CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«小学生ジャズバンド☆ブライトキッズ | Main | たがさぽブログ日曜版-待ち遠しい春»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
障がいのある人も、障がいのない人も、みんながまちづくりの主役だ! [2014年01月25日(Sat)]
こんにちは、スタッフの近藤です。

毎週土曜日は地域で活動する団体をご紹介しています。

今回紹介するのは、気仙沼で活動する「NPO法人ネットワークオレンジ」さんです。

ネットワークオレンジさんは、2003年に設立したNPO(法人格取得は2008年)で、
「障がいのある人も、障がいのない人も、みんながまちづくりの主役だ!!」をスローガンに、これまでの福祉の枠にとらわれない自由な発想で、障がい児・者の社会参加支援を展開しています。

みなさんも知っていますように気仙沼は、東日本大震災によって、壊滅的な被害を受けたまちです。
気仙沼市八日町(市役所の近く)に事業所を構えていたネットワークオレンジさんも津波の被害を受け、活動拠点を失うことになりました。団体として危機的状況に追い込まれたのです。

しかし、スタッフさんの奮闘や周囲からの支援を受けながら、震災のわずか3ヶ月後の2011年6月2日、三日町にコミュニティーカフェ「チャの木」をオープンさせます。この活動拠点を中心に、支援物資の配布、イベント開催によって市民の憩いの場として、気仙沼ににぎわいをつくってきました。

その後、アート事業「Orange Canvas」をスタートさせ、障がいを持つ子どもたちの心の解放と安定を目的に、現在も創作活動を行っています。
障がいを持つ子供たちが描いた絵を、パッケージデザインした「ぽっかぽか堂パック」には、子どもが喜ぶ駄菓子や、大人も満足する気仙沼の名産が入っており、ネットワークオレンジさんの目玉商品となっています。

uid000001_20121024062644b31fb407.jpg




また「Orange Canvas」では、成果発表展として、昨年3月にニコンプラザ仙台で展覧会を開催しました。会期中は100人以上が来館し、好評を得ました。




多種多様、そしてユニークな方法で、福祉の概念を変えていく、ネットワークオレンジさんの活動は、全国からも注目を集めています。

ネットワークオレンジさんの活動が気になる方は、ほぼ毎日更新されるブログ「ぽっかぽかオレンジ」をご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぽっかぽかオレンジ
Posted by こんどう at 09:00 | 団体紹介 | この記事のURL | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました