CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
プロフィール

特定非営利活動法人 多文化共生センター東京さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク集
月別アーカイブ
6月26日、進学ガイダンス説明会が開催されました!! [2011年06月28日(Tue)]

6月26日、東京都内において2011年第一回目となる「日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス」が開催されました。


先日の東北大震災の影響で、多くの在住外国人が帰国したため、今回に限っては参加者が激減し閑古鳥が鳴くのではと憂慮されました。


しかし、当日はふたを開けてみたら、参加者が、昨年比の1割ほど少ない程度で、今年も会場には外国にルーツを持つ子ども達とその保護者らで満員となり、熱気のあふれる中、教員の説明に真剣なまなざしで耳を傾け、説明会が終わったのちも当初の終了時間を超えて熱心に個別相談をなされる参加者の姿が多く見受けられました。

ボランティアで講師を務めていただいた都立高校教員の皆様、当日の運営を支えてくれたCCSの学生ボランティアの皆様、各言語の通訳者の皆様、休憩時間中に華麗なダンスパフォーマンスを披露してくれた皆様、そして当日運営をご協力いただいた進学ガイダンス実行委員会の皆様、誠にありがとうございました。

また、例年は広尾にあるJICA地球ひろばでガイダンス説明会行っておりましたが、今年は震災の影響で、同所は震災があった場合の緊急避難先として指定されていたため、万が一の場合は利用ができないおそれがありました。
そのため、今回に限っては財団法人 日本財団が運営するCANPAN事務局様のご厚意により、虎ノ門にある海洋船舶ビルを特別に開放いただき、無事に開催できる運びとなりました。CANPAN事務局様にはこの場を借りて感謝申し上げます。


進学ガイダンス実行委員会HP
http://www.tokyoguidance.com/

CANPANホームページ
https://canpan.info/index_view.do


また、次回のガイダンス説明会は、7月10日にJR中央線武蔵境駅にある武蔵野市国際交流協会にて開催されます。

7月10日 日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス
http://www.mia.gr.jp/recruit/morin.html

当日の参加者・ボランティアの総数は以下の通りとなりました。

■参加者総数
中国・・・・・・63名
フィリピン・・・11名
韓国・・・・・・5名
タイ・・・・・・4名
ベトナム・・・・2名
コロンビア・・・4名

生徒 計50名
保護者など 計39名
合計89名

その他見学など 計9名


■ボランティア参加者総数
高校教員、多文化共生教育委員会、CCS、多文化共生センター東京ボランティア
計約50名

通訳ボランティア全6言語(中国語、タガログ語、韓国語、タイ語、英語、スペイン語)
計14名

多文化共生センター東京、CCS卒業生による受験体験談
計3名

外国にルーツを持つ青年らによるダンスパフォーマンス
計4名

合計約71名
Posted by 多文化東京 at 20:43 | 開催報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「ジャパン」で頑張っている人々 [2011年06月28日(Tue)]

  この本の中には、母国を離れ、異国で新生活を送ろうとさまざまな壁を乗り越えようと奮闘する人々やその周りを支えている人たちの生活が描かれている。戦争難民の男性とその家族が困難を越えて、幸せな生活を送ろうと頑張っている話や、母国の伝統を絶やせまいと日本での生活を母国同様に送ろうとする父や、日本人の夫からのDVを受けながらそれでも頑張ろうとする5人の子どもの母など、日本での生活を何とか頑張ろうとする外国人の話などがたくさん載せられている。決して外国人だけが頑張っているわけではない。彼らにより良い生活を送らせようといろいろと手伝いながら頑張っている日本の人々の日常も描かれています。その中に、日本に来る外国人に住む場所を手配しようと頑張っている不動産屋の話や、偽装結婚によってすべてを失った男性の話などが載せられています。日本での暮らしは決して外国人だけではなく、彼らを支える人々も頑張っていると分からせてくれる一冊だと思います。

感想:
  この本に紹介されている人たちの話がみんなそれぞれ違っていて、みんながどういう心理でこの日本に来たのかが分かる一冊となっています。自分も、共感できる話が多数あって、「他人事じゃない!」と読みながら感じました。日本で生きることが両者にとってどれぐらい大変か、それを分からせてくれる一冊だと思います。

紹介本
ニッポンに生きる―在日外国人は今
出版社 現代人文社
著者 共同通信社取材班
Posted by 多文化東京 at 18:44 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「移動」することの意味・・・ [2011年06月28日(Tue)]

移動する子どもたち

自分がどういう人かって言うのを考えた事がありますか?
  今回紹介する本は、著書「私も『移動する子ども』だった」川上郁雄編著
この本は多言語の中で育ったハーフやダブルと呼ばれている10人のライフストーリーを描いたもので、インタービュー形式で話が広げられています。彼らが幼少の頃、どのような生活、どのようにして日本に来たのか、子どもにとって国境を越えての移動ということがどういうことを意味するのか、そして、複数の言語の中で彼らがどのように人と接して生きてきたのかが分かる一冊となっています。一人で来ることもあれば、家族全員で日本に来ることもある中、家族間で言語の学習に違いが出て、兄は母国語を完璧に話せるのに、妹である自分は中途半端な言葉しか出てこない。このような違いがどのようにして起きるのか、子育ての参考書としても役立つと思います。自分をうまく表現できない、もしくは、表現したくても何を表現すればいいのかが分からないといったような、悩みや苦悩がたくさん見受けられます。

感想:
   この本はidentity crisis(自己認識の危機)の子どもたちや、それらを乗り越えて大人になった人たちが模範になると思うので、結構お勧めします。自分も実際このような生活を現在進行形で送っているので、私と同じ境遇にいる子どもたちや、大人になって社会に出ている人、そして、周りにこの本中に出ている人と同じ境遇の知り合いがいる人にも是非読んでもらいたいと思います。「外人」っていう言葉を使うときに、聞く側と言っている側の見当の違いを深く考えさせるような本だと思います。

紹介本
私も『移動する子ども』だった
編著 川上郁雄
出版社 くろしお出版
Posted by 多文化東京 at 18:12 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6/26虎ノ門 多言語・高校進学ガイダンス [2011年06月25日(Sat)]

日本語を母語としない親子のための多言語・高校進学ガイダンス 子どもを日本の高校に行かせたいと考える日本語を母語としない親子のためにボランティア・グループと高校の教師が協力して、ガイダンス(説明会と教育相談)をおこないます。6言語の通訳がつきます。  高校とはどのような学校なのか、入学するにはどのようにすればよいのか、都立高校、私立高校、サポート校について説明します。高校でかかる費用(お金)や日本の教育システムについても説明します。高校に入った子どもたちの体験報告もあります。教科や日本語のサポートが必要な場合の教育相談にも応じます。 ■スケジュール 12:30〜13:50 説明  14:00〜14:40 高校生の体験談 14:40〜16:00 教育相談 ■通訳:英語、中国語、韓国・朝鮮語、タガログ語、スペイン語、タイ語の6言語  (そのほかの言語も対応できる場合がありますので、6月10日までに問いあわせてください) ★7月10日(日曜日) 武蔵境・スイングビル11階でも、高校進学ガイダンスがあります  問い合わせ先: 武蔵野市国際交流協会(MIA) Tel 0422-36-4511 mia@coral.ocn.ne.jp ★7月18日(海の日) 蒲田・大田区役所でも、高校進学ガイダンスがあります  問い合わせ先: OC Net Tel /Fax 03-3730-0556 jimukyoku@ocnet.jp
日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス [2011年06月25日(Sat)]

開催します!

日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス
 6月26日(日) 12:30〜16:00 虎ノ門・海洋船舶ビル 10階 講堂

 東京都港区虎ノ門1-15-16
 東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 4番出口徒歩1分
 資料代・1家族につき 300円

子どもを日本の高校に行かせたいと考える日本語を母語としない親子のためにボランティア・グループと高校の教師が協力して、ガイダンス(説明会と教育相談)をおこないます。6言語の通訳がつきます。

高校とはどのような学校なのか、入学するにはどのようにすればよいのか、都立高校、私立高校、サポート校について説明します。高校でかかる費用(お金)や日本の教育システムについても説明します。高校に入った子どもたちの体験報告もあります。教科や日本語のサポートが必要な場合の教育相談にも応じます。


■スケジュール 12:30〜13:50 説明 14:00〜14:40 高校生の体験談 14:40〜16:00 教育相談
■通訳:英語、中国語、韓国・朝鮮語、タガログ語、スペイン語、タイ語の6言語
 (そのほかの言語も対応できる場合がありますので、6月10日までに問いあわせてください)

□実施:東京都進路ガイダンス実行委員会
 (CCS、多文化共生教育研究会、多文化共生センター東京、CTIC、OC Net、IWC、
  武蔵野市国際交流協会、ピナット、八王子国際協会)

□主催・問い合わせ先:特定非営利活動法人多文化共生センター東京
http://www.tabunka.jp/tokyo/sonohoka/mikawashima.htm


□協力:日本財団CANPANプロジェクト   
□後援: 東京都教育委員会(申請中)
□賛同: 東京都公立学校教職員組合、東京都高等学校教職員組合
□助成: 子どもの人権連(申請中)

★7月10日(日曜日) 武蔵境・スイングビル11階でも、高校進学ガイダンスがあります
 問い合わせ先: 武蔵野市国際交流協会(MIA) Tel 0422-36-4511  mia@coral.ocn.ne.jp

★7月18日(海の日・月曜日) 蒲田・大田区役所でも、高校進学ガイダンスがあります
 問い合わせ先: OC Net   Tel /Fax 03-3730-0556  jimukyoku@ocnet.jp
Posted by 多文化東京 at 12:44 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)
6/26国立 シンポジウム・活気ある社会づくりと日本語教育 [2011年06月24日(Fri)]

日本語教育学会 公開シンポジウム 活気ある社会づくりと日本語教育 日本語教育は外国人だけに 役立つと思われてきましたが,じつは日本人や日本社会にとっても,身近で具体的な効果や長期的で広範な波及効果を生み出し,今まさに日本が必要とするものです。 本シンポジウムでは,コミュニケーション論,言語学,文化人類学の専門家や経済人が論じ合う中で,そのことを浮き彫りにします。 さらに,日本語教育政策の現状を踏まえ,長期的で包括的な視野に立った政策のあるべき姿について,この課題と真剣に向き合ってきた与野党の国会議員が議論を交わします。 参加方法:メールで予約(先着600名)↓ http://www.houseika2012.net/wordpress/?page_id=1370
6/26町屋 これからの夜間中学を語る 講演と交流のつどい [2011年06月24日(Fri)]

これからの夜間中学を語る 講演と交流のつどい  生きること・学ぶこと 大震災をふまえて と き 6月26日(日)午後2:00〜4:30 ところ ムーブ町屋 4Fハイビジョンルーム   荒川区荒川7−50−9 センターまちや   地下鉄千代田線・町屋駅 0番出口より 徒歩1分   03−3819−7761   ◆ 講演 小林文人先生(東京学芸大学名誉教授)  3・11の大震災、その後の福島原発事故は、私たちの社会のあり方を大きく  変えてきています。夜間中学も例外ではありません。考え合ってみませんか。 主催 夜間中学校と教育を語る会 連絡先 03(3898)3386 木下
6/26横浜 講演会「神奈川の多文化共生教育のこれから」 [2011年06月24日(Fri)]

ME-net NPO法人設立記念講演 「神奈川の多文化共生教育のこれから」―対話のプロセスとしての共生―  1995年より、日本語を母語としない人たちのための高校進学ガイダンスがはじまり、その後徐々に事業が拡大し、これまで外国につながりを持つ子どもたちの教育保障のために、6つの事業を任意団体として展開して参りましたが、事業運営をさらなる安定したものにするため、4月にNPO法人格を取得いたしました。  日本語教育の専門、長く外国につながる子どもたちをサポートしてこられた方々、学生など多様な方々のネットワークへと成長しました。記念講演では、社会学、社会変動論、多文化主義研究、オーストラリア社会研究をご専門とされ、日本の「多文化共生」に関しても著書で考察されている、塩原良和先生に、さまざまな異なった人々の対話の必要性、「対話のプロセスとしての共生」ということをテーマにご講演いただき、会場のみなさまとともに、今後の神奈川の多文化共生教育の方向性について、また、われわれの課題について考えたいと思います。  記念講演の後に懇親会も予定しておりますので、お時間が許す方はぜひご参加ください。 資料代:\1,500- (ME-netの2006年度〜2010年度の活動を記録した冊子をお配りいたします。2011年度の会費をお支払いいただいた方は無料となります) 参加申し込み方法 下記の申込書に必要事項をご記入のうえ、多文化共生教育ネットワークかながわ(ME -net)事務局まで、EmailもしくはFAXでお申し込みください。 Email: me-net@nexyzbb.ne.jp (件名は、「講演会参加申し込み」でお願いします) TEL: 050-1512-0783 FAX: 045-942-5202(このFAX番号は、6月26日までのみ有効) ---------------------------------------------------------------------- <<参加申込書>> 1.氏名(団体名) 2.ご住所 3.お名前 4.電話番号 5.記念講演会 □ 参加します。 □ 都合により、参加できません。 6.交流会 □ 参加します。 □ 都合により、参加できません。 ※2011 年 6 月 20 日(月)までにお申込ください。
6/25広尾JICA こころのケア・災害ボランティア育成講座 [2011年06月23日(Thu)]

こころのケア・災害ボランティア育成講座 海外協力・途上国の自立支援、わが国の精神保健・自殺予防、若者の自立支援…さまざまな現場で、きめの細かい支援を志すとき、なによりもまず支援者のセルフケアと機能的コミュニケーションが欠かせません。 TEENSPOSTのSafer Peaceful Action 非暴力プログラムでは、暴力の本質を理解し、セルフケアを体験的に学ぶことによって、平和で安全な社会づくりのための実践的な心のケアを体得します。 この研修を通じて生まれるネットワークは、途上国の子ども・若者支援や、東日本大地震被災地へのボランティアにつなげていきます。
6/22八重洲 東日本大震災と人間の安全保障〜復興に向けて [2011年06月21日(Tue)]

東日本大震災と人間の安全保障〜復興に向けて 東日本大震災から2ヵ月が過ぎ、復興・再生に向けての取り組みが始まっています。復興を考えるにあたり、原発事故を中心に今回の大震災はどういう問題があったかの検証は欠かせません。 なぜこれほどまでの被害が生じたのか。被害を防ぐ、または最小限に止める施策はどうだったか。地震が頻発する地帯の真っ直中に原発を立地した政策はどうだったのか。 講師に池住義憲さん(立教大学大学院教員)をお招きし、「人間の安全保障」の視点から東日本大震災を捉えなおしてみたいと思います。
| 次へ