CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【中止になりました】弥生三月のはじまりはお寺でフェスはいかが? | Main | 「tag」86号発行しました!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
データで見る多賀城 〜高齢化率と65歳以上単独世帯率〜 [2020年02月22日(Sat)]
こんにちは、スタッフの武内です。

今回は、多賀城の65歳以上かつ単身で暮らす世帯率と、高齢化率の関係を地域別に見ていきます。

なお、これからお示しするグラフの元となるデータは、2015年の国勢調査の数字を活用しています。

グラフは、以前、年少人口と老年人口の割合でご紹介した、散布図です。
今回は縦軸が65歳以降単独世帯率を、横軸が高齢化率を示しています。

【多賀城市全体の地域別グラフ】
01_tagajo-kourei-ALL.JPG
.pdf形式のデータはこちら→★★★

国勢調査のデータが元になっていますので、行政区ごとではなく住所ベースで○丁目という名前で各地域を表しています。
赤い線が交差している所は多賀城市の全体の値ですので、多賀城の平均値です。
この平均を示す赤い線で区分けできる、4つのエリアはそれぞれが多賀城の平均より
 左上:単独世帯率が高く、高齢化率が低い
 左下:単独世帯率も高齢化率も低い
 右上:単独世帯率と高齢化率が高い
 右下:単独世帯率が低く、高齢化率が高い

こうした状況を示します。
『高齢化率』と言っても、その内情は色々と異なりそうであることがこのグラフからも見て取れると思います。

なお、全域を一枚のグラフに表示すると、何が書いてあるか分かりませんので、国勢調査の住所ベースの情報を可能な限り多賀城市の行政区に当てはめ、それぞれを西部・中部・東部にまとめたグラフを作成しました。

ちなみに、行政区は『○○丁目の○番〜○番までが範囲』という割り振りです。そのため今回のグラフでは一部の地名を重複して記載していますので、ご了承ください。
 
【多賀城市西部】
02_tagajo-kourei-west.JPG
.pdf形式のデータはこちら→★★★

特徴としては、多賀城市平均より左上のエリア(単独世帯率が高く、高齢化率が低い)に該当する地区がありません。
また、城南のよう単独世帯率も高齢化率も低い地区がある一方、高齢化率の高い市川や、単独世帯率と高齢化率が高い浮島1丁目も見られます。
 
 
【多賀城市中部】
03_tagajo-kourei-center.JPG
.pdf形式のデータはこちら→★★★

多賀城市の平均をほぼ同じ位置に下馬5丁目があります。平均値周辺の地区が多いですが、伝上山の2・3丁目が右上(単独世帯率と高齢化率が高い)でやや目立つ位置にあります。
 
 
【多賀城市東部】
04_tagajo-kourei-east.JPG
.pdf形式のデータはこちら→★★★

下馬5丁目は中部と東部へそれぞれ一部分が割り当たっているため、両方に記載しています。
東部も前述の中部同様、平均値近くに各地区が分布していますが、桜木3丁目と鶴ヶ谷1・2丁目、そして、やや下馬3丁目が右上(単独世帯率と高齢化率が高い)のエリアで目立つ位置にあります。

また、中部と東部では左上(単独世帯率が高く、高齢化率が低い)のエリア内の近い地区として八幡4丁目と大代4丁目が挙げられます。

なお、冒頭でも記載しましたが、使用した数値のデータは2015年実施の国勢調査の結果です。おそらく今(2020年)は、グラフで示した各点が全体的にもう少し右上(単独世帯率と高齢化率が高い)に移動しているかもしれません。

こうしたデータも見ていただきながら、多賀城のそれぞれの地域の事を考え、これからの事をみんなで話し合う機会にご活用いただければ幸いです。


※お願い※
本ブログの画像データの記載内容に関するお問い合せは、多賀城市市民活動サポートセンターにご連絡ください。
・TEL:022-368-7745
・eメール:tagajo@sapo-sen.jp


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました