CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「チラシ成功のポイント」教えます! | Main | 地域をつなぐ「高橋4区合同夏祭り」»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
「日本大好きプロジェクト」がたがさぽに来てくれました! [2016年08月04日(Thu)]
こんにちは。スタッフの小林です。
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

いよいよリオオリンピックの開催が近づいてきましたね!世界各国のアスリートが集うスポーツの祭典です。そして2020年は東京でオリンピックが開催されます。日本の「おもてなし」の心で世界のアスリートを迎えたいですね。

さて今日紹介するのは

NPO法人日本大好きプロジェクト


日本大好きプロジェクトは、和紙、茶道、藍染、書道、折り紙などの日本の伝統文化に数多く触れることでたくさんの人に日本文化を深く理解してもらい、心から「大好き」になることを目指す団体です。
多摩大学の村山貞幸教授のゼミで、平成20年10月より日本の伝統文化を伝承してゆく活動を始めました。
現在は主に子どもたちに日本の伝統文化を伝えることを中心に活動を進めています。徐々にその活動範囲を広げ、様々な形で老若男女が参加する活動にし、最終的にはまちのあらゆるところで日本の伝統文化に触れることができ、みんなで「日本大好き!」と言えるような雰囲気を創ってゆきたいと考えています。

幼稚園、保育園、児童館、その他高齢者施設を訪問し、これまで1,700回を超える日本の伝統文化の伝承活動や、「和紙キャンドル」を用いて日本の「和」を感じることのできるイベントを実施してきました。

これまでの主な活動をご紹介すると、

★和紙キャンドルガーデン−TOHOKU 2015− 東京ミッドタウン
ゼミ生が心を込めて手漉きした和紙に38市町村の被災者の方からメッセージを書いていただき、それをキャンドルにして市町村ごとに七宝紋様という「繋がり」をあらわす紋様を表現したもの。

★増上寺七夕祭り 和紙キャンドルナイト2016 増上寺
ゼミ生が心を込めて手漉きした和紙で4,000個以上の「和紙キャンドル」を製作し、七夕をイメージさせる天の川や彦星と織姫の喜び、孤独、憂いを演出したもの。また、港区に住む子どもたちの夢や希望を「繋がり」を意味する七宝の形で和紙キャンドルを配置し、地元の子どもたちとの「繋がり」を表現した。

そして、今年も和紙キャンドルガーデン−TOHOKU 2016− 東京ミッドタウンが開催されます。

その和紙キャンドルガーデン−TOHOKU 2016− 東京ミッドタウンのためになんと、そのゼミ生が多賀城に来てくださいました。たがさぽとその他多賀城の2施設で和紙キャンドルのメッセージを集めました。
もちろん、たがさぽのスタッフのメッセージもありますよ!!

画像@.JPG
どんなメッセージを届けるのでしょうか?


画像A.JPG
メッセージ考え中…。


画像B.JPG
このようなメッセージがキャンドルになります


日本の伝統文化に触れることで、日本の良さを見直す機会にしてみませんか?
そして次の世代に繋いでいきましょう!!

ホームページはこちら → 日本大好きプロジェクト

Facebookはこちら →
Posted by こんどう at 16:11 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました