CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«小規模多機能自治という考え方 〜応用編〜(地域毎の人口分布のグラフH) | Main | 「たがさぽのクリスマス雑貨市」出展団体のご紹介!(その1)»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
にゃんとすばらしき地域猫活動 〜学生サークルの取り組み〜 [2017年11月09日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小橋です。
毎週木曜は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。


みなさんは「地域猫」を知っていますか?
「地域猫」というのは、特定の飼い主がおらず、地域住民で共同管理している猫のことです。野良猫に関わるトラブル(無闇な餌やり、ゴミ漁り、糞など)を地域で解決し、不幸な猫を減らす取り組みです。一般に、去勢・不妊手術後に耳をカットすることがあり、一目で地域猫と分かります。


そんな地域猫の活動を行う大学生のサークルをご紹介します。


東北大学生の猫サークル とんねこ

仙台市で多くの猫が殺処分になっている現状を変えるため、2014年に立ち上がった東北大学生の猫サークルです。最終目標として「仙台市での殺処分ゼロ」を目指しています。
活動内容は、地域猫活動として
 ・猫の健康管理
・猫の去勢不妊手術
・付近の清掃
・里親募集
などを行っています。

活動資金を集めるため、仙台市内の猫雑貨専門店で猫グッズの販売も行っています。また、支援物資の寄付や、一時預かりのボランティアも受け付けているそうです。
とんねこHP
とんねこTwitter


他にも、こんな活動を行う学生サークルもあります。


福島大学ねこサークル ふくねこ

「ネコと学生の共生できる大学」をコンセプトに2016年に立ち上がりました。学内で暮らす猫による学生生活への悪影響がないように、また、猫もストレスなく暮らしていけるように、猫の管理、環境整備、保護した猫の里親探しなどを行っています。
11/25(土)には地元福島交通の飯坂線の列車を貸し切り、猫の里親探しのイベントを開催することになっています。
ふくねこHP
ふくねこTwitter


「地域猫」という言葉が浸透し始めている中、大学でもこうした活動が生まれています。猫も人も幸せに暮らすために、地域の人たちの認知、理解・協力が大切です。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました