CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«スペシャルトークイベント「私がTシャツをつくる理由」参加者募集中! | Main | スペシャルトークイベント「私がTシャツをつくる理由」開催しました!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
定禅寺ストリートジャズフェスティバル実行委員会 [2014年09月13日(Sat)]

こんにちは、スタッフの武内です。

9月に入り涼しい日々が続いています。
早朝や夕方はひんやりと感じるくらいですね。
過ごしやすい気候で土・日・祝日は各地でイベントが開催される季節です。
ただ、今年の9月は局地的に大雨が降るようで、住宅への浸水、道路の冠水といったニュースも見かけます。天候の変化に注意しながら、イベントを堪能したいところですね。

さて、土曜日は団体や多賀城の面白い人の紹介をしていますが
今回は、本日9月13日(土)・14日(日) に仙台で開催されている。

定禅寺ストリートジャズフェスティバル
画像1.jpg
実行委員会です。

イベントを実施する際に、さまざまな立場の人たちが色々な資源を出し合って結成する“実行委員会”。
多くのイベントの主催者を見てみると『○○実行委員会』となっていることも多いです。
イベント開催という明確な目的に向かって、同じ想いをもつ人や団体が企画の段階から参加するので、積極性が高く、様々なアイディアが実現し易い傾向にあるようです。
ただ、イベントという目的が終わると続けることが難しかったり、多くの人が関わるため「誰に責任があるのか」といった部分が曖昧になることもあるようです。

そんな中、定禅寺ストリートジャズフェスティバルは今回(2014年)で24回を数えます。
その運営方法や継続する想いを少し紐解き、別の視点でフェスティバルを見てみるのはいかがでしょうか?

★定禅寺ストリートジャズフェスティバルホームページ
(日本語の他に5カ国語に対応しています。凄いですね)

★関連図書
『ヒトを呼ぶ市民の祭運営術―定禅寺ストリートジャズフェスティバルのまちづくり』
価格:1800円+税
著者:菊地 昭典
(たがさぽ文庫にも蔵書しています。)
Posted by 櫛田 at 17:22 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました