CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「たがさぽ文庫」に新着図書が入っています! | Main | TAGAJO Future Labo 3rd season 3回目のご報告»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
NPOの商品、サービスで地域を元気に!!「ふるさと納税」って? [2017年09月21日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

朝晩少しずつ涼しくなって、秋の訪れを感じる今日この頃。それもそのはず。明後日23日は「秋分の日」です。この日を境に夜の時間が少しずつ長くなり、秋の夜長に読書でも・・・いかがでしょう?読書より秋の夜長はスイーツでのんびり、が好きです。

さて、今日ご紹介するのは「ふるさと納税」についてです

もうおなじみのふるさと納税ですが、ここであらためて「ふるさと納税」とは・・・


1.納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。
→税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。

2.生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。
→人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。

3.自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。
→選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

※総務省ふるさと納税ポータルサイトより


わがまち多賀城市のふるさと納税で寄附を受けたお金は、多賀城の震災復興や子育て支援等に使われています。
詳しくはふるさと・多賀城応援寄附金の使い道をご覧ください。


寄附金の使いみちは自治体によって様々あります。
佐賀県のように、NPOや各種団体の支援に役立てている自治体もあります。
また、同じ宮城県の亘理郡山元町では寄附金の返礼品として、NPOの商品、サービスを提供しています。


この、ふるさと納税の寄附先を「返礼品」「地域」「使いみち」などから選べるサイトもあります。ご参考ください。
ふるさとチョイスはこちらから

たとえば、「地域でチョイス」の中から「多賀城」を選んだ場合は以下の通り。
ふるさとチョイス 宮城県多賀城市


山元町は返礼品でNPO等と連携しているようです。

☆コンシェルジュがご案内!完全オーダーメイド 山元町の今を知る・学ぶ一日ご案内
(提供:やまもと関係案内所マチビト/一般社団法人ふらっとーほくが運営)

☆山元町ミガキハウス宿泊チケット 朝食付き(1名様分)
(提供:NPO法人GRA)

☆工房地球村焼菓子セット
(提供:社会福祉法人山元町社会福祉協議会)


まだ寄附したことのない方、是非、ふるさとチョイスのページを覗いてみてはいかがでしょうか?
あなたの寄附したお金が、地域や地域で活動し、支えている団体を元気にするために役に立つのです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました