CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 事務局員の独り言 | Main | 親子日本語教室»
プロフィール

特定非営利活動法人 多文化共生センター東京さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
リンク集
月別アーカイブ
6月26日、進学ガイダンス説明会が開催されました!! [2011年06月28日(Tue)]

6月26日、東京都内において2011年第一回目となる「日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス」が開催されました。


先日の東北大震災の影響で、多くの在住外国人が帰国したため、今回に限っては参加者が激減し閑古鳥が鳴くのではと憂慮されました。


しかし、当日はふたを開けてみたら、参加者が、昨年比の1割ほど少ない程度で、今年も会場には外国にルーツを持つ子ども達とその保護者らで満員となり、熱気のあふれる中、教員の説明に真剣なまなざしで耳を傾け、説明会が終わったのちも当初の終了時間を超えて熱心に個別相談をなされる参加者の姿が多く見受けられました。

ボランティアで講師を務めていただいた都立高校教員の皆様、当日の運営を支えてくれたCCSの学生ボランティアの皆様、各言語の通訳者の皆様、休憩時間中に華麗なダンスパフォーマンスを披露してくれた皆様、そして当日運営をご協力いただいた進学ガイダンス実行委員会の皆様、誠にありがとうございました。

また、例年は広尾にあるJICA地球ひろばでガイダンス説明会行っておりましたが、今年は震災の影響で、同所は震災があった場合の緊急避難先として指定されていたため、万が一の場合は利用ができないおそれがありました。
そのため、今回に限っては財団法人 日本財団が運営するCANPAN事務局様のご厚意により、虎ノ門にある海洋船舶ビルを特別に開放いただき、無事に開催できる運びとなりました。CANPAN事務局様にはこの場を借りて感謝申し上げます。


進学ガイダンス実行委員会HP
http://www.tokyoguidance.com/

CANPANホームページ
https://canpan.info/index_view.do


また、次回のガイダンス説明会は、7月10日にJR中央線武蔵境駅にある武蔵野市国際交流協会にて開催されます。

7月10日 日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス
http://www.mia.gr.jp/recruit/morin.html

当日の参加者・ボランティアの総数は以下の通りとなりました。

■参加者総数
中国・・・・・・63名
フィリピン・・・11名
韓国・・・・・・5名
タイ・・・・・・4名
ベトナム・・・・2名
コロンビア・・・4名

生徒 計50名
保護者など 計39名
合計89名

その他見学など 計9名


■ボランティア参加者総数
高校教員、多文化共生教育委員会、CCS、多文化共生センター東京ボランティア
計約50名

通訳ボランティア全6言語(中国語、タガログ語、韓国語、タイ語、英語、スペイン語)
計14名

多文化共生センター東京、CCS卒業生による受験体験談
計3名

外国にルーツを持つ青年らによるダンスパフォーマンス
計4名

合計約71名
Posted by 多文化東京 at 20:43 | 開催報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高校進学ガイダンス、主催者交流会に参加しました [2011年01月24日(Mon)]

多文化共生センター東京は、ほかの学習支援団体などとともに、
「外国にルーツを持つ親子のための
高校進学ガイダンス」
を開催しています。

東京では、「外国にルーツを持つ親子のための高校進学ガイダンス」は、
2008年度まで、広尾での2回の開催でした。
2009年度からは武蔵野会場が開催に加わり、2010年度からは大田と八王子が加わりました。

2011年度は
広尾・武蔵野・品川(7月ごろの開催を予定)
広尾・大田・八王子(10月ごろの開催を予定)
の、計6か所で、「〜高校進学ガイダンス」を開催する予定です。
(このほか、新宿区では未来創造財団が「〜高校進学ガイダンス」を開催しています)

1月23日は、午前、都内の学習支援・外国人支援団体があつまって実行委員会を開催し、
2011年度の6回開催の計画などについて話し合いました。

午後は、埼玉県の川口市で、
・宮城県 ・栃木県 ・埼玉県 ・千葉県 ・東京都 ・神奈川県 ・浜松市 ・福岡市
で、「〜高校進学ガイダンス」に関わる人たちが一堂に会し、
「進学ガイダンス主催者交流会」が行われました。

埼玉県、神奈川県のように、「〜高校進学ガイダンス」での行政との共同が進んでいる県もあれば、
東京のように都との協同が密でない地域もあります。
(関連サイト:CCSブログ)

そもそも、外国にルーツを持つ子どもたちの、高校進学という進路保障を、
誰が責任をもって対処すべきか、という大きな問題も抱えています。

高校進学という学習権の保障は、市区町村教育委員会が小中学生を管轄し、
高等教育を都道府県などが管轄するので、行政の所掌が明確であはありません。

そこを繋いでいるのが、埼玉県などでは国際交流協会だったり、東京などでは教職員の労組だったり、
学習支援団体だったりします。

行政と民間の連携が深まり、より多くの地域で、外国にルーツを持つ子どもたちの高校進学率が
上がることを願ってやみません。
Posted by 多文化東京 at 17:21 | 開催報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
高校進学ガイダンスを開催しました [2010年10月05日(Tue)]

10月3日(日)、広尾「JICA地球ひろば」で、都立高校の先生方、CCS、多文化共生教育研究会、CTICほか関係各位のご協力を得ながら「日本語を母語としない親子のための高校進学ガイダンス」を実施しました。

54家族、122名の参加がありました。通訳や会場のボランティアのみなさん、ご協力をどうもありがとうございました。7月の広尾ガイダンスでは新たに、ミャンマー(ビルマ)とベトナム語を母語とする親子の参加がありましたが、10月3日は、ポルトガル・ペルシャ・ネパール3言語の新規参加がありました。

「高校進学ガイダンス」は各会場で参加者の多言語化がすすみ、都内での開催場所も、広尾・武蔵野・広尾・蒲田・八王子と5か所に増えています(新宿区でも別の枠組みのガイダンスが実施されています)。蒲田では10月24日、八王子では10月31日に開催されます。詳細はそれぞれの主催にお問い合わせください。

 蒲田 OCNet  http://www.ocnet.jp/
 八王子 八王子国際協会  http://homepage3.nifty.com/koko-8/
Posted by 多文化東京 at 14:26 | 開催報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドーナツの屋台、好評でした [2010年03月28日(Sun)]



 「ユース★フェスタ」の屋台は、毎年、出す料理を決めるのに悩みます。土曜日の学習支援「子どもプロジェクト」では、ボランティア同士で活発に議論した結果、ドーナツに決まりました。まだ寒さが残るころに暖かいものを売りたい、そして黒字は無理でも赤字を出さない、など色々な角度から出されたアイディアを考慮しました。

 今年はさらに商店街の空き店舗の前という難しい立地もありました。お店の前で屋台として使える奥行きを下見しで確認した後、豆腐ドーナッツなら下ごしらえがなく温かいものが提供できる!ということで決まりました。また値段は、気軽に買えて、完売できるということで、ゴルフボールサイズのドーナッツを3つで100円に設定しました。

 当日の天気は曇りで気温が低かったのですが、午後からお客さんがどんどん増え、ボランティアも楽しみながら、見事に完売することが出来ました!

 
Posted by 多文化東京 at 16:59 | 開催報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
メリークリスマス! [2009年12月21日(Mon)]

12月19日、中学生が中心のクリスマス会が開かれました。フリースクールの生徒や土曜日の学習支援の子ども達だけでなく、その友人やご家族、卒業生まで駆けつけ、参加人数は70人を超える大盛況でした。はじめは2教室だけ使う予定が、急遽、3教室に会場を広げました。

UBSグループの社員ボランティアのみなさんが差し入れてくれたチキンや、大きなケーキが「でん!」と置かれたテーブルには子ども達のお母さんが作ってくれたいろいろな国の料理も並んでいました。

乾杯!につづいて、ゲームはまずジェスチャーです。こちらはチームでのトーナメント戦。大人ひとりと子ども3人の4人チームで戦います。2チームが真ん中に出て、ひとりがお題にあるものをジェスチャーであらわし、あとの3人がそれを答えるというやり方でタイムを競いました。子どもたちの中にはチームを組むことになった大人の人と初対面の子もいて最初は緊張の面持ちだったのですが、大盛りあがりの中でゲームがすすむうちに打ち解けて、正解を一緒に喜びあう姿も見られました。優勝チームにはギャップジャパンの有志のみなさんから提供していただいた商品券が贈られました。

歓談や歌の披露などに続き、最後はみんなが楽しみにしていたビンゴです。UBSグループ様から提供いただいた豪華商品を筆頭に、ボランティアのみなさんが持ち寄ってくれたプレゼントをかけたビンゴに、子ども達は数字が読み上げられるたびに叫んだり喜んだりで大騒ぎでした。

年があければ受験シーズンという時期ではありましたが、その前にみんなで楽しい時間を共有できたことがリフレッシュになればいいなと感じたひとときでした。

Posted by 多文化東京 at 16:44 | 開催報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)