CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

安藤雄太の“風に吹かれて旅がらす”

ボランティア&市民活動の熱血伝道師・安藤雄太が、飲んだくれながら全国行脚。
愉快な人々との出会いや、旨いもん、旨い酒について、語ります。


同志社ワイン

[2011年03月05日(Sat)]
何と何と「同志社ワイン」 美味い! もう一度味わいたいものだ

一昨日は、内閣府の防災教育チャレンジプランの審査会が大方終わったのを確認し、大急ぎで新幹線に乗った。
京都駅に着くも陽はすっかり落ち、京都タワーの白さが一段と鮮明に映る。そんな周りの様子を観る間もなくタクシーに乗り、日本福祉教育・ボランティア学習学会の三役会議のため同志社大学へ向かう。

会議には相当遅れたこともあり閉会も当然遅くなる。そう、空腹も加速度的に進んでいるのがわかる。
一段落して食事をしながらということになるが、「折角京都に来たのだから」と上野谷会長が気をつかって馴染みの和食の店をあたってくれたものの、満席であったりオーダーストップであったりして、結局同志社大学に併設しているカフェレストラン「寒梅館」になった。

「レストラン? そうかワインだな。よしよし」と独り言。

早速、ビールをいだだきながら前菜から鴨料理と、アラカルトで注文。さすが味は好い。頃合いを見てワイン。「そうそう」心の中で頷いていると、

「同志社ワインをお願いします。赤ね」

赤ワインは当然だが、「同志社ワイン?」
聞けば、同志社大学と丹波ワインとのコラボレーションによるワインだそうだ。美味い、美味いと言いながらもう一本追加。

良い酒は良い酔いになることを感じながら宿に戻る。
食べるのに?ではなく飲むのに夢中になり、写真を撮るのをすっかり忘れてしまった。京都に行った時はまた是非寄ってみたいものだ。
      寒梅館 http://www.hamac-de-pardis-kannbaikann.jp
 
さあ、明日は「全国ボランティアコーディネーター研究集会2011」と「日本ボランティアコーディネーター協会設立10周年記念の集い」に参加の予定!

<2011.2.16 by 安藤雄太>
【酒と旨いもんの最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました