CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「さぽせん広場」inスポーツフェスティバル | Main | 外国の文化にふれる「国際交流まつり」»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
まちづくり情報サイト「街元気」のご紹介 [2013年10月17日(Thu)]
こんばんは。スタッフの阿部です。
毎週木曜日は、市民活動・町内会活動に関するノウハウ、日本・世界のイノベーション・プロジェクトをご紹介します。

本日は、まちづくりに関する情報が集まったサイト、「街元気」のご紹介です。
画像(街元気).jpg
https://www.machigenki.jp/ja/

こちらは、経済産業省が運営し、まちをもっと元気にしようとまちづくりを頑張る人を応援するサイトです。

全国で行われているまちづくりの事例は、記事と動画で紹介されています。また、「まちづくりの手引き」では、「まちづくりに向けた意見、アイディアの引き出し方」など、まちづくりのヒントをテーマ別、レベル別で学ぶことができます。

取り組み事例のひとつである、東京都の西小山商店街にて行われた取り組みは、子どもから大人まで、思わず参加したくなるイベントでした。
西小山には「これ!」と言った特色が無いとのことで、「このまちでは、何をやってもダメさ」という空気が漂っていたとのことです。そんなまちをもっと元気にしたい、より多くの人が来てほしいとの思いで実施されたのが、なんと「ミステリーツアー」です!
pic21_4.jpg

このイベントは、まちを舞台にした短編ミステリー小説を作成し、小説とミステリーマップを基に、参加者が謎解きをするまちあるきイベントです。謎を解くには、同じ道を何度も通ったり足、お店の人に話しかけたりすることが必要不可欠コミュニケーションを取ることで、まちと人とのつながりが生まれ、イベントが終了する頃には、まちが大好きになっているハートたち(複数ハート)とのことです。
こちらのイベントには、1000人が参加し、アンケートでは初来場者の85%が「また来たい」と回答したとのことです。今まで何も無いと思っていたまちでも、イベントを通じて、みんなが地域やそこに住む人の魅力に気付いたすてきな事例です。

西小山商店街にぎわい再生プロジェクト研究会 川崎義雄「まちとヒトのコミュニケーションの回路を開くミステリーツアー」(前編)

西小山商店街にぎわい再生プロジェクト研究会 川崎義雄「まちとヒトのコミュニケーションの回路を開くミステリーツアー」(後編)

「まちづくり」というと難しそうなイメージがありますが、いろんな楽しいアイディアが、まちを元気に、楽しくしていきます。

他にも、毎号1000円の経費で発行する長野県のフリーペーパー「西之門しんぶん」、まちなかで「虫の音」を楽しむ兵庫県の「鳴く虫と郷町」など、気になる・ためになる情報が満載です。

自分が住む地域をもっと元気にしたい、もっと楽しくしたい…exclamation×2と考えるみなさん、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました