CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【ブックレビュー】あそびの生まれる場所 | Main | たがさぽ開館10周年!!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
マスキングテープで点字の理解を広げよう [2018年05月31日(Thu)]
こんにちは。スタッフの阿部です。毎週木曜日は、市内外の取り組みをご紹介しています。

突然ですが、みなさんは普段マスキングテープを使いますか? 貼ってはがせて便利なだけではなく、かわいい色や柄のものも多いので、ついつい買ってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本日ご紹介するのは、点字のマスキングテープです。点字ブロックと、点字で「ありがとう」「こんにちは」のメッセージが書かれている2つのデザインがあります。

点字のマスキングテープを作っているのは、神奈川県の「つばさの会」という団体です。視覚障がいのある子どもとその親で構成されており、情報交換や保護者の勉強会、スポーツ体験などを行なっています。

このマスキングテープは、全盲のお子さんが点字ブロックの上を歩いている様子を見たお母さんの心配ごとから生まれました。

その心配ごととは、点字ブロックの上に物が置いてあったり、人が立ち止まっていたりすることです。お子さんがぶつかったり、方向が分からなくなってしまうなど、本人が安心して歩けないだけではなく、周りを巻き込む事故につながる危険もあります。「もし誰かをケガさせてしまったらどうしよう…」と、常に不安な気持ちでいるということです。

そこで、多くの人に点字ブロックの大切さを知ってもらいたい、「理解のお願い」ではなく、もっと自然に知ってもらいたいと考え、マスキングテープをつくることにしました。

点字メッセージの「ありがとう」には、いつも街中で助けてくれる人達への感謝の気持ちが込められています。

点字のマスキングテープを普段使っていたら、「それなぁに?」と、点字の話題になりそうですね。自然に点字の理解が広がっていく、そんなマスキングテープです。

点字のマスキングテープは、こちらからご購入いただけます。
つばさの会 HP 
社会福祉法人日本点字図書館 わくわく用具ショップ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました