CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NPOいちから塾開催します! | Main | 多賀城にも民話がたくさんあります。「民話を語る会」を聴きに行きませんか?»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
多賀城の魅力「貞山運河」を活かそう! [2017年07月13日(Thu)]
こんにちは。スタッフの川口です。
木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

みなさんは、どこに多賀城市の魅力を感じますか?
私は「貞山運河」。優雅でいて、多賀城の工場の遠景とのコントラストがとてもたまりません。
「貞山運河」は、阿武隈川から塩竈湾を経て、石巻に至る国内最長の運河。明治時代、発案者の伊達政宗の法名「貞山」にちなみ、名付けられました。多賀城市分は江戸時代前期に掘削されて御舟入堀と呼ばれ、伊達藩の物流を支えました。「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されています。

貞山運河写真4.JPG
写真提供:多賀城市教育委員会文化財課

貞山運河72049_topImg.png
写真提供:貞山運河「御舟入堀」プロジェクト

さて、そんな「貞山運河」に関する活動をご紹介します!

ひとつは、貞山運河研究所。貞山運河研究所は、貞山運河の魅力を再発見し、地域振興に活かすことを目的に活動しています。

貞山運河を活用した事業や部会がたくさんあり、活動しています。
活動内容は、貞山運河の調査研究から貞山運河を観光資源としての情報発信、貞山運河を活用した観光ツアーやイベントの開催やブランド開発などのビジネスの展開、沿川の自治体や住民、企業などを結ぶコーディネート役など多岐に渡っています。

空から貞山運河を撮影し、ホームページで発信したり、地元の町内会と一緒にフットパスイベントを開催したりしています。
7月9日には貞山運河研究所と新浜町内会(仙台市宮城野区)が主催で、東北学院大学、せんだい3.11メモリアル交流館、高砂市民センター、NPO法人水・環境ネット東北の協力で「新浜の渡し船とフットパス」を開催しました。
幅広い活動を行っていますので、興味のある方はHPをチェックしてみてください。
貞山運河研究所ウェブサイト


そして、貞山運河「御舟入堀」プロジェクト
歴史的土木遺産である「日本一の貞山運河」の中核として、「御舟入堀」を新たな観光資源として地域振興につなげ、次代へと伝えていくことを目的に、平成28年4月2日に設立されたプロジェクトです。
日本一長い貞山運河を作らせたのが伊達政宗公ということで、政宗公の生誕450年記念して7月22日に「運河で乾杯♪」を開催します。こちらは夏まつりだそうです。楽しそう!


第1回 伊達政宗公生誕450年記念「運河で乾杯♪」

運河で乾杯.jpg

 お子様からおじいちゃんおばあちゃんまで集って、みんなで政宗公の誕生日を祝って乾杯をしましょう!
と き 2017年7月22日(土)15:00〜   
ところ 武田の笹かまぼこ3階社屋(塩釜市港町2-15-31)

本間ちゃんのトークショー&乾杯もありますよ!いいですね。

ほかにも貞山運河「御舟入堀」プロジェクトでは、貞山運河のクリーンアップ大作戦や、貞山運河の歴史講座なども開催しています。こちらもご覧ください。

貞山運河「御舟入堀」プロジェクトウェブサイト


貞山運河を通して、いろいろなまちや人がつながっていけたらいいですね!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました