CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

安藤雄太の“風に吹かれて旅がらす”

ボランティア&市民活動の熱血伝道師・安藤雄太が、飲んだくれながら全国行脚。
愉快な人々との出会いや、旨いもん、旨い酒について、語ります。


長浜盆梅&浅井三姉妹 その3

[2011年03月05日(Sat)]
美人三姉妹のお出迎えですよ

(長浜盆梅&浅井三姉妹 その2 より続く)

ドラマ館は、大河ドラマの撮影の様子や衣装が展示されていて、なななか豪華(展示物にさわったり、写真を撮ることは禁止)。観光バスが数台入るほどの観光スポットになっている。

ここは何と言っても美人三姉妹のお出迎えである。



雨は相変わらず振ったりやんだり。
すべて観終わり長浜駅に着くと、急に咽の渇きをおぼえてきた。


地ビールと温泉 うぅ〜!!どちらも欲しかったが

タウンマップを見ながら、「温泉にも入りたいが、帰りの時間を考えるとどちらかをとるしかないな」。

すると盆梅展会場の反対側に地ビールという文字がやたらに大きく入ってきた。
もう足は長浜浪漫ビールに向かっている。

迷いながら住宅街を歩いて行くと、遠慮深げに店が現れてきた。
店の中は客が2組。
店内が見渡せる端の席に座ることにした。

さっそく、メニューを覗くと地ビールの銘柄が連なっている。

「なるほど」と自問自答しながら、まず長浜エールとおつまみのつくセットメニューをお願いする。


注文したものが出てくるまでの間というのは何やら楽しいものだ。
5分程して、ビールとやや細長い鉢が目の前に並べられる。先ずは、一口。当然ビールである。
「うまい!」


おっ!鮒鮨があるぞ!!!
 


一口で飲みほしてしまった。そう、グラスが小さいのだ。しかし、いい苦味。当然おかわりを。次は伊吹バイツェン、もちろん中ジョッキで。

次の肴を注文するためにメニューをみていると鮒鮨が!
当然注文する。

鮒鮨は好き嫌いがあるが、くさやもおなじ。
くさやは伊豆七島の名産。島に行くとくさやをお土産に買って帰るものの家では焼くことができない。というより近所迷惑だろう。
そこで、馴染みの店「あまくさ」に竹芝桟橋から直行して焼いてもらうのだが、くさやを焼き始めると客が帰ってしまう。迷惑な話だと思うが、それでも残った客はくさやの美味さを知っているにちがいない。
そうなればお裾分けをしないわけにはいかない。

さらに美味しくくさやを食べるのは焼酎だなと思いながら、ここは鮒鮨。やはり日本酒だろう。
だが地ビール館なのだ。自分に言い聞かせ、すっきり味の淡海ピルスナー、期間限定のショコラエールと呑み続ける。

 「新幹線の最終に間に合うには、そろそろ呑み干してしまわないと」と、後ろ髪をひかれる思いでコシをあげた。
今度来たときにはゆっくりと呑むことにしよう。

(長浜盆梅&浅井三姉妹の巻  )
<2011.2.28 by 安藤雄太>
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました