CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«水道週間特別展示「水道と防災」はじまります。 | Main | 「TAGAJO Future Labo 2nd season」開催のお知らせ»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
がんばる人、一生懸命な人にエールを! [2016年06月02日(Thu)]
こんにちは、スタッフのわたなべです!
毎週木曜日は、市内外の団体や取り組みをご紹介しています。

さて、今年も私は、先日開催された「仙台国際ハーフマラソン大会」にボランティアとして参加してきました。
ちなみに昨年の様子はこちら↓
仙台国際ハーフマラソン大会でボランティア。
たがさぽPress 2015年5月31日(日)掲載


スタート前に陸上競技場の前で準備作業をしている時に現れた学生服姿の集団。「何かな〜」と思っていたら、彼らは出場ランナーにエールを送りはじめました。とても気合と迫力がこもった応援に人が集まってきて、私も思わず見入ってしまいました。

最初にエールをもらったランナーの方は、応援されている時は少しはずかしそうでしたが、終わってから「格好良かったー」と一言。そのあとは、ランナーが次々とエールを受けようと列ができるほどでした。

20160508_aozora_ouendan_2.jpg

自分だけに気合の入った応援をしてもらえる、このことはランナーに大きな力になったと思います。

この時にエールを送っていたのは
青空応援団
です。

「青空応援団」は2013年6月に、高校の応援団OBが集まって結成された社会人の応援団です。
本気で頑張る人たち、一生懸命生きている人たちにエールを送り、応援を通じて社会を明るく、人と人とが心から応援しあう文化を定着させようと活動に取り組んでいます。

現在のメンバーは、東京組、関西組、福岡組を含めて約60人。週に一回は応援の練習を行い、依頼に応じて全国各地に赴きエールを送っています。
これまで、中学校での応援指導や選手激励、マラソン大会や祭りなどのイベントへの参加をはじめとして、結婚式や余命宣告された患者の方など個人に向けてもエールを送ってきました。また2014年7月にはパリで開催された「ジャパンエキスポ」にも参加し、会場を訪れた人たちにエールを送ったそうです。

「頑張ることは格好いい」「心と心のやり取りの大切さ」―応援を通して、多くのことに気づかせてくれる青空応援団。そのエールにこれからも多くの人たちが励まされ、頑張る力となることでしょう。

青空応援団の活動について、くわしくはWebページをご覧ください。
青空応援団ウェブサイト

また、「河北新報」でも記事が掲載されていましたので、こちらもご覧ください。
河北新報オンラインニュース
「社会人応援団が大河原中を激励」(2016年5月30日(月)掲載)
Posted by 櫛田 at 16:24 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました