CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«本日9時より開館 今年もよろしくお願いいたします | Main | 社会貢献活動を応援するみやぎスマイル基金»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
必要としている人にお知らせください! 聴覚障害教育についてみんなで考えてみませんか? [2020年01月09日(Thu)]

みなさん、こんにちは。

スタッフの川口です。今年もよろしくお願いいたします。


 手話言語条例が全国各地で相次いで制定されていますね。

みなさんは手話を使ったことがあるでしょうか。


昨年のクリスマス雑貨市では、ろうLGBT東北、UDトーク部の出展、またみみサポみやぎの展示もあり、きこえない体験や、言葉を文字で見える化するアプリの体験などができました。


 また、みみサポみやぎさんに教えて頂いた手話!これがとっても楽しかったです!

表情豊かに伝える手話は、英語がわからないからゼスチャーで一生懸命伝えるというような感じで、顔の表情と口の動き、手の動きの大きさなど、体全体で表現できる言語です!


 みなさんも知識だけでなく、気持ちと表情で伝えることにトライしてみてくださいね。

 syuwa.png


さて、今日紹介するのは、

「第23回 みやぎの聴覚障害教育を考えるつどい」です。


なんと、今年は多賀城市市民活動サポートセンターで開催されます。

テーマはきこえない子どもを持つ保護者の当事者研究〜子育てに関わる困りごとから見えてくること」です。講師として、滋賀県立聾学校教諭西垣正展先生がいらっしゃいます。


 午前中は講演で、午後の部では模擬ディスカッションが開催されます。


聴覚障害児の社会的自立について、保護者はどのように関わっていけばよいか、周囲はどのようにサポートしたらよいかを、保護者が感じる困りごとを出し合いながら、聴覚障害児の子育てに必要な視点をみんなで一緒に考えていきます。

 ご興味のある方は、ぜひご参加ください。


申し込みフォームはこちら↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdPBsuLOeLk3vSQwpGtLD9MTewfZKPHMQ9Kt_Zm6La7iasAeA/viewform


チラシはこちら↓

20200201-miyagiroukyouiku.pdf

※参加費:1500円(高校生以下無料)
※託児無料
124日申込〆切、申込フォーム、または下記メールアドレスでの受付。
※問合せ
みやぎの聴覚障害教育を考える会 事務局
E-mail
miyagideafedu@gmail.com

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました