CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
プロフィール

特定非営利活動法人 多文化共生センター東京さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
月別アーカイブ
わたしの妄想・男子トイレ [2010年08月30日(Mon)]

 多文化共生センター東京は、JR三河島の駅前にある旧真土小という、荒川区所有の建物の1部を借りている。旧真土小は5年ほど後には、駅前再開発で取り壊される見込みであり、区の担当者にはよく「移転先は早めに探してくださいね」と言われている。

 設備が古いので、男子トイレの小用が、ときどき「水が流れなく」なる。男子トイレの小用は、まず、ちびちびと水を流す蛇口があって、その水がたまると「じゃー」と盛大に、小用便器のいくつかに水を流す仕組みだ。その「ちびちび蛇口」が古くなっていて、放っておくと徐々に徐々に水の流れが細くなってしまう。水の流れが細くなりすぎると、水が溜まらなくなってしまい(蒸発するから)、小用便器に水が流れなくなるのだ。だから、時々「ちびちび蛇口」を見て、水の流れが細くなりすぎないよう調節しなければならない。

 その仕組みがわかるまで、私は1年ほどかかってしまった。それまでは「荒川区が水道代をケチっているから、男子小用便器に水が流れない」と思い込んでいたのだ。何のことはない、蛇口が古かっただけなのだ。廃校の男子トイレの水道代を節約するほど、荒川区はドケチではなかった。そもそも、水道代は、多文化共生センター東京や、いくつかの福祉作業所などが負担していたのである。

 「荒川区が水道代をケチっている」は、僕の妄想だった。
最終日 [2010年08月20日(Fri)]

本日でフリースクール夏休み特別コースが終わりました。



明日は親子ボランティア講座と学習支援が、それぞれ13:00からと15:30から行われます。



次のフリースクールは9月2日13時からです。
この日は、夜の授業も18時から始まります。
荒川区の子どもたちの午前のクラスもあります。



授業では、先生の言うことをよく聞いていました。



最終日にも関わらず、寝坊などの理由で遅刻した生徒が何人かいたのと、




授業終了5分前なのに、トイレへ行く子や、
電話がかかってきて、教室から出て行ってしまう子がいたのが残念でした。



9月からの授業はもっとよりよい授業が出来ればいいと思います。

暑さに負けない元気 [2010年08月18日(Wed)]

フリースクール夏休み特別コースも残り2日となりました。
思えばここまで本当に早かった!!



最初は50分という時間が長く感じられ、
子どもが「早く終わらないかな」とちらちら時間を気にして時計を見たりして、
集中できない時がありました。
しかし、今は時間ぎりぎりまで集中して勉強できるようになっています。



先生方も最初に比べ、授業をスムーズに行なえています。




いままでためていた英語の宿題を採点した際、
時間内に採点が間に合わなかったのですが、
生徒たちがこれだけがんばってきたのかと思うと嬉しくなりました。




また今日は授業が終わった後、
9月に行われる「ヤングアメリカン」という発表会について、
生徒たちに説明をしました。




「ヤングアメリカン」とはアメリカで始まった、子どもたちによる、
歌にダンスを加えた新しいタイプの発表会です。
この発表を通して、いろんな国や人種の人との交流を深めようというのが目的です。
去年は多文化から20人以上の子どもが参加しました。




今年も盛り上がりそうです。




残暑が厳しいですが、
子ども達は休み時間に元気で明るい声を聴かせてくれます。
最後まで気を抜かずにみんなで乗り切りたいと思います。




文章:張 赫




たぶんかフリースクール [2010年08月17日(Tue)]

 「たぶんかフリースクール夏休み特別コース」ではレベル別クラスで、日本語(国語)、数学、英語、理科、社会の5教科を学習しています。



お昼からの授業で眠くなるとも思うのですが、みんな真剣な表情で授業に取り組んでいます。





生徒によっては科目によって好き嫌いもあるようですが・・・



休み時間は、暑い日にも関わらず、体育館でバレーボールをして汗を流しエネルギーを爆発させている生徒もいます。


日本語を勉強する姿を見て、私が日頃意識しないようなことが生徒にとってはすごく難しいことだと気づき、それをどのように伝えればいいのかに試行錯誤する毎日を送っています。



この夏休みのフリースクールでのみんなの勉強の頑張る姿勢が、自分自身の刺激にもなります。



夏休みのコースは残り短いけど、最後まで頑張ろう!