CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
プロフィール

特定非営利活動法人 多文化共生センター東京さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
フリースクール最終日 [2011年12月22日(Thu)]

いよいよ2011年も終わります。

たぶんかフリースクールの通常クラスは先週の16日で終わりましたが、20日から今日までの3日間は三者面談と普通の学校における補習期間でした。
 
今日は日本語をメインで補習を行われました。
補習の内容は、来年の推薦入試に向けて、面接時で聞かれそうな問題について子どもたちにその答えを書く練習をしました。

推薦入試を受ける子どもたちのほとんどは日本語がまだ不十分で、試験官の質問を聞いてすぐに答えらないことがあります。
自分で日本語を書いて、読む練習をさせて覚えてもらうようにしました。
 
今日からはフリースクールも冬休みが始まるので、補習終わった後、生徒たちは冬休みの宿題を受け取ってみんな帰っていきました。

<インターン 張学しん>
多文化大クリスマスパーティー [2011年12月17日(Sat)]

今日は大クリスマスパーティーを開催しました。13時から小学生、16時半から中学生および卒業生の高校生があつまりました。
まずは小学生の部。大人合わせて10数名というアットホームな会。手作りのクリスマスカードをお父さんお母さんのために色紙やシール、フェルトをつかって作成。みんな男の子ばかりなのですが、ハートやピンクの色をつかって、とてもキュートなカードを作成!そのあとはジェスチャーゲームをおこないました。出題者はアメリカ出身のボランティアとてももりあがり、まさに多文化なひと時でした。

つづいて中学生以上のクリスマスパーティー。出席者は100名強という盛大なパーティー。チームにわかれてジェスチャーゲームをしました。優勝チームからボランティアがもちよかったプレゼントを選ぶ権利を獲得できるようして、プレゼントを選べる部屋をもうけました。こどもたちは大興奮!途中どのチームが何位なのかわからない状態がおきましたが、みんな満足いくプレゼントをもって帰ったようです。

来月からは受験シーズン突入です。3月に、みんな今日のような笑顔を卒業式でみせてくれることを願います!
Posted by 多文化東京 at 20:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマス会の準備 [2011年12月16日(Fri)]

冬シーズンに入って、イベントといえば真先に頭に浮かぶのはきっとクリスマスだと思います。
例年同様、今年も多文化共生センター東京ではクリスマス会を行います。
 
 親子日本語教室のポランティアの方々は、子どもたちのためにどんなプレゼントを用意すればいいのか、頭を抱え悩まされます。
子どもたちの期待に応えるため、皆さんが色んなアイデアを出し合って楽しいいクリスマス会になるように頑張っています。
 
 子供プロジェクトのほうでは、例年のようにフリースクールの生徒たちと卒業生やポランティアの方々が各自にプレゼントを用意してもらい、当日ではゲームの景品として使うことになっています。
 
 今週は子どもたちに会うたび、「クリスマス会はどんことやるの?」「何人くらいにくるの?」と聞かれました。

子どもたちの期待に答えれるように明日クリスマス会を盛り上げていきたいと思います
 (インターン 張ガクシン)
自分の文化あなたの文化 [2011年12月15日(Thu)]

クリスマスが近づくにつれてグっと寒くなってき
ましたね。昨日は多文化共生センター東京が実施
する市民講座にアシスタントとして携わらせていた
だきました。

昨日の講座の内容は自分の文化を知るということ
でした。

ワークショップの中では自分自身の譲れないもの
を挙げてもらう課題を行ない、その中で食べ物を
残さないということを回答が多く挙げられていまし
た。

私も幼い頃に教えられ、当然のように思っていま
ましたが、中国ではおもてなしをした際に相手が
料理を全て食べてしまうと、量が少なく、不十分
だったと思うことが多いそうです。

私も以前、中国人の友人宅に招待され、食べ過
ぎてしまったことを覚えています。
自分の習慣を当然のように思い、相手の文化を
理解しようとしていませんでした。

畳の作法など日本独自の文化や日本に来た外
国人の文化も様々な中で、お互いが相手を理解
し、学んでいくことが多文化共生社会の中で重
要になっていくんだなと学ぶことできた講座でし
た。
 
 
 インターン森
Posted by 多文化東京 at 11:56 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ニュースレター「みんぐる」36号発送のお知らせ [2011年12月14日(Wed)]

ニュースレター「みんぐる」36号が完成しました。

「みんぐる」の発行は、3ヶ月に1回ペースの年4回の発行を目標としていますが、最近は定期的には発行出来ませんでした。
前号の発行は9月でしたが、今月号はその3ヶ月後の12月発行で発送する事が出来ました。

みんぐるの記事作成から発送に至るまで、事務局スタッフ・インターン以外にも多くの方のお力をいただいております。
各ページの執筆はフリースクールの先生や土曜日の活動に参加するボランティアのみなさんに、封筒への封入は土曜日の子どもプロジェクトに勉強に来る子どもたちとボランティアの皆さんに、封筒への宛て名ラベル貼りと糊付けは平日夜のクラスに勉強に来るフリースクール生や先生に休み時間中に手伝ってもらいました。(宛て名ラベルの位置が妙に偏っているのは子どもたちによるご愛嬌としてご容赦ください。)

今月号の内容は、10月に青山で大盛況のうちに終わった多文化ユースフェスタの報告、平日のフリースクールの生徒を対象に職場体験やキャリアデザインを考えるキャリアウィークや社会見学の一環としてお台場パナソニックセンター「リスーピア」への遠足など、普段の授業とは異なる課外活動での子ども達の様子が伺えます。

普段は多文化まで来れない会員の皆様には12月14日に発送をいたしましたので、是非ご一読いただければ幸いです。
Posted by 多文化東京 at 13:22 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
子どもたちのつぶやき [2011年12月09日(Fri)]

本格冬シーズンになって来て、今日はとても寒かった。
 今日多文化にK君という日本に来てまだ3ヶ月くらいの子どもがきました。

学校での悩みを抱えているようで、話をしてみると、どうやらまだ日本語が通じず、学校でコミュニケーションがまだ取れないため学校では日本人のクラスメートとうまくいていないようでした。

本人はクラスメートとのコミュニケーションを取ろうとしているが、まだ日本での生活に慣れていなくて、日本の学校生活にはまだ戸惑っているようで、なかなかクラスに溶け込めないでいる。

 彼のことを見てると、まるで昔の自分をみているようで、なんとか力になってあげたいなと思う。

しかし学校では自分で乗り越えなければいけないところもあるので、出来るだけのことは支援していきたいと思います。
〈インターン 張学しん〉
わかります! [2011年12月01日(Thu)]

新宿校は現在、17名の生徒が学んでいますが、そのうち11人が中国出身者です。
なので、当然のことながら休み時間は(というか授業中も)中国語が飛び交います。

が、事務局スタッフの私は中国語がぜんぜんわかりません。
おかげで生徒たちは必死で伝えようとしてくれるのですが、いつも意思疎通に四苦八苦です。

けれど、こんな場面ではわかる時もあります。
授業中の漢字テストの点が悪かったM君は、放課後に再テストです。
ななめ前の席には女の子ふたりが座り、なにやら中国語で話しています。
私はそんななかで黒板の掃除をしていました。
ふと、M君が中国語でなにか言うのが聞こえました。その声に続いて、女の子たちの声。
私はバッと振り返り、「Mくん!人に聞かない!!」
びっくりしているM君に、
「中国語はわからないけど、声の調子でなにを話してるかはわかるよ」と言うと、
Mくんはバツが悪そうに笑っていました。

授業中は生徒たちが日本語を一生懸命に聞いている教室ですが、
休み時間や放課後はそれが逆転します。
その時の自分だけがなにを話しているのかわからない、居心地の悪いような感じ。
生徒たちは日々そんな気持ちをたくさん経験しながら、日本語を学んでいるんだなぁと感じます。

今日は新しい中国語を覚えました。
「明天」(あした)
次はタイ語とタガログ語を教えてもらおうと思います。

 (新宿校 中野)