CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「熊本地震災害に関わる支援活動助成」のご案内 | Main | アルコールに関する問題について考えてみませんか?»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
地域の未来へ種をまく。 [2016年05月04日(Wed)]
こんにちは!スタッフのわたなべです。

毎週木曜日は、市内外の取り組みや団体をご紹介しています。

山元の未来への種まき会議


「山元の未来への種まき会議」は、宮城県山元町内外の団体・個人がアイデアや情報を持ちより、山元町の未来がよりワクワクしたものになるように種をまく、交流・マッチングの場です。

東日本大震災後、山元町では町内外の多くの団体が活動してきましたが、情報共有の場がないなど、横のつながりはあまりありませんでした。復興に向けた取り組みの中で、1つの団体では解決できないような問題も出てきたこと、情報交換の場が求められるようになってきたことから、2013年7月にはじめて開催されました。

会議は、山元町内外の団体・企業・行政機関や個人が参加して2ヵ月に1回のペースで開催され、各団体の活動紹介や告知といった情報共有や団体間のマッチングの場の提供などを行ってきました。この会議を通して、互いの取り組みを知ることができるだけでなく、得意分野を活かしあっての協働も行われるようになってきているそうです。また最近では会議の開催だけでなく、交流拠点「なわっしょ」の運営・管理や各種研修会のサポートなども行い、まいた種が大きく育つような態勢を少しずつ整えつつあります。

次回、第19回目の「山元の未来への種まき会議」は、5月22日(日)13:30から山元町中央公民館で開催されます。山元町に関わりのある方はもちろん、「どんなことをやっているのだろうか?」「自分の地域でもこんなことやってみたい」など興味を持った方はぜひご参加ください。

今まいた種から芽が出て、大きく育つまでには長い時間がかかるかもしれません。しかし、種をまかなければ芽は出ないし、世話をしなければ大きく育つことはないでしょう。山元町のように、地域の未来を見据えて種をまき、見守り育てていくのはどこの地域でも必要なことではないでしょうか。

山元の未来への種まき会議
Webページ
Facebookページ
Posted by こんどう at 08:52 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました