CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«社会課題解決に向けた活動を応援!「みやぎチャレンジプロジェクト」 | Main | 2016年8月 宮城県内・多賀城市内のNPO法人数»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
漂流物が素材。アート作品で海浜美化啓発活動 [2016年08月18日(Thu)]
こんにちは!スタッフの小橋です。
毎週木曜日は市内外の取り組みや団体をご紹介しています。

夏休みも中盤を過ぎましたね!旅行などで海に行った方も多いのではないでしょうか。
海へ行くと気になるのが、どこかでポイ捨てされ、流れ着いた漂流物。そんな漂流物を「海からの贈り物」としてアート作品を作り、海浜美化啓発活動を行っている団体があります。

特定非営利活動法人日本渚の美術協会


漂着物と一口に言っても、貝殻・流木・海藻などの自然物やガラス・プラスチック・石油化学製品などの人工物まで、種類はさまざまです。アート作品の素材になると判断するのは実際に拾う方々。ゴミと判断した物は回収ルートに乗せ、アートになりそうな物は持ち帰り作品として生まれ変わります。

この活動の目的は、海で拾った「海からの贈り物」を使って作品を作り、それを多くの人に見てもらうことで、渚にはたくさんの物が落ちていることを再認識してもらうことです。
作品の素材は、渚にあるので、海に行かなくてはいけません。素材を探すついでにゴミ拾いもしてもらうことで、楽しい宝探しになります。「海からの贈り物」で作ったアート作品は定期的に展示会を行っています。


「海をきれいにしましょう」「ポイ捨てはやめましょう」という言葉を耳にすることはよくありますが、それだけではなかなか人は動いてくれないことが多いです。今回ご紹介した団体は創作活動という手法を通して楽しく美化啓発活動を行っています。活動に人が集まってくれない、などの課題がある団体は、こうした楽しいワンクッションを入れてみてはいかがでしょうか。

特定非営利活動法人 日本渚の美術協会
ホームページ:http://www.npo-nagisa.com/
Facebook:https://www.facebook.com/SeabornArt/
Posted by 櫛田 at 15:29 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました