CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«知ってますか?預かりボランティアのこと | Main | データで見る多賀城 〜外国人の人数の推移 その2〜»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
TAGAJO Future Labo 5th season「マイアプローチ発表会」を開催しました! [2020年01月24日(Fri)]

こんにちは。スタッフの浅野です。

年が改まり、厳しい寒さの中にもすがすがしさが感じられる晴天に恵まれた119()TAGAJO Future Labo 5th season(以下TFL5)

「マイアプローチ発表会」開催しました。




DSCN8948.jpg




昨年の7月からトークイベントやエクスカーションを重ねてきた6回の連続講座も最終回を迎えました。本日は、笑いあり、涙あり、サプライズありの当日の様子をレポートします!


DSCN8982.JPG




地域のため、社会のため、自分自身のために「何かしたい」方が集まり、

一歩踏み出すキッカケを仲間と一緒に見つけ出すTAGAJO Future Labo




今年度は多賀城市、塩釜市、仙台市、松島町在住の11人の方に受講していただきました。


7月〜1月までの約半年間をかけて、自身の過去の経験をふりかえり、想いの掘り起こしをすると共に、これから実現していきたいプランの思索、設計にチャレンジしてきました。







〜これまでのレポートはこちらをご覧ください〜


1  2☆★ 3☆★☆





まちづくり、子育て、文化・芸術、健康、人権など受講生がこれから取り組んでいこうとしているテーマはバラエティに富んでいて、発表会は自分の思い描く未来を実現するための決意表明であり、聞く人に協力や参加を呼び掛ける場でもあります。




当日は受講生の発表を聞くために町内会の区長さんなど近隣の方や市の職員の方、大学生の方、地域や社会で活動している方、TFL卒業生の方などたくさんの人が会場に足を運んでくださいました。








●ゲストトーク


発表会のゲストとして、一般社団法人ワカツクの眞野美加さんをお招きして公開トークイベントを開催しました。


DSCN3284.jpg


                          (眞野美加さん)




「ないならつくっちゃおう」をもとに地域の困りごとを当事者目線で解決すべく動いている眞野さんの活動分野は育児支援、まちづくり、女性の働き方、防災など多岐にわたります。




飲食店で働いていた頃に経験した「良くしたいと思ったら自分で動く」がその原点となっており、乳幼児とママが安心して過ごせる場作りや地域のための避難所作り、小学生の宿題サロンなど常に社会全体を見渡しながら、先進的な取り組みを次々と実行に移してきた方です。




「子どもたちにどのような未来を残せるのか?」が活動の軸となっており、住民同士が顔見知りとなり、子どもたちを見守る目を増やしたいとの思いで人と人をつなぐ磁石のような役割を果たすべく、現在も新しいプランを構想中だそうです!







●マイアプローチ発表会


そして次は、受講生の皆さんが考えたプランの発表です。



〜発表タイトル一覧〜


@    妄想おやつカフェへいらっしゃい


A    体にやさしいオーガニックの良さを広めたい!!


B    自分らしさを受け入れてコミュニケーションを楽しもう


C    マジックで多賀城を盛り上げたい(VTR出演)


D    「私の声を受けとめて」〜子どものいのちを守るために私達大人ができること〜


E    絵本のちから


F    好きなものに囲まれて生きる


G    より良い子育てや教育を求めて


H    うたは夢のゆめ


I    Precious One 〜かけがえのないあなた〜

                             (発表順)



DSCN9005.jpg

              (朗読を交えてのプレゼン)







(サイズイ変更済み)DSCN3336.jpg

                (VTRによる出演)





DSCN9021.JPG

(手遊びをしながら歌いました)






「ハッ」と心をつかまれるような、気になるタイトルはありましたか?


どの受講生もスタートは小さな想い()からで、いろいろな場所に出向いてアドバイスを受けたり、想いの棚卸をして自分を見つめ直したり、試行錯誤しながら育ててきたプランです。発表会は自分で自分の未来を手繰り寄せるための宣言の場であり、思い描く未来の実現に向けての第一歩と言えます。



ゲストの眞野さんからは発表した受講生1人、1人にユーモアを交えたあたたかいコメントや、アドバイスをいただきました。




DSCN8967.jpg

                           (受講生の発表への感想を述べる眞野さん)









●おしゃべりタイム


発表の後は受講生を囲んでのおしゃべりタイムです。


自分の想いを掘り起し、小さなアクションを起こそうとしている受講生の姿は、聴講者の共感を呼び、たくさんの方からぜひその夢を実現させてほしい、活動に協力したいなど応援の声をいただきました。



DSCN3421.JPG

(受講生に発表の質問や感想を伝える聴講者)





終盤には、お菓子作りの得意な受講生手作りの洋菓子を全員でいただきながら、会場全体で交流のひと時を楽しみました。



DSCN3455.jpg

        (会場からは「嬉しいサプライズ!」と歓声も)


DSCN3449.JPG

       (豆腐をベースにしたやさしい味わいのティラミス)









この日は、第3回ゲストの沼田清美さん(バレトン塩釜インストラクター)
5回ゲストの永谷由美さん(コミュニティナース温)も遠方から応援に駆け付けてくださいました。


DSCN8951.JPG

(今年度ゲストの方と関連する書籍、冊子の展示)







●津川さん、眞野さんからの総評


未知の経験を前にした時は誰しも不安や悩みが生じるかもしれませんが、それらを乗り越え、パワーに変えてきたプログラムアドバイザーの津川さんからは「“○○のような社会にすべく、私は○○をします”というプランを小さな想いの種から作り上げたことに自信を持ってほしい。これからは同じプレーヤーとしてともに頑張りましょう!!」と心強い後押しをいただきました。



DSCN7344.jpg

        (TFL5プログラムアドバイザーの津川登昭さん)




最後にゲストの眞野さんからは「それぞれが自分の人生の主役になっている姿は美しい。自分のありたい姿は変わらなくても“こういう社会だったらいいな”は変わっていきます。今のプランをどんどん進化させていってください。」とエールをいただきました。




DSCN9029.jpg
 (新たな出会いや交流が生まれた1)






●聴講した方からの感想


みなさまからたくさんの感想を寄せていただきました。




・たくさんの人が生きることに前向きに、よくしようと思っていることに世の中


悪くない!!と感じることができました。


・みなさんの発表からパワーをいただきました。ゲストの方のアドバイスも勉強になりました。ひとりひとりが使命を持ち生まれてきたのだと改めて思いました。


・自分の過去のツライ体験を元に負の連鎖を断ち切ろうと活動する話を聞いて涙が出ました。がんばってください。


・みなさん共有(連動)して動いた方が良いと感じました。発表された方々ひとつのチームとして協力していってください。


・子育て、教育関係の人に聞いてもらいたかった。社会的にも行政も理解しておくべきだし、つながってもらいたい。










TAGAJO Future Labo 5th seasonはこれにていったん幕を下ろします。


ご参加・ご協力いただいたみなさまにスタッフ一同深く感謝いたします。

どうもありがとうございました。


たがさぽでは今後も「何か始めてみたい」、「スキルをいかしてみたい」

みなさまの声に耳を傾け、プランを具体化するお手伝いをいたします。

どうぞお気軽にご相談ください。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました