CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«息苦しさに彩を添えて楽しむひと工夫  | Main | データで見る多賀城 〜人口分布グラフ(令和2年(2020年)3月末データ版)〜»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
俳句が多賀城の文化をつくる  「壺の碑」全国俳句大会 俳句を募集中 [2020年08月06日(Thu)]
こんにちは。

スタッフの川口です。
木曜日は市内外の団体の活動や取り組みを紹介しています。

 今日紹介するのは、「壺の碑」全国俳句大会です。
実行委員会が主催しており、実行委員長は多賀城市在住の全国屈指の俳人高野ムツオ先生です。これまで、あやめまつりでの俳句大会や小学校での俳句講座など、多賀城の文化を育てている団体です。

 今日は、7月に開催した多賀城市WEBアートワークショップ助成事業の採択を受けて行った、学生を対象としたZoomでのWEB俳句講座とオンライン句会「多賀城をコトバでのこす 俳句でのこす」の報告と、現在募集している「壺の碑」全国俳句大会についてご紹介します。

 7月5日、WEB講座「おもしろい俳句のコツ」、18日に開催した「多賀城オンライン句会・夏の陣」には、俳句甲子園に参加した経験のある大学生も参加したほか、小学生のころに「壺の碑」全国俳句大会への学校からの投句をきっかけに俳句を継続して作っている中学生や高校生も参加していました。

俳句2部_Moment(2).jpg

左から「壺の碑」全国俳句大会事務局で俳人の小松温美さん、日本を代表する俳句界の重鎮である高野ムツオさん。高野さんは俳句界の最高賞「蛇笏賞」を受賞している。


 「あやめ」「かたつむり」「かみなり」「七夕」など6〜7月の題材をもとにそれぞれ俳句をつくり、みんなで講評し合いました。
 参加した中学生、高校生は「壺の碑」全国俳句大会に小学生のころから投句していた人も多くいて、26年にわたる活動が多賀城の子どもたちの感性を育て、文化を創造していると感じました。

 そんな第27回「壺の碑」全国俳句大会が10月11日(日)は多賀城市文化センターでの開催が予定されており、現在俳句を募集しています。今年は特別選者に井上康明氏を迎え「飯田蛇笏・飯田龍太と俳句」の講演も行われます。

申込書表→ SKM_C45820080614180.pdf


◎開催内容
  講演 13:30開演
     「飯田蛇笏・飯田龍太と俳句」井上康明氏
  入選句発表 入選句選評 表彰式
  当日参加費 一人1,000円

◎一般の部・応募投句要領
題 当季雑詠(未発表作品一組三句)
投句料 一組1,000円(何組でも応募できます)
投句締切 令和2年8月31日(月)
選者 井上康明  俳誌「郭公」主宰
   西山 睦  俳誌「駒草」主宰
   成田一子  俳誌「滝」主宰
   橋健文  俳誌「好日」主宰
   高野ムツオ 俳誌「小熊座」主宰

◎小・中学生の部 投句要領
題 未発表作品 一人三句以内
投句料 無料
投句方法 応募用紙(400字詰原稿用紙でも可)に作品3句以内、住所、氏名、学校名、電話番号を記入の上、郵送。
選者 高野ムツオ
   小松温美
   熊谷山里

お問合せ、お申込み先は応募申込書に書かれていますので、そちらをご覧ください。
 お申込み用紙→ SKM_C45820080614160.pdf
みなさんもぜひ、多賀城が誇る俳句大会にぜひご参加ください。

 なお、7月のWEBアートワークショップの講座とオンライン句会の様子は、youtubeでも閲覧することができます。



こちらもぜひご覧ください!
みなさんが今だからつくることができる俳句をつくってみませんか?

追記です!
現在、多賀城市立図書館 本館ギャラリーにて、俳人高野ムツオ先生の俳句展が開催されています。こちらは東日本大震災の「あの日」のことを綴った「言葉」と「写真」のコラボレーションです。3月から延期となり、ただいま開催中とのことです。ぜひご覧ください。


「語り継ぐいのちの俳句」展2020
俳人高野ムツオ×写真家佐々木隆二

2020.8月1日(土)〜31日(月) 9:00〜21:30
多賀城市立図書館 本館3階ギャラリー/入場無料

新たに多賀城をイメージした作品を追加、展示しているそう!必見ですね。

Posted by 川口 at 18:16 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました