CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

安藤雄太の“風に吹かれて旅がらす”

ボランティア&市民活動の熱血伝道師・安藤雄太が、飲んだくれながら全国行脚。
愉快な人々との出会いや、旨いもん、旨い酒について、語ります。


長浜盆梅&浅井三姉妹 その1

[2011年03月05日(Sat)]
 春を感じさせる長浜盆梅展 見事!見事! 

昨日は久々に会う人と旧交を温めた「日本ボランティアコーディネーター協会設立10周年」の集い。今朝起きると小雨が降っている。

「さあ、今日は長浜に行こう!」
昨夜から「北野天満宮か」と思いながらも、以前に行った長浜の盆梅をどうしても見たくなっていた。そうと決まればさっさと身支度してホテルを後に。

京都駅から長浜駅まで新快速、途中米原で乗り換え1時間20分程。長浜駅についたものの雨は止まず。

盆梅会場は駅に隣接している「慶雲館」。もともと長浜の豪商浅見又蔵氏が建てただけあって、日本家屋に庭園はなかなかなもの。入り口には、明治天皇も行幸したことや伊藤博文公の命名によるものであることが説明されている。
なるほど、なるほどと感心しながら、もっと静かな時に訪れてもいいかもしれないと、ふと思う。

早速、会場内に入る。座敷、床の間に見事な、といっても梅を観賞できる目利きではなく全くの素人ではあるが、見入ってしまうほどである。





梅と香りを鑑賞し、春が近いことに酔いながら会場を後にした。

(長浜盆梅&浅井三姉妹 その2 へつづく・・・)
<2011.2.28 by 安藤雄太>
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました