CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【町内会文化祭】見せ方・もてなし…さまざま | Main | 「tag」46号発行しました!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
田んぼのオーナーになってみませんか? [2016年10月27日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

10月ももうすぐ終わり。秋の深まりとともにスーパーなどでは「新米」が出そろってきましたね。炊き立ての新米はそのままでもとても美味しいものです♪そこで今日紹介するのは


NPO法人 大山千枚田保存会


平成11年に農林水産省「日本の棚田百選」に認定された「大山千枚田」
千葉県鴨川市にあります。鴨川の中山間に位置し房総半島のほぼ真ん中にあり、東京から一番近い棚田として知られています。平野の田んぼと違って耕地整理が遅れたことが、この美しい棚田を現代に残すことになりました。

近年、「棚田オーナー制度」を導入したことで、都市住民と地域との交流の促進をした結果、農地の維持管理に成功している事例として注目を集めています。そして、里山の保全活動を支援する会員を募集しています。

「棚田オーナー」に応募するにはどうしたらよいのでしょうか?
その1.たんぼへ足を入れて稲を作る意欲があること。
その2.自然とつきあう勇気を持っていること
これがあれば応募できます!


大山千枚田のオーナー制度は「作業参加・交流型」です。


春の田植えから秋の収穫の稲刈り、脱穀、収穫祭など米作りに関わる作業に参加し、自らの手で育てたお米を味わえる、なんて幸せなことなのでしょう!

お米を育てる工程はすべて手作業です。でも安心してください!農家の方がこまかに指導をしてくださいますので、技術的なことがわからなくても大丈夫です。
また大山千枚田保存会では棚田オーナーだけではなく、さまざまな農業体験プログラムなども実施しています。もちつき体験、藍染体験、そして棚田の自然観察・・・。まだまだたくさんあります。(詳しくはホームページをどうぞ)
棚田は、多面的機能を持っていて、これを守ることが洪水などの災害を防止したり、貴重な生態系や環境の保全になります。
近年は自然災害に驚かされることが多いです。美しい自然に触れながら、そして自然の中で共生する大切さを学び、その自然を未来へ残していくお手伝いをしてみませんか?


illust2435_thumb.gif


NPO法人大山千枚田保存会
facebook
Posted by こんどう at 20:24 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました