CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«夏だ!祭りだ!多賀城月の市「にぎわい祭り」のご案内 | Main | たがさぽに映画監督がやって来た!»
プロフィール

多賀城市市民活動サポートセンターさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/tagasapo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tagasapo/index2_0.xml
タグクラウド
大切なおもちゃが壊れたら・・・ [2013年08月17日(Sat)]

こんにちは。

スタッフの桃生(ものう)です。

毎週土曜日は市外・県外の取り組みを紹介しています。

今回ご紹介するのは、日本おもちゃ病院協会です。

日本おもちゃ病院協会はこわれたおもちゃを修理し、新しい命を吹き込むために活動しているボランティアグループで1996年に発足しました。

発足してから17年。今では北は北海道から南は鹿児島まで全国各地でおもちゃ病院ができています。各地のおもちゃ病院のHPをチェックするとそれぞれ個性的なページを作っていて、中には修理したおもちゃを紹介している場合もあり楽しみながら観ることができます。もちろんおもちゃ病院のドクターは、きちんと研修(入門編・実践編)を受けたおもちゃ修理のプロたちです。

今ではケースによってはおもちゃ屋さんでは直せないおもちゃが病院にまわってくることもあるそうです。

無題1.png

無題.png

宮城県内でもいくつかのおもちゃ病院(ドクター)が日々、子どもたちの笑顔のために活動しています。実はたがさぽでも数か月に一度おもちゃ病院が開かれています。詳しくは、また改めてご紹介します。


おもちゃを直したい方、ドクターになりたいという方
まず日本おもちゃ病院協会にHPをチェックしてみてください。
http://toyhospital.org/index.htm
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました