CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«たがさぽの公式YouTubeチャンネル更新しました!民話で教訓を伝える「多賀城民話の会」 | Main | これからの可能性のタネ四つ葉を育てよう〜3.11を振り返って見えてきたこと〜»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
春を感じる桜の花。成長とともにみんなが笑顔で集うまちに [2021年03月18日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

さて、今日はtag93号で紹介した「NPO法人さくら並木ネットワーク」の植樹活動について紙面で紹介できなかったお話をします。

この団体は東日本大震災の津波被害を100年先まで語り継ぎ風化させないよう、津波の到達地に桜の木を植樹する活動を行っています。
今回は紙面で多賀城東小学校と大代地区公民館に植樹した桜の木を紹介しました。
5年前に植えたのだからそれなりに成長し大きくなっているのかなと思いワクワクして取材に出かけましたが、実際は違いました。
まだまだ枝は細く、添え木よりも細いものでした。

IMG_0015.JPG


多賀城東小学校の桜です。おなじみの大きさになるにはまだまだかかりそうです


IMG_0011.JPG

寄付者の名前が刻まれています


DSCN9874.JPG

大代公民館の桜です


桜の植樹時期は、毎年2月〜4月(場合により11月)で、通常だと植樹してから5年位で少しずつ開花をはじめますが、その時期は植樹した場所により異なるそうです。多賀城で植樹活動をしたのは2015年なのでそろそろ開花するでしょうか。
4月になったら取材した桜の木に花が咲いたのか見に行ってきたいと思います!

「NPO法人さくら並木ネットワーク」はこれまで植樹活動を中心にしていましたが、現在は植樹した桜のメンテナンスを中心に行っているそうです。
インスタグラムやフォトギャラリーでこれまで植樹した桜や花の写真をアップしているので、是非のぞいてみてくださいね。


インスタグラム 

フォトギャラリー ★★  
           
NPO法人さくら並木ネットワーク★★★ 
Posted by 小林 at 15:20 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました