CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«スキマ時間で楽しく・わかりやすく 障がい者のライフスタイルを知れる「Media116(メディアイチイチロク)」 | Main | たがさぽ文庫に新コーナー「わがまち多賀城」ができました!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
連携・協働で取り組む地域づくり [2021年04月10日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
スタッフのなかつです。

毎週土曜日は、市民活動・地域活動に役立つ情報をお届けします。


先日、今年度新たに多賀城市役所職員として採用された24名のみなさんが、研修の一環で当センターに来館しました。
「市民協働の取り組みについて」というテーマで、市民活動の基礎知識協働の考え方当センターの活用方法を、スタッフよりお話させていただきました。
DSCN0144.JPG

多賀城のまちをもっと元気にしたい、地域や社会の「困った」「ほっとけない」ことを解決してより暮らしやすくしようする、市民の自発的な活動を市民活動ということ。

地域の活動を知ることは、地域の課題を知ることにつながるので、当センターを情報収集などにぜひ活用してほしいこと。

そして、少子高齢人口減少の時代に入ったところにコロナ禍が加わり、これまでのようにはいかないことが増えてくる、新たな取り組みへの転換が必要なタイミングで市職員になられたみなさんに、地域の課題を解決したり、魅力をより高めるパートナーとしての市民地域のさまざまな主体とお互いに得意なことを持ち寄って協力して課題解決に取り組む協働の考え方をお伝えしました。


市民・企業・行政など地域のさまざまな主体が、それぞれの力を出し合って、協力しながら、課題を解決したり、価値を高めたりすることを協働と言います。
これまでの特定のパートナーとの協働から、担い手が減っていくこれからの時代では、各主体ができる課題解決を実践し、共有するという新たな協働が求められています。



5月には、震災から10年が経過し、被災3県の沿岸市町村で行われてきた連携の取り組みから、これからの地域づくりを考えるとうほくNPOフォーラムin南相馬2020が行われます。

右向き三角1チラシ(PDF)
A4_両面_チラシ_0526.pdf


テーマは以下の通りです。

●基調講演−復興のプロセスから見た地域の未来
 岡本全勝さん(元福島復興再生総局 事務局長)

●NPOと地縁組織−出会って、変わったこと、変わらなかったこと
 菅原辰雄さん(林際カーシェア会 事務局長)
 平塚勇気さん(一般社団法人日本カーシェアリング協会)

●NPOと行政−関わりをどう活かすか〜役割と可能性〜
 高橋由佳さん(一般社団法人イシノマキ・ファーム 代表理事)
 門馬和夫さん(南相馬市長)

●NPOと地域−持続可能な協働を目指して
 菅野道生さん(岩手県立大学社会福祉学部社会福祉学科 准教授)
 田中雅子さん(特定非営利活動法人子ども∞(むげん)感ぱにー 代表理事)

●クロージング−連携の先に期待するもの
 吹田博史さん(武田薬品工業株式会社 CSR企業市民活動・寄付担当部長)
 田尻佳史さん(特定非営利活動法人日本NPOセンター 常務理事)

NPO、地縁組織、企業、行政など、地域のさまざまな主体と、地域の課題解決に向けた連携、関係づくり、役割分担、よりよい課題解決につなげるためにはなどを、ゲストのお話から考えます。
インターネット接続環境があれば、どこからでも参加できます。
地域づくりのヒントを得たいNPO、自治会・町内会のみなさん、連携について考えたいと思っている行政のみなさん、地域づくりのことを知りたい学生のみなさんなど、さまざまな立場が参加し、一緒に考える場になるといいですね。


とうほくNPOフォーラムin南相馬2020

日時:5月26日(水)11:00〜18:00
   南相馬からライブ配信(Zoomウェビナー)
参加方法:事前申込制(定員200名)
資料代:1,500円
主催:とうほくNPOフォーラムin南相馬2020実行委員会

申込・詳細はこちら
https://rias-iwate.net/lp/tohoku-npo-forum-2020
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました