CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« イベント | Main | 土曜日子どもプロジェクト»
プロフィール

特定非営利活動法人 多文化共生センター東京さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
リンク集
月別アーカイブ
Happy Valentine’s Day! [2012年02月17日(Fri)]

Happy Valentine’s Day!

…って、一昨日の話やんけ!?!?!?(乗りツッコミ)
みなさん、お久しぶりです!「アルの多文化日記」でおなじみのアルです!(゜-゜)

いやー、長かった!(/_;) もう何週間ぶり!? ともかく長かった!(―_―)!!

昨日は、Valentine’s Dayでしたね…

みんないくつチョコ貰ったかな〜? 自分は6個貰いました!\(゜ロ\)ワーイ(/ロ゜)/ワーイ


日本では、女性の方から男性にチョコレートをあげる風習だけど、外国…たとえば西洋の国では、男性から女性に花束と一緒にチョコレートをあげます!(^o^)

あげる時に一言「Be my Valentine」「私の特別な人になってください」というように、男性が愛を告白する日でありました。(^^)


バレンタインの起源として有名なのは聖ヴァレンティヌスの話で、ローマ帝国の当時の皇帝であるクラウディウス2世は、兵士の士気が下がるからと言いう理由で、ローマでの兵士の婚姻が認められなかったという。そこで、キリスト教司祭だったヴァレンティヌス司祭は秘密に兵士たちをさせていたが、つかまり処刑された日のことを言う。キリスト教にとって2月14日は祭日になり、恋人たちの日となった。

日本では、1960年代から広まるようになり、当時は男性からであったが、それが上手く流行に乗れず消えると思われていました。1970年代後半から女子が男子に信愛の情を込めてチョコレートを贈るという「日本型バレンタインデー」が社会に定着した。1980年代あたりにホワイトデーと義理チョコが登場した。2000年代後半から「友チョコ」が登場し、女性が女性へチョコレートを贈る習慣が贈り始めた。


自分のバレンタイン経験:
自分も日本での初めてのバレンタインデーは焦りました!(~_~;)
日本に来て数カ月だったんで、日本のバレンタインデーをあまり分かっておらず、日本人のクラスメートからチョコレートを貰った時は頭の中で「え!?なにこれ!? 何でチョコレートがもらえるの?」と何回も思っていました。それで、後日友達からわかって顔を赤らめました。(*^。^*)

 だけど、やっぱり「日本式のバレンタインデー」になじめなく、高校に入ったのを機に自分からあげるようになりました。自分は薔薇の花をあげる方だったから、初め…っていうか、ずっと笑われたけど…!(-_-;)

自分は女性から物を貰うような男にはなりたくなかったっていう西洋式のバレンタインの考え方だったから…まぁ、貰ってなかったなぁ〜!(笑)

だけど、変える気はないからいいか!
でも、くれた人ありがとうございます!!!

日本式でホワイトデー待っていてください!(^.^)/~~~
明日は合格発表だよー! [2012年02月01日(Wed)]

明日(2月2日)はいよいよ推薦入試と外国人枠の合格発表だよー!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
今まで頑張ってきた子たちにとって、とりあえず一区切りになるだろうと思います。

大丈夫明日みんな受かってるよ!(^o^)

だけど、事務所の中はまだ一休みできません!
これからの受験期本番に向けてさらにヒートアップしています!(ー_ー)!!
今日も先生たちは子どもたちのために教育関係者とかけあって必死にバトルを繰り広げてきました!

ここまで子どもたちのために頑張ってるのって多文化ぐらいだと思いました!
期限が迫ってるのはあったけど、学校の先生相手にここまで粘って交渉しているところは多文化に来て初めてだと思います。
「『勤務時間が過ぎてるから取り扱えない』」って言ってるけど、管理職に勤務時間なんて無いんだよ!」という名言がすごく胸に響きました!

多文化で本当によかったとマジで思う!
受験期 [2012年01月12日(Thu)]

みなさんお久しぶりです!
インターンのアルベルトで〜す!(@^^)/~~~

1カ月ぶりですね〜!

今月から受験真っ只中のなので、フリースクールの先生たちから「生徒の顔つきが変わった」と言われて、ものすごく頑張っているな〜と思います!(*^。^*)

それを聞くと自分の受験期の頃を思い出しますね。
(回想中)

中学3年生の自分は東京に上京したばかりで、都内で受験をするとは思っていませんでした。
当時は、もう5年経っていたので来日3年以内が条件の外国籍生徒の特別措置を受けられませんでした。
ってか、そもそも知らんかった!

受験のために、2学期と3学期は頑張って生活態度を変えて生活を送っていた。
高校受験のために、自分は1学期全く触る事すらしていなかった教科書を読みあさっていました。

それまでは、内申点のことも別に気にしていませんでした。

内申点も上がり、勉強もまじめになってから受験に挑みました!

日本の高校受験についても全く分かっていなかったので、てっきり中学みたいに市区町村によって分けられるのかな〜と思っていました。

高校は友達と一緒のところに行こうと思っていました。(特にわからんかったので…)

それで、日暮里にある竹台高校に行くことになりました。
竹台は結構よかったと、後になって思いました。
だけど、それはまた別の話!(^_-)-☆

受験は、推薦と一般受験で行きました。

推薦は普通に落ちてしまったけど、一般受験の前期で決まった!

人生はなにがあるかわかんないけど、俺はこれでよかったと思っている。
みんな何気に繋がっていたという!(ー_ー)!!
多文化共生センター東京の代表理事の王さんが竹台で先生としていた!

結論
高校もありじゃないっすか?
だけど、その途中に何があるかというのはわかんないから、景色を楽しみながら行くのもありかな?(^o^)
多文化ユースフェスタを経て・・・ [2011年11月16日(Wed)]

みなさんお久しぶりです。 
「アルの多文化日記」でおなじみのアルベルトです!(*´∀`*)
つい先日、表参道(オモテサンドゥー)というおしゃれな街で、多文化ユースフェスタ2011が開催されました!東京ウィメンズプラザでやったんですけど、ここもまたシャレオツ(オシャレ)なところで、数百人規模の会場でした。

そういう会場で司会はマジに緊張した!だって、言われたのは、その一週間前だもん!((((;゚Д゚))))

王さん「ユースフェスタがあるんだけどさぁ、司会やる?」、アル「う、うん・・・って、ええぇぇぇ・・・!Σ(゚д゚lll)」っていうような会話で司会の仕事が決まりました。(*´д`*)
いやー、あれ焦ったわ!(笑)

んで、ユースフェスタ当日になりました。
おもいっきり寝坊して、遅刻を注意されたんだけど、注意してる本人(事務局の張○翼さん)は俺の5分後に着いたという強者!(;゚Д゚)!

はじめは、映像部門でビデオを3本見〜の(結構ためになるビデオで、今の子どもたちの現状が分かるようなビデオだった。)、その次が、歌と踊りの部門で各団体の子供たちが芸を競い合った猛烈なものだった!

優勝チームはADOBO CREWっていう、『みんなのおうち』の子達でした!
最後に特別ゲストのGeneZ!ハーフという多くの遺伝子(gene)ジーンを持つ二人で、子供たちにとって良いRole model(手本)になったかなと思う!

そのあとのワークショップでは、二人のおかげで子供たちが切り取った言葉を並び替えながら作った曲を歌って、非常に盛り上がりました!

この最中に、子どもたちの才能を垣間見えた感じがして、結構よかった。
みなさんおつかれさまでした!!!゚(゚´Д`゚)゚

フェスタ後の話:
フェスタ後は先生方8人とジュマというはじめ同い年かと思っていた土曜日のボランティアの9人と居酒屋DENという高級そうなところで6時から飲んでいました!(゚∀゚ )

はじめは、ほとんど初めて会う先生ばっかで緊張していたけど、みなさんの気さくさに触れてすぐにいつもどおりの俺に戻りました!(笑)

最終的には、なぜかみんなが俺の恋愛相談室になっちゃった!(/ω\)
みんな必死で俺を説得しようとしていた!(;゚Д゚)!
トルコ大地震を通して [2011年10月25日(Tue)]

今週23日に起きたトルコ東部大地震で最大の被災地となったエルジシュに24日夜、全壊した7階建てのアパートから「台所にいるのよ」という女性の声を聞き救助隊員等が女性二人を30時間以上たった後に救出した。

 7階建てだったアパートには28世帯入居していた。上から押しつぶされたように各階が積み重なった状態になっていた。救助作業中に隊員達は建物を支えていたはずの鉄筋の量が少ないように感じた。救助作業を見守る親戚からは「手抜き工事だったのでは」という怒りの声が上がっていた。

近所の住民の話から、アパートは築約10年で、付近では倒壊した約80棟の建物には、似たような構築をしたアパートが多く含まれていた。救出された女性2人の親族の方から「アパートは築数年後には傾き始めていた」と証言している。このアパートには、セントラル・ヒーティング(中央暖房)などといった近代的な設備が魅力でした。

エルジシュは人口約7万5000人の、少数民族クルド人の町で、コンクリートやブロック作りの平屋住宅が多かった。トルコ政府は経済発展から取り残されたエルジシュにトルコ人(民族)の公務員、警察官、兵士を数多く送り込んでいて、都市型生活を望む人々の賃貸需要が増したことによって、こういった中高層アパートが建設されていった。今回倒壊したアパートにも警察官や兵士、事業に成功した地元住民らも移り住んでいた。

感想:
 個人的な意見なのですが、こういった事件は発展途上国に良く見られる事例の一つで、大災害が起きない限り決して暴かれることはないといった具合です。

違法建築によって多数の犠牲者を出した2008年の中国の四川大地震でも犠牲者の約1割以上を占めたのは耐震基準の甘さによるものだと思われています。


こういう事態を防ぐには政府が今までの耐震基準法を見直して、これに代わる改正案を出さないと、近い将来よりたくさんの犠牲者が出ると思います。今回の地震によって暴かれた違法建築に政府はどう動くのかが見ものです。

(インターン アルベルト)

インターン三日目 [2011年10月13日(Thu)]

 アルの多文化日記ですが、アルではないので、ガクシンの多文化日記です、カテゴリ追加はちょっといやので、アルの多文化日記で行きます
 今日も一日終わりました、15時からボランティアや会員さんへのニュースレターの「みんぐる」の封筒詰めをして、今日から発送します一人で200通近くの封筒に「みんぐる」や他の資料を詰め、封閉じするのは大変でした。授業のために早めに来た生徒や手の空いている先生や事務局員を呼んできて、人海戦術で10分かからずに終わりました。
 そろそろ受験シーズンが到来するので、フリースクールの夜クラスはこれから、受験生のためのクラス分けを始めます。中学三年生をまとめたクラスで高校受験をメインとした勉強を強化して行くクラスです。
 もうすっかり秋になってきましたので生徒たちの健康に気を付けながらやっていきたいです

羽ばたく君たちへ!(高校ガイダンス案内) [2011年09月07日(Wed)]

こんにちは!(^o^)丿
多文化共生センターインターンで「アルの多文化日記」のアルベルトです!

今日は、日本語を母語としない親子のための多言語高校進学ガイダンスについてお話ししたいと思いまーす!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

子どもを日本の高校に行かせたいと考えてる親のために、日本の友達と一緒に高校に行きたいと考えてる子どもたち、ボランティアグループと高校の教師が協力して、ガイダンス(説明会と教育相談)を開催いたしまーす!(^○^) 

 このガイダンスでは英語、中国語、韓国・朝鮮語、タガログ語、スペイン語、タイ語の6言語で対応することでき、そのほかの言語も対応できる場合があるので、9月16日までに問い合わせてください。

開催日は2011年10月2日(日曜日)13:00〜16:30
会場:JICA地球
   東京都渋谷区広尾4-2-24
   東京メトロ日比谷線 広尾駅 A3出口徒歩1分
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

参加費:300円(資料代・1家族につき) 

スケジュール  13:00〜14:25説明         
          14:35〜15:15高校生の体験談  15:15〜1630教育相談

〜これから自分の夢のための土台を高校で作れるために〜
高校がどういうところであるか、何が必要であるか、今自分が何をすべきか

ガイダンスに来て確かめよう!(゜-゜)b
多文化お悩み相談所ができました!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/ [2011年07月05日(Tue)]

どうもこんにちは!
「アルの多文化日記」でおなじみのアルベルトです。
この度、インターンの一環として「多文化お悩み相談所」の担当になりました!

「多文化お悩み相談所」とは?

活動内容:

・子どもたちの精神的なサポート

・子どもたちのお悩み(学校、人付き合い、家庭、などなど・・・)を聞いて、子どもたちとそれを解決する

・日本に来て長い先輩たちがメールを通してアドバイスする

・ケアをして、子どもたちの日本での生活の精神的な負担を減らし、居場所を作る


といったような事をしていきたいなと思います!
出来たばかりなので、ほかに何が出来るのかを試行錯誤しながら探っていきたいなと思います!

子どもたちとはこれからも携わっていきたいと思います!

※秘密厳守です!※

インターン
アルベルト
卒業生インタビュー(後編) [2011年02月27日(Sun)]

前回は 「卒業生インタビュー(前篇)」

(つづき)

Q.学校の生活は楽しいですか?
エヴァ:すごい楽しいです!
ユキ:私もすごく楽しいです!

アル:勉強はついて行けていますか?
エヴァ:友達が難しいところを教えてくれるので、大丈夫です。
ユキ:あと、外国人のために先生たちがわかりやすく教えてくれるんです!
(※ ちなみに、二人はそれぞれ別の高校に行っています! ※)

Q.高校が終わったら、進学はしたいと思いますか?
二人:はい!
アル:ちなみに、どこに行きたいかはもう決まっていますか?
エヴァ:一応、東京外語大学に行きたいと思っています。
アル:いいじゃん! うちの大学のアメフト部のライバルなんだよそこ!(―_―)!!

ユキ:授業のほとんどが英語でやられているんで、四ツ谷のジョージ大学に行きたいと思っています!
アル:ジョージ!?(?_?) それってどこだ?
(ジョージ大学=上智大学だったと後に判明!)

Q.将来の夢は?
ユキ:将来の夢いっぱいありすぎて・・・。
 えーと、美容師になりたいし、ダンサーか、国際線のキャビンアテンダントにもなりたい。

エヴァ:(モジモジ)一応、歌手を目指しているんだけど、あとは、キャビンアテンダントになりたい。
続きを読む・・・
卒業生インタビュー(前編) [2011年02月25日(Fri)]

どうもこんにちはー!(^○^)/
お久しぶりです!多文化共生センター東京のパンダこと、アルベルトです!

25日は二回目の「アルの多文化日記」のゲストとして、
多文化共生センターの卒業生の2人に来てもらいました!

インドネシア出身のエヴァちゃんと、
ミャンマー出身のユキちゃんにきてもらいました♪\(゜ロ\)(/ロ゜)/

二人:よろしくお願いします。
アル:よろしくお願いします!

Q.いつ頃に多文化に通い始めましたか?
エヴァ:たぶん、一昨年ぐらいに多文化に入りました。
ユキ:私も同じぐらいです。

Q.今は何をしていますか?
二人:4月から高校2年生です。
Q.ご趣味はありますか?
二人:アハハ・・・!

エヴァ:趣味・・・歌うことが好きです!
アル:カラオケは行きますか?
エヴァ:はい!
ユキ:ダンスが好きです!

アル:ちなみに部活には入っていますか?
二人:はい!
ユキ:えーと、私はダンス部で・・・
エヴァ:私は合唱部。
アル:合唱部!!\(◎o◎)/!趣味に合っていていいね!

(つづく)
| 次へ