CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«みやぎ生協福祉活動助成金 | Main | 「ジェンダー」という視点で社会を考える»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
いろいろな視点でまちを発見!みやぎスリバチサロン [2017年06月15日(Thu)]
こんにちは。たがさぽの川口です。
毎週木曜日は、市内外の団体の取り組みをご紹介しています。

今、全国でまちを歩いて再発見する「まち歩き」が盛んに行われていますね。今回ご紹介する「みやぎスリバチサロン」は、東京スリバチ学会会長の皆川典久さんも参加の公認サロンです。

皆川さんと言えば、「すべての坂はスリバチに通ず」をモットーに、地形の高低差を楽しむまち歩きをされている有名な方です。(NHK「ブラタモリ」でもおなじみです)そんな皆川会長のお話をもっと聞きたい!地形について知りたい!という方が集まり、ゆるりとはじまったのがスリバチサロンです。

身近な宮城、仙台を知りながら、住みたいまち、誰かに教えたくなるまちになることを目的に開催しているそうです。
これまでの回では、皆川会長による「役に立たない地形のお話」とか、「地形と水が奏でる町の魅力」と題した、名取・岩出山・山形・前橋・ローマ・郡上八幡・京都などの事例を紹介したお話などを開催したそうです。ほかにも『春なのでブラ岩切』と題したみやぎスリバチサロンとブラ岩切実行委員会のコラボまち歩きなど、楽しい活動が行われてきました。
(参加したかった涙ぽろり
あまりに楽しそうなので、6月9日に行われた「第5回スリバチナイト@たまきさんサロン」に参加させていただきました。


1.jpg
みなさん真剣です



今回の講師は、郷土史・家紋・姓氏研究家 厚綿広至さん。「伊達政宗公が誕生した450年前の仙台を知る」と題した、中世室町時代の仙台の家紋や姓、地名のお話。伊達政宗公が仙台の藩主となる前統治した国分氏や岩切城の留守氏のお話はとても興味深かったです。ほかにも国分氏と国分町のつながりと由来や、誰でも「藤原」「源」などの本姓を持っている話など、知らない歴史のお話を聞くことができました。われらが多賀城の話もでてきました!(国府があった多賀城は、源頼朝勢に攻められていたころの留守氏や領地のお話など‥) とても充実した時間を過ごさせていただきました。

さて、「スリバチサロン」ですが、企画する方も楽しめるよう、ゆるりと開催しています。メンバーも固定化せず、それぞれやりたい人が企画して、変わっていくことを楽しんでいます。そうすることで、いろいろな視点でまちを見ることができるそうです。
 そして座学の後は必ず交流会を行います。これは楽しすぎる大人の部活ですね!
みなさんのまちのことも、いろいろな角度から楽しく知ることって大切だと思いませんか? そして、仲間づくりという観点でもすばらしい活動ですね。多賀城でもぜひ開催したいと思いました。
みやぎスリバチサロンは平日の夜、不定期開催中です。7、8月はお休みで、9月に開催予定です。

興味のある方はご覧ください⇒みやぎスリバチサロンFacebook


2.jpg


会場の「せんだい環境学習館 たまきさんサロン」は、青葉山にある東北大学大学院環境科学研究科棟本館にある、仙台市の施設です。たまきさんとは、「環境」という単語をひっくり返すと「境 環(さかい たまき)」という人の名前のようだね!ということから生まれた架空の人物の名前なんですって!木質で環境系の本がいっぱいある楽しい空間でした!ぜひみなさんも行ってみてください。

Posted by 齋藤 at 14:05 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました