ岡在住の方が描いた昔のまちの鳥瞰図の存在が判明しました。

イベントタイトルにある「すえち少年」とは、この鳥瞰図を描いた方の幼少期のあだ名です。

描かれているのは、すえち少年が歩き、走り、遊びまわっていた昭和初期の景色。
昔のまちと現在のまちが、どのように変化しているのか気になりませんか?

今回のイベントは、鳥瞰図を手に、描かれている場所を実際に歩き、今と昔を行ったり来たりするような感覚が味わえる「まち歩き」となります。


さて、本日は、5月のイベントに先駆けて、
たがさぽスタッフと、当日のナビゲートをお願いしている旭ヶ岡の富田さんが、
工程、歩行ルート、押さえるべき見どころ、所要時間などを確認するために行った、まち歩きのシミュレーションの様子をお伝えします!


DSCN0174.JPG

たがさぽの駐車場にある鈴懸の樹が、当日の集合場所となります。
ちなみに、鈴懸の樹の花言葉は「好奇心」。
好奇心の源であるこの場所から、まち歩きはスタートします!


DSCN0184.jpg

こちらは、通称「マンモス坂」と呼ばれる150mの急勾配の坂道。
多賀城や塩釜にお住まいの皆さんにはおなじみの場所だと思いますが、
名前の由来や、路面に隠されている坂道ならではの構造は、知らない方も多いのではないでしょうか?

まち歩きの中で、そんな謎も解けるかもしれませんよ!


dsBuffer.jpg

こちらは、あるポイントでの、スタッフの視点です。
手前に写っているのが、鳥瞰図に描かれた昭和初期の風景。
奥に見えるのが、実際の景色。

○をつけたところをご覧ください。
川に架けられたレンガの橋が、完全に一致しています!
80年近く前のすえち少年が見ていたものが、実際に目の前に広がっているんです!

この感動を、皆さんにも味わっていただきたいです。


本番の楽しみが減ってしまうので、
シミュレーションの報告はこのあたりで終わりにしたいと思います。

この続きを、当日、体験してみませんか?


まちあるきチラシ_page-0001.jpg

令和3年5月22日(土)
【集合】13:00 【解散】15:00
【集合場所】丘の上の鈴懸の樹の下(多賀城市市民活動サポートセンター駐車場)
※小雨決行/雨天時は多賀城市市民活動サポートセンター館内で実施
※参加無料

ぜひご参加ください!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました