CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【祝】夜考虫。5周年記念イベント! | Main | 夏祭りの工夫、のぞいてきました»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
『TAGAJO Future Labo』第1回目を実施しました。 [2015年07月27日(Mon)]
こんにちは!スタッフの武内です。

今年度、たがさぽがお届けする新企画の講座

  その名も
TAGAJO Future Labo

〜 多 賀 城 未 来 実 験 室 〜

(通称:TFL)

画像1.jpg


7月25日(土)より、ついに本講座開が始まりました!

TFLでは【あなたの想いで地域の未来を描く】をスローガンに
「何かをしたい!」と思っているけど、その“何か”が見つからない。
「自分の特技を地域に活かしたい!」けど、どうやって“活かせば”いいかがわからない。
「したいことはある」けど、なかなか“行動”までたどりつけない。
こうした想いを抱えている方に、一歩前に進む・行動に移すキッカケを掴んでいただく事を目的に行います。

そのために『何かをしたい!』という気持ちに向き合うための時間と場所、想いを整理する手掛り、そして共に探し出そうとする仲間と一緒に、参加者の方々の中にある“何か”の答えを探し出そう!
という内容を準備しています。

第1回目となる今回は
改めて、講座の趣旨を説明することからはじまり

●総合プロデューサーの紹介と事例説明

●想いを整理するためのワークショップ

●ワークの内容を参加者同士で共有

●共有したそれぞれの想いをもとにディスカッション


という内容で行いました。


こちらは本講座の総合プロデューサーの佐々木秀之さんです。
画像2.JPG


佐々木さんからは、既に第一線で活躍されている様々な方々のお話をもとに、活動についての階層(個人の行動からグループでの活動、任意団体、法人など)のお話をいただきました。

次はワークショップを通し、参加者ご自身の想いを整理していただきました
皆さまにはこうしたシートにお取組みいただきました。
画像3.JPG


講座中の限られた時間ではありましたが
画像4.JPG

それぞれの方々が、ご自身の内面に真剣に向き合っていただく時間だったかと思います。

そしてメインとなる
それぞれの想いの共有と、その内容について語り合うディスカッションです。
会場のレイアウトも一新しての実施です。
画像5.JPG

ワークショップまでは、その内容からかなり重い空気も漂いましたが、全てはこの時間に辿り着くために、どうしても必要なステップでした。
このように語り合うことで、参加者の方々がお互いを知ってゆくと共に、ワークでは伝えきれなかった想いや考えが言葉でなって出てきます。
画像6.JPG

“こうなると良いな”と最終的なカタチを話される方や、多くの“やってみたい事”を事前にノートにお書きいただいて来られた方など、本当に様々な想いが溢れお互いを刺激し合う時間となりました。

こうして、1回目のTFLは終了しましたが、全体を通してみればスタートラインを切った状態です。
今後TFLは年をまたぎ、2016年の1月を一つの区切りとして進んでいきます。
これから、TFLがどのように歩んでいくのか、本ブログでもご報告いたしますので、お楽しみに!

Posted by こんどう at 20:25 | 事業レポート | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました