CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年07月 | Main | 2011年09月»
プロフィール

特定非営利活動法人 多文化共生センター東京さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
月別アーカイブ
スイカ割り [2011年08月27日(Sat)]

夏やすみの最終土曜日。今日は親子日本語クラスでスイカ割りを行ないました。
子ども達は大はしゃぎで、順番が待ちきれない様子。
普段は別の教室で学習している大人クラスの女性も子ども達の目隠しを手伝ったり、
とてもほほえましい後景がありました。

みんな宿題をぜんぜんおえていなので、かなり心配ですが、楽しい夏のひと時をみんなですごせたようです。
夏クラス終了 [2011年08月26日(Fri)]

今日で夏クラスが終了しました。

新宿校には7月や8月に来日したばかりの生徒が何人かいます。
保護者に連れられてはじめてフリースクールに来た時は、
ぜんぜんわからない言葉で話す大人たちに囲まれてただ固くなっているだけで、
スタッフに話しかけられても困惑した表情を見せて下を向いてしまうだけでした。
最初の日も、無言で席について緊張した表情で授業を受けていました。
それが1週間がたつと表情がやわらかくなり、2週間目には笑顔が見られるようになり、
今では授業中にも楽しそうな笑い声が聞こえます。
同じ国の出身同士で助け合ったり、中国出身の生徒がタイ語に興味を示したりと、
少しずつクラスメイトらしくなってきました。

それより少し上のクラスの生徒たちも新しい学校に打ち解けてきました。
最初はシーンとしていた教室ですが、
次第に「先生!これ見て!」「先生、これでいい?」と
先生のとりあいをしているかのような元気な声が聞こえるようになりました。
4時間しっかり集中して勉強をして(時間がすぎてもまだ勉強していることもあります)、
休み時間にはスタッフとしりとりや雑談をして日本語の世界を広げています。
9月からは一緒に勉強しない夏クラスだけの生徒も何人かいるのですが、
それぞれの場所でがんばって、時々は顔を見せてくれればいいなと思います。

新学期は9月7日です!

たぶんかフリースクール新宿より
恵みの雨? [2011年08月19日(Fri)]

どうもこんにちは。今日は激しい雨が降っていて大変ですね。室内はジメジメしていて大変なのですが、外からの風は涼しくてうれしいです笑顔

今日紹介させていただくのはこちらの写真です。

一見大したことのないように見えるかもしれませんが、これがあるのとないのではだいぶ違うんですよね。

自分が多文化共生センターに来ている子供たちと同じような境遇に立ったらと想像しただけでもだいぶ不安になるのですが、彼らは毎日明るく通っていて、本当に楽しそうにしています。

もし、自分がいきなり中国語ばかりが使われている所へ急に行くことになったらうまくやっていけるのか不安になることでしょう。

そんな環境の中頑張っている子供たちには本当に刺激を受けます。
実際に子供たちと個人的に話す機会があったりもしたのですが、しっかりと考えを持っている子が多くてびっくりしました。  
そんな彼らを私たちは一生懸命応援し、サポートしていきたいと思います。

まだまだ私もいろいろなことを経験して勉強させていただきます!
「…を貸してください」 [2011年08月18日(Thu)]

新宿校には夏期講習で「あいうえお」から始めた生徒が4人います。
ひらがな・カタカナを覚えながら、会話の練習をはじめていきます。
今日は「〜てください」の言い方の練習。

「言ってください」「聞いてください」「見てください」などひととおり勉強してから、実践。
指示されたものを事務スタッフの人から借りてみよう!いうことになったようです。
スタッフの名前を覚え、「貸してください」と発音の練習をしながら、
部屋を出て…廊下を歩いて…階段を五段降りて…
事務スペースにきてスタッフの名前を呼んで、「貸してください!」ときれいに言えました。
が、忘れてしまったんですね、借りてくる物のほうの名前を。
しばし見つめあう二人
「…」
「いいけど、なにを貸してほしいの?」
「…らば」
「ラバ?なわけないし、ラッパ?も事務室にはないし」
(手首を水平に動かすしぐさ)
「マウス?」(差し出してみるが違う様子)
(なにかを握った形の手を細かく動かす)
「あっ、消しゴムだ!あぁ、rubber!」(生徒もスタッフも英語が母語ではありません)
          ……会話練習のはずがジェスチャーゲームになってしまいました。

これできっと「消しゴム」は忘れませんね。
毎日、一歩ずつです。

たぶんかフリースクール新宿より
おんなじ学校!? [2011年08月17日(Wed)]

「たぶんかフリースクール」は、荒川区と新宿区にあります。
生徒たちは住んでいる場所にあわせてそれぞれの学校に通います。

なのでこんなことも…
同じ国出身で同じ歳の女の子二人。多文化でではなく別のところで知り合った友達同士です。

電話にて(会話は彼女たちの母語のタイ語です)
A「夏休み、勉強してる?」
B「してるよ〜。塾みたいなとこ行ってる」
A「私も行ってる〜」
B「日本語の勉強するところなんだ」
A「私も日本語の勉強してるよ」
B「英語と数学も勉強してる」
A「私もしてる〜」
B「え〜と??そこって勉強は13時から15時?」
A「うん、そう」
B「それで…他の国の子とかもいるとこ?」
A「そうだけど…??」
B「名前って、もしかして…たぶんか?」
A「そう!なんで知ってるの!?」

おわかりですね。
Aさんは新宿校、Bさんは荒川本校です。
新宿校のほうの子が学校に来て話してくれました。
私は荒川本校の子のこともよく知っているのですが、タイ語のあだ名で言われたので誰かわからず…
最後には電話で話してやっと誰と誰が友達なのかがわかりました。

機会があれば合同でなにかできたらいいなと考えています。

たぶんかフリースクール新宿より
ボランティアデビュー [2011年08月13日(Sat)]

きょうは8月13日、一般的にお盆休みですが、
多文化の「土曜日学習支援」にはお休みがありません。

いつもと同じように中国、ベトナム、タイ、フィリピンなどの子どもたちが集まってきました。
いつもと同じように思い思いの教材を広げ、ボランティアさんと一緒に学んでいました。
ただ、いつもとちょっと違うのはボランティさんの中に、「新人さん」が何人かいること。

多文化共生センター東京では、例年夏休み期間中のこの時期、「体験ボランティア」を
受け入れています。

この夏も、東京都や荒川区の紹介できょうまでに1人3日間位ずつ、
10人程度がボランティアを体験をしました。
今年は受け入れ年齢を広げたため、中学生や高校生の参加者もありました。

先日は、体験ボランティアとして中学生二人が参加、来日わずか1週間の中国の女の子と
一緒にひらがなを学びました。
同世代同士、言葉はわからないものの戸惑いながらも、一生懸命「一緒に学ぶ」様子は、
ほほえましく、双方にとって貴重な「学び」となったことと思います。

夏休み期間以外でも多文化共生センター東京ではボランティ希望の方への入口として毎月第2土曜日にボランティア講座を開催しています。ちょうど今日が講座開催日でしたが、11人もの参加者が集まる盛況ぶりでした。
http://www.tabunka.jp/tokyo/sonohoka/volunteer1.htm

主に中学生を対象とする学習支援、小学生や大人の方を対象とする日本語教室、広報関係等々・・・ボランティアの活躍する場面はたくさんあります。
専門知識がなくても大丈夫です。是非、私たちと一緒に子どもたちの未来を拓きましょう!
多文化共生センター東京公式twitterアカウントができました [2011年08月12日(Fri)]

twitterで、多文化共生センター東京公式アカウントを作成しました。
【多文化共生センター東京公式アカウント】http://twitter.com/#!/tabunka_tokyo

twitterとは、140文字以内の短い投稿(ツイート)を入力して、みんなで共有
するサービスです。
【twitterとは?】http://twinavi.jp/guide/section/twitter/step1

ある人のツイートを、さらにツイート(リツイート)することで情報が拡散していき、
その手軽さから現在はコミュニケーション手段の一つとして広く利用されています。
また、企業の新商品の宣伝や、NGO・NPOの活動の様子を広報していく
情報発信のためのツールとしても普及しています。

多文化共生センターのブログと連携させ、ブログが更新された場合に見出しを自動的に
twitterでつぶやくように設定しました。 当面はブログの更新情報を発信するという
運用方法になりますが、それ以外にも事務局の様子などをつぶやいて行く事も考えています。

既にtwitterをお使いの皆様には是非、フォローをし、リツイートしていただければ幸いです。


また、これまでtwitterを使ったことがない方も、これを機に是非利用してみてください。

〈事務局 張 正翼〉
暑さに負けず [2011年08月12日(Fri)]

どうもこんにちは。

毎日暑い日が続いていますね。蝉の鳴き声がますます体感温度を高めている様な気がしてならないです(笑)

今日は英語のクラスのサポートとして入らせていただきました。

終えてみての感想は…

女の子たちが元気すぎるということ!!!前列に女の子、後列に男の子といった感じで授業を受けていたのですが、男の子たちはパワー負けしていました困った
そんな英語の授業の内容は『不定詞』についてでした。

中学校内容の英語がとても懐かしく、ちゃんと質問対応できるのか不安でした(笑)

なんとか子ども達とも話すことができたのでよかったです。

そしてなんといっても彼らの元気には刺激を受けます。教室の外は暑いけど、冷房のきいた教室でみんな勉強を頑張っていますよ。

僕もまだまだ若いので彼らに負けないように頑張りたいと思います!

不定詞…名詞的用法、副詞的用法、形容詞的用法、復習復習汗

体調管理には気をつけましょうね。
新宿校が開校しました! [2011年08月09日(Tue)]

本日8月9日、たぶんかフリースクール新宿校が開校しました。

多摩地区など荒川区まで通うのが大変な生徒のために開設された新宿校は、
観光客や地元の人で賑わう大久保通りの近くにあります。
もともとはふつうの住居だったマンションの広い1階フロアを、
大家さんのご厚意で教室にさせていただき、

公益信託オラクル有志の会ボランティア基金様からは必要な設備への助成、
UBS様からのオフィス家具のご寄付など、
多くの方々のご協力で開校することができました。
みなさまに心より感謝を申し上げます。


さて、開校するまでは個別に見学やプレテストに来ていた生徒たちも、
一堂に会するのは今日がはじめてです。

まず…玄関から靴があふれました。
次に…全部の部屋の照明とクーラーを一気につけたのでブレーカーが落ちました。
それでもなんとか3つの教室で授業を行い、無事に初日を終了しました。

荒川校よりも狭く設備も少ない新宿校ですが、
これから私たちスタッフと講師と生徒たちで一緒に、
新しい学校をつくっていきたいと思っています。
また、新宿校の様子をお知らせしますね!

たぶんかフリースクール新宿より
新宿校開校 [2011年08月06日(Sat)]

いよいよ、新宿校の開校が8月9日にせまりました!
今まで多文化に通えなかった多摩地区や新宿近辺に住む子ども達のための
学びの場がやっとできました!
8月は夏期講習、9月からは昼夜クラスを開始し、高校受験をめざします。

新宿校の家賃は、FITの寄付金でまかなわわれています。
※FITとは、金融サービスおよび関連事業を展開する企業で働く方々が有志で設立した団体で、チャリテイイベントを通し、地域活動団体を支援しています。
http://fitforcharity.org/ja/