CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 2008年03月»
プロフィール

特定非営利活動法人 多文化共生センター東京さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
リンク集
月別アーカイブ
将棋がブーム [2008年02月23日(Sat)]


最近、中国の子の間で将棋が流行っている。


これ、中国の将棋らしいです。



今日は土曜日ですが、将棋をするためにやってきた子たち。

もう4時間近くもやってる。

頭を使うゲームをすると頭が痛くなる僕としては信じられない集中力。

脳がすごい活性化してるんだろうなあ・・
スリッパ戦争 [2008年02月13日(Wed)]

外国から来た子どもたちと接していると時々、これは文化の違いなのか、それとも世代の違いなのか、単に個人差なのかよくわからないなと思うことがある。

例えば、机の中のゴミ。特に自分の机が決まっているわけではないのだが、ゴミをどんどんと机の中に入れ、そのままにしてしまう。授業で使ったプリントはまだ良いとして(よくないけど)、飲みかけのペットボトル、ミカンの皮とか、ピーナッツとか、珍味とか、生っぽいものは勘弁してほしいと思う。

それから、スリッパ。上履きを使用しているのだが、ちょっと気を抜くとすぐに下履きをというか、外の靴をはいたまま入ってくるのだ。「スリッパが小さい」「きれいな靴だから大丈夫」とか、いろいろ言い訳をいう。何度言っても履いてくるのを見ると、よほど嫌なのか・・
だんだんと子どもの顔じゃなくてスリッパばかりを見てしまうようになってしまうのが自分で悲しい・・




授業の風景 [2008年02月09日(Sat)]

空き教室を改修して、ペンキも塗って、こんな感じで使っています。



去年の事を考えると、本当に快適。



ちなみに廊下はこんな感じ。なんか昭和って感じです。



こちらは事務所スペース。



廃校空き教室の活用プロジェクトに協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

ペンキを塗ろう2 [2008年02月09日(Sat)]

ご飯のあとの最後の一頑張りです。



最後に掃除して・・終わりです。



きれいな壁だなあ〜



本当にお疲れさまでした。
ペンキを塗ろう! [2008年02月09日(Sat)]

改修費用を安く上げるために、ペンキは自分たちで塗ることにしました。

工務店の方、本当にいい人で、サービスでペンキの塗り方を指導してくれました。
本当にありがとうございます!



さっそく、ペンキ塗り開始。




ペンキ塗りにはINGの社員の方々が参加をしてくれました。



お昼ご飯をみんなで食べました。





壁を作って教室を作る! [2008年02月09日(Sat)]

場所を借りられることになったけど、そのままでは使えない。
4つのスペースに分けることにしました。

でも、パーテーションとかって高いんですね。見積とかとってみてびっくりしました。壁を三つ作るだけで100万円を超えます。あちこち相談をしたところ、荒川のボランティアセンターに紹介してもらった地域の工務店の方がずいぶんと安くやってくれることになりました。これは本当に助かりました。
そして、改修費用も日本財団さんが出してくれることになりました。


こ〜んな部屋が



こ〜んな感じで壁が作られました。
壁の真ん中は閉めたり、あけたりできるようにしました。






廃校が・・ [2008年02月08日(Fri)]

フリースクールが立ち上がって約2年。
いやあ、狭かった。先生も入れると2LDKに30人いる時もありました。
本当に息苦しかった・・です。

これは、なんとかしないといかんということで、荒川区さんに相談をしたところ、廃校の空き教室を使えるんじゃないかという話が出てきたのです。2006年の秋ぐらいの事です。



これがその廃校ですね。福祉系の団体がいくつか入っていたのですが、いくつか部屋が空いていたんですね。


これが、貸してもらえることになった部屋です。
広いですね〜。でも教室としては使いにくい・・パーテーションで区切るしかないか・・


壁もボロボロ・・でした。







最初は2DK・・ [2008年02月08日(Fri)]

たぶんかフリースクールは、2005年6月にスタートしました。
外国から来日したものの学校に入れず行き場がなかったり、学校に入れても日本語がわからず勉強ができない子どもたちのための場所を作ろう!、というのが始まりでした。
そうは言っても、場所がない。でも、なんとか毎日、子どもたちが通える場を作ろうじゃないかと、スタッフや何人かの方たちがお金を出し合い最初は2LDKのアパートでスタートしたんです。

これが、その場所。いや〜今見ると狭いなあ。ホントに家ですね、これは。