CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«情報発信力を強化しよう! 団体相談で多かったチラシ・パンフの作り方伝授します! | Main | 「台風19号」災害への支援に関して、私たちができること(2020.1.22更新)»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「かけがえのない」あなたに寄り添う [2019年11月21日(Thu)]
こんばんは。スタッフのさいじょうです。

毎週木曜は市内外の団体や取り組みを紹介しています。
本日は、子育て中のお母さんの孤立防止や、虐待防止、DV啓発活動をしている

非営利団体 Precious One(プレシャスワン)

を、ご紹介します。


ハート.jpg


胸がしめつけられる児童虐待のニュースを耳にすることが多くなりました。
報道される内容は耳を疑う事ばかり。ここ数年、児童虐待の件数は増えていて、児童虐待相談の統計を取り始めた、平成2年には1,101件だったものが、昨年は159,850件までに増加しています。昔はしつけと考えられて見過ごしていたものも、今は考え方や意識が変わり通報の件数が増えたかもしれませんが、通報も相談もされず、誰にも気づかれていない虐待もあり、実態はほぼ同じ件数かもしれません。
また、DV(ドメスティック・バイオレンス)も、平成26年は4,107件、平成30年には9,042件と、虐待同様年々増加しています。

どちらも、その時だけの「痛み」の問題ではなく、後々の生きづらさ・人間関係の難しさにも影響が出てくるものです。

虐待やDVなどの暴力・支配・差別のない誰もが生きやすい社会を作りたいと考え、今年5月に設立した「Precious One」

Precious Oneには

大切な(かけがえのない・いとしい・最愛の)人という意味があります。

生まれてきたすべての人が、「かけがえがない」のです。

このような想いのもと、女性や子どもだけでなく、男性にも行きやすい社会になるよう、子育てで悩んでいるお母さんや、自分を責めて苦しくなっている人や、誰かを責めることでつらくなっている人に寄りそい、暴力・支配・差別のない社会になることを願い、相談活動や情報発信に取り組んでいます。

例えば、虐待予防や防止のために親子のふれあい・遊び方講座や、子どもとのかかわり方講座を行っています。
また、虐待・DV・パワハラやモラハラなどの、個別相談会も行っています。

子育てのことを相談したい、うちの子とどう接すればいいの?
ささいなことだけど話す人がいない、と、様々な悩みを抱えている人。
また、不安を抱えている人の「生きる」ちからに寄り添います。

kazoku.jpg



Precious One、話を聞いてみたいな、相談したいなと思った方は
こちらへ→(ブログがご覧になれます。)
またFacebookは→

人に頼ることが苦手、このもやもやを話すことも苦手、そんな人もどうかひとりで抱え込まず、あなたにそっと寄り添う場所に足を運んでみませんか?
Posted by 西條 at 18:41 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました