CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«相手に伝わるデザインを考える  「伝える名刺づくりのコツ」とは? | Main | 「たがさぽのクリスマス雑貨市」のボランティア募集!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「伝えたいコトを伝えたい人に伝えるプレゼン講座」開催報告 [2019年09月30日(Mon)]
こんにちは。スタッフの浅野です。「伝える名刺づくりのコツ」に続き、
「伝えたいコトを伝えたい人に伝えるプレゼン講座」を9月7日(土)に開催しました。

 
櫛田さん.png
講師はたがさぽ副センター長の櫛田です。
 
 

誰かに自己紹介する場面で

「何を話せばいいかわからない、浮かんでこない」

「気がつけば、長くしゃべりすぎてしまった・・」

「要点をしぼりきれない、話を広げすぎてしまう」といったことはありませんか。

 

自分の想いをしっかり伝えるためには、相手に共感してもらうことが重要です。

相手の年代や興味のあること、今取り組んでいることなどの情報収集から始めることが大切な一歩です。

 

 

 

1.参加者同士で自己紹介】

 
DSCN6616.JPG
 
相手の自己紹介をメモしながら、相手の好きなことや休日の過ごし方を自分の好きなこと(活動)とどう関連付けられるのか考えました。

 

 

 

 

DSCN6624.JPG

 

その次は実際のプレゼンです。自分の好きなことをめいっぱいPRしました。

 

 

 

プレゼンは一律ではなく、相手に合った広め方があります。

 

訴えかける内容を場面ごとに変えていくとより効果的です。

 

 

2.プレゼンの目的を考えてみよう】

団体のプレゼンを考え、相手にどういうリアクション・行動を起こしてほしいのかを考えました。

プレゼンの目的と相手が求めていることをつなぐことが今回の要です。

DSCN6623.JPGDSCN6633.JPG
 
相手の知識と関心度、伝えたい相手はどんな人なのか、あるいは企業なのか行政なのか詳細な設定をつくって、自分の想いを文章にして発表しました。

 

 

 

講座終了後、参加者からは多くの感想を寄せていただきました。

・伝えたい事がたくさんあり、どうやって整理してピンポイントにその方が知りたい情報を伝えられるか学びました

・1人では考えることが狭くなりがちですが、内容に集中して時間をとることが

できました

・相手によってどこにアプローチするか考えることが必要で、相手が興味を持つところに訴えるということを知りました

 

 

団体のプレゼンをする時「自分の伝えたいこと」から視点を変えて

「相手の立場に立つ」ことを意識して臨機応変に内容を変えいくことで、理解者を増やし活動を広げていくきっかけにもなります。

 

ご参加・ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

たがさぽでは、情報発信に関する相談も受け付けていますので、チラシや名刺の作成などお気軽にご相談ください。 

 

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました